「出ないのも困るけど、出過ぎも困ってしまいます。 外出中や仕事中に何度もおなかがグルグルし てトイレに駆けこむことになるのも大変!」 そんな経験は、あなたにもあるでしょう。

便秘と同じで下痢も心配ごとや食事の内容、体調によっ てだれにでも起こるものだからです。でも、 それが頻繁にあったらつらいですよね。

下痢とは、便の水分量が多いまま出てしま う便通異常です。なんらかの原因で、小腸の 水分吸収が不十分だったり、大腸のぜん動運 動が早すぎて水分吸収が追いつかない、腸粘膜から分泌物が増える場合に起こります。
下痢は一般的に、急性と慢性の下痢に分け
られます。急性の下痢は突然始まり、長くとも1〜2週間で治まるものです。

急性の下痢で怖いのは食中毒や赤痢、コレラなど、ウィルスや細菌の感染で起こる下痢です。これを感染性下痢といい、発熱や腹痛、吐き気、嘔吐などを伴うのが特徴です。命の危険もあるので、一刻も早く医師の診察を受
けてください

風邪による下痢も感染性下痢のひとつです。下痢が続いて脱水になるようでしたら医師の診断を受けましょう。

発熱を伴わない下痢はたいてい非感染性下痢です。ほとんどは暴飲暴食によるものが多く、それ以外は冷たい牛乳を飲むと起こす下痢、特定の食品で起こすアレルギー性の下痢などがあります。

また、体調が悪いときや寝冷えでも下痢を起こします。「残業続きで疲れているときに飲み会をしたら、下痢になっちゃった」という人は多く、胃腸の消化機能が低下しているときに、お酒あぶらや脂っこい食事をとると下痢になってしまいます。たびたび下痢を起こす人は体調や食事の内容を見直すことが大切です。これらの下痢は、腸を刺激する原因が出ておさしまえば治まるので、脱水にならなければ無理に下痢を止めないようにしましょう。

「もともと下痢ぎみだったけど、もう何日も下痢が続いている」というあなたは要注意です。いつからともなく始まり、3週間以上もだらだらと下痢が続いたり、治まったかと思うとまた再発を繰り返すのが慢性の下痢です。

その大半は、腸そのものに病気はなく、精神的なストレスが影響して起こる過敏性腸症候群であることが多いようです。あなたは最近、「重要な仕事をまかされてプレッシャーを感じる」といった仕事の悩みや、「家庭内のトラブル」などの悩みを抱えてはいませんか?転勤や転職などの環境の変化、金銭トラブル、受験の悩みなど、さまざまなストレスがきっかけとなって過敏性腹症候群は起こります。

心と腸は密接な関係にあり、不安や緊張などのストレスが腸の働きを過敏にして下痢や便秘を引き起こしてしまうのです。

「下痢が1ヶ月以上続いている」とやってきた32 歳の男性がいました。彼はまじめな性格のため、仕事をひとりで抱え込んでしまったのでしょう。過敏性腸症候群は、とくに仕事熱心でまじめな性格の人に起こりやすいようです。

バブルのころから「大事な会議中に腹痛が起こる」「通勤途中に何度もトイレにかけこむ」などを訴える人が急増しました。最近は女性に目立っていますが、こうしたケースはストレスをうまくかわすことが大切です。また、過労や睡眠不足、食事や排便時間が不規則な人も自律神経のバランスを乱すので慢性下痢の原因となります。

いずれも、便秘と同様に、生活習慣の見直しが必要です。かいようせいただ、慢性下痢が起こる原因には、潰瘍性大腸炎やクローン病、腸のポリープやがんをはじめ、重大な病気の場合もあるので、一度医師の診察を受けておくといいでしょう。

体調を整えたり、気分をリラックスさせる自然の薬草、ハーブ。ストレス解消はもちろん、腸の動きを活発にさせるので、便秘解消にハーブを利用してみるのもいいでしょう。

まずは腸に働きかけるハーブティーを飲むこと。ティーバッグのものでもいいのですが、時間があるときは自分でゆったりお茶を入れると気分転換にもなるでしょう。夜寝る前は、胃腸の調子を整えるとともに、沈静作用、ストレス解消作用のあるカモミールティーがおすすめです。

朝は、すっりした香りで、腸のぜん動運動を整えるミントティーが爽快。また、カルダモン、たんぼぼ、フェンネルなども便秘解消に効果的です。

ハーブのもうひとつの利用法は、香りを楽しむ「アロマテラピー」です。アロマポットでハーブのオイル(精油) を温めたり、お風呂の中に入浴剤代わりに入れてもリラックス効果が高まります。ストレス解消にはラベンダーやローズマリー、マジョラムがベスト。入浴剤にはペパーミントやレモンの香りがおすすめです。

https://aromatherapy-guide.com/

普段何気なく口にしている水ですが、私たちが生きていく上ではある意味食事よりも重要な役割を果たしています。そして妊婦さんならその水の影響はさらに大きくなります。生命体に調和する水を口にするだけで母体と赤ちゃんの両方によい影響を与えることができます。

最近は、環境汚染、食品に関する問題、そして水の問題も含めて真正面から向かって考えたらノイローゼになってしまいそうな問題ばかりです。安心して赤ちゃんを産み、育てたいのならまずは水についてしっかり考え、母体にも赤ちゃんにもよい水を飲むという行動にいますぐにかえることが必要です。

不安がたくさんあるからといってつきぬ心配に際限なく惑わされたところでよことは1つも起こりません。大切なのは、心配の基となる要点だけをしっかり抑えて根本のところで確実な対応をしていくことです。その後は、赤ちゃんの想像を超える生命力と人類の叡知に信頼してまかせるより方法はありません。

飲み水は、生体に調和する「活泉水」を選びます。活泉水についてはこちらです。

食品の安全性については以下が参考になるでしょう。

水に関してハードルをクリアーしたならば、食品では、加工食品や添加物に注意してできるだけ安全・安心な食品を摂るようにすることが重要です。

けいれん性便秘の人はストレスをいかに上手に解消するかが、便秘を治すキーポイントですが、腸のぜん動運動は自律神経と関係しているので、直腸性便秘と弛緩性便秘もストレスと無縁ではありません。そこで、だれでも簡単にできるストレス解消法をご紹介。

まずは1日の疲れを癒すお風呂にゆったりつかること。ぬるめのお湯につかり、いやなことを忘れてのんびりすれば、自律神経のバランスも整います。39度~41度の湯につかりリラックスします。半身浴がおすすめです。また、夜寝る前にべッドの上にごろりと大の字に寝転がり、リラクゼーション。呼吸を整えながら手足をゆったり伸ばすことで心と体の緊張がほぐれ、リラックスできます。

そして、昼は10~15 分でもいいので、ウォーキングを。歩くことで運動不足が解消でき、適度な疲労が夜の眠りを誘います。

昼間は緊張している人も、夜はリラックスして眠る習慣をつけると自律神経のバランスが整い、便秘も少しずつ改善できます。夜型人間や不規則な生活を送っている人、過労ぎみという人もぜひお試しを。

活泉水を飲むことでの潤いは、からだのさまざまな問題を解決して、キレイまでが手に入ります。

お通じが快適

体内に入った活泉水は腸を刺激します。水分量の増えた便は、スムーズに腸内を移動できるようになるので、お通じが規則正しくなります。水をこまめに飲むと宿便が解消されて腸内環境、またリンパ液の流れが改善され、水分代謝のいい元気なからだに変わります。そして脂肪の燃焼が促進され、ダイエットにもつながるのです。

30年ものの便秘が活泉水で改善

活泉水によるダイエット

ダイエットには有酸素運動が効果的だといわれます。有酸素運動とは、ウォーキングや水泳など、一定の呼吸で継続的に行う運動のことです。からだについてしまった脂肪を燃焼させるには酸素が必要であり、効率のよいダイエットのためには多くの酸素を取り込める有酸素運動が欠かせません。酸素を運ぶのは血液の役目です。

からだに酸素が行き渡らないと脂肪は燃焼しません。また、有酸素運動をしているときは汗をかくので血液が濃くなります。きちんと水分補給をすることもエクササイズのひとつと考えましょう。セルライトの存在も気になります。太ももやお尻のあたりの皮膚がぽこぽこと波打っていませんか? これは、血液の循環が悪くなってできた脂肪の固まり。市販のスリミング剤に頼るのもいいのですが、何よりもまず食生活を改めることが肝心です。

青魚に含まれるDHAは血液をきれいにしてスムーズな流れをつくりますが、サンマ1匹で約160キロカロリーですので、カロリーに注意している人にとっては気になる数字ですよね。そこで、強い味方となってくれるのが活泉水。

水は代謝をよくし、からだの中で滞っている不要な水分を排出する働きがあります。ダイエットの大敵である便秘にも威力を発揮してくれます。水を飲んでも太るだとか、むくむからという理由で水を控えるのは間違いです。ダイエットしたい人こそ水が必要なのです。

東洋医学の健康法の1つに「瞑想法」があります。ゆったりした気分で便秘解消のイメージをし、実際に便秘改善をねらうというもの。いわゆるイメージトレーニングです。

これだけで便秘が解消するわけではありませんが、リラックス効果があるので、1日の終わりに試してみましょう。

悩みが解決したときの自分の姿を想像しながら、ソファに座ってゆったりとくつろいでみてください。たとえば、便秘が治ってすっきりした!体操するのは楽しい、おなかがへこんで体が軽い、トイレタイムは快適だ...といったイメージをしてみると、体がリラックスし、自律神経のバランスも整います。

あわせて、腹式呼吸を身につけましょう。腹式呼吸には2 つの効果があります。おなかを動かすことで腸の動きを促すとともに、ゆっくりした呼吸でリラックスし、ストレス解消ができるので、便秘解消も期待できます。とくに、生活リズムが乱れて自律神経のバランスを崩している人、ストレスを抱えているけいれん性便秘の人にはおすすめです。

副交感神経を上げる「1対2」の呼吸法

オクラと海藻のグラタン.jpg

ぬるぬるコンビのオクラと海藻がグラタン昧に!

材料(2人分)

  • 海藻ミックス(3g)
  • オクラ(100g)
  • マッシュルームスライス(1缶)
  • ベーコン(2枚)
  • ねぎ(1本)
  • サラダ油(大さじ1)
  • 塩、こしょう(各少々)
  • A(生クリーム 半分、卵 2個、ピザ用チーズ 50g、塩・コショウ、ナツメグ 少々)

作り方

  1. 海藻を水で戻す。オクラは1cm幅の小口切り。マッシュルームは缶の汁をきり、ベーコンは粗みじん切りにする。
  2. 長ネギは斜め切りにする。
  3. サラダ油を熱し、2を炒め油がなじんだら1を軽く炒め、塩、こしょうをする。
  4. Aをまぜ、2を加えて180度に熱したオーブンで20分こんがり焼き上げる。

便秘解消レシピでも効果がない場合は、イサゴール

水溶性食物繊維をたっぷり使った便秘解消レシピ

海藻と葛きりのぜいたくサラダ.jpg

材料(5人分)

  • カットわかめ 10g
  • ふのり 20g
  • すきこんぶ 8g
  • 葛きり 80g
  • A(ゴマドレッシング(ゴマピューレ大さじ1、麦味噌大さじ1、甘酒大さじ1、塩ひとつまみ、だし汁3分の1カップ)

作り方

  1. すきこんぶを1分ほど水洗い。カットわかめとふのりを入れてすきこんぶを一緒に水洗い。水を切り、熱湯をさっとかけて放置。
  2. 大根と人参は細切りにし、熱湯を十分にかけ水気をきっておく。
  3. 葛きりは熱湯で15分蒸らして手早く冷水にとりざるに水を切っておく。
  4. すり鉢にだし汁を除くAのすべてを入れてすりあわせる。少しずつだし汁を加えて伸ばしていく。最後に味の調整をする。
  5. 大きめのボウルに1、2、3を入れて4のドレッシングを加えて混ぜ合わせて完成。

便秘解消レシピでも効果がない場合は、イサゴール

つくりおきしておくと便利な野菜の洋風おでん

野菜のポトフ.jpg

材料(4人分)

  • キャベツ 2分の1個
  • たまねぎ 2個
  • じゃがいも 2個
  • にんじん 1本
  • かぶ 4個
  • セロリ 1本
  • ソーセージ 4本
  • ブイヨン 4カップ
  • ローリエ 1枚
  • 塩、こしょう 少々

作り方

  1. キャベツは櫛形に、たまねぎ、かぶは4つ割り、じゃがいもは半分に、にんじんは1cmも輪切り、セロリは5cmに
  2. ソーセージは斜めに浅く切れ目を入れる。
  3. キャベツと人参、セロリ、ローリエを入れてブイヨンを注ぎ、煮立ったら弱火で煮込む。にんじんに火が通ったら残りの野菜を加えて煮込む。じゃがいもに火が通ったら野菜を加えて煮込み、10分煮る。塩、こしょうで味を調えて完成。

イサゴールhttps://constipation-guide.net/natural/?page_id=211

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.2.4

最近のコメント