昔から、星を見ていると目がよくなると言い聞かされてきました。ただし、星は天候が悪ければ見えませんし、そもそも都会では、夜空が明るすぎて、ほとんど星が見えません。以前、長野でキャンプをやったときに空一面の星を見て感動したものです。もう20年前のことなのにはっきりと覚えています。

「星を見る代わりに、それに似たトレーニングを家庭でできないものだろうか?」そうした発想から考案したのが、今回ご紹介する「視力向上ライト」のトレーニングです。

私自身、自分で考案した視力向上トレーニングを行い0.05しかなかった視力を、0.7まで向上させています。 では、やり方をご紹介しましょう。ご家庭には、多くの電気器具があると思います。テレビ、パソコン、C D ラジカセなどのオーディオ機器、電気がま、冷暖房器具などには、発光ダイオードが使われていますが、そのライトを、暗い部屋で凝視するのです。

ライトからの距離は、近視の程度にかかわらず、70cmが目安です。 まず右目で20秒、ライトを凝視します。このとき左目は閉じるか、手を当てて隠します(眼球に手が当たらないよう注意)。次に、左目で、20秒凝視します。

こうして片目ずつ右左凝視するのを一セットとして、四セットくり返して行います。ちなみに、発光ダイオードのライトは、器具によって色が違います。 私の経験からいえば、緑の光よりも、赤い光やオレンジのほうが、視力向上の効果が高いように感じられます。ともあれ、皆さんも、いろいろな電気器具のライトで試してみてください。 そして、そのうちで、トレーニング後の効果の出やすいと感じられる色の光を利用するといいでしょう。

続いて、視力表を使ったトレーニングも、合わせて行いましょう。今度は、部屋を明るくして、3m離れたところから、視力表を見ます。目を細めずに、並んでいるマーク( ランドルト環)のうち、できるだけ小さいマークを片目ずつ凝視します。やり方はライトの場合と同様で、片目で20秒凝視したら、もう一方の目で、20秒凝視します。 左右の目で凝視するのを1セットとして、これを4セットくり返します。

最初にライトを凝視するトレーニング、続いて、視力表を見るトレーニングの順で行うことをお勧めします。というのも、ライトを凝視するトレーニングを先に行うと、その訓練によって視力アップが実現された場合、直後に視力表を見ると、その変化がわかりやすいのです。今まで見分けられなかったマークがクッキリとH見えるようになっているなど、その効果を即座に実感できる可能性が高まります。 それがトレーニングの励みともなるでしょう。

視力が弱く、3mの距離では視力表のマークがよく見えないかたの場合は、例えば、1.5mの距離から見るなど、適宜、距離を締めて訓練を行ってください。 一方、ライトを見るトレーニングでは、視力の強弱にかかわらず、ライトまでの距離の70cmは、できるだけ維持したほうがいいと考えられます。

視力向上ライトで0.08→1.0に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私の視力が急に落ちてしまったのは、20歳を過ぎてからのことでした。高校を卒業した後、私は数年間のアメリカ留学を経験し、急激に目が悪くなったのです。

それは、アメリカの生活スタイルが原因でした。アメリカでは、勉強する机のそばに、日本のように明るい蛍光灯などを置きません。それで、私は手もとが暗い机で、毎日勉強しなければなりませんでした。これが、視力の落ちる原因となつてしまったのでしょう。

その後、帰国してからも、仕事でパソコンを使うことが多く、さらに目を酷使するようになりました。この結果、目がさらに悪くなり、30代に入るころには、私の視力は両目とも0.08程度にまで落ちていました。
視力が落ちてからは、頻繁に目の疲れを感じるようになりました。しかも目が疲れると、その影響で、肩や首もひどくこつてしまいます。眼鏡の度が合わないせいかと思い、眼鏡を何度か作り直しましたが、それでも目の疲れは治りませんでした。このため、少しでも近視をよくする方法はないかと、インターネットでいろいろな方法を探し始めました。

こうして知ったのが、視力研究家のKさんのホームページでした。そこには、Kさんの体験談が載っていました。
それを読むと、Kさんの考案した視力向上ライトは、なかなか効果がありそうです。そこで、早速試すことにしたのです。視力向上ライトとは、電気器具の電源の光を凝視するというトレーニングです。

私が利用したのは、パソコンのモデムについている発光ダイオードのライトでした。夜、部屋を暗くして、70cmほど離れたところから、片目で20秒見続けたら、もう一方の目で20秒。これを1セットとして、4セットくり返します。
それから電気をつけて、視力表のマーク( ランドルト環) を凝視するトレーニング行います。
本来なら視力表は3m離れて見るものですが、私の視力ではその距離ではほとんど見えないので、1.5mの距離で行っています。これも片目ずつ20秒ずつを、4セット行います。

視力向上ライトは、今年の1月から本格的に始めました。そして1ヶ月ほど続けていたところ、しだいに効果が現れ始めたのです。

調子がいいときには、前よりもずいぶんとクリアにマークが見えます。視力表で、今まではボヤッとしていて、見分けることができなかったマークの欠けている部分がわかるようになってきました。以前より、2、3段下のマークが見えるようになったのです。

試しに、最近、眼鏡店で視力を測ったところ、右左ともに、0.08から0.1まで回復していました。

小さな進歩かもしれませんが、それでも続ければ、もっとよくなると思います。ずっと悩まされてきた目の疲れも、このトレーニングを始めてからは、かなり楽になりました。最近では、目の疲れをほとんど意識しなくなっています。また、目の疲れや、肩や首のこりがひどいため、以前は鍼灸院に通っていましたが、今はその必要はありません。また、外を裸眼で歩くこともしています。

最初はやはり、眼鏡なしで外出するのは不安でした。ですが、Kさんも眼鏡に頼らずできるだけ裸眼で周囲を見るように勧めていますし、目のトレーニングにもなると思って、やっているのです。すると、周囲のものが以前よりクリアに見えることが、よくわかります。

最近は、アサイーベリーで飛蚊症の症状が軽減された...というレビューに感化されてアサイベリーのサプリも飲むようにしています。

0.01まで落ちた視力が回復

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

学生時代に、私はしだいに目が悪くなり、両目とも0.1くらいまで視力が落ちていました。ただ、大人になれば、視力の低下は止まると聞いていましたから、自分の視力について、それほど心配し ていませんでした。
ところが私の場合、予想どおりにはなりませんでした。というより、事態は全く逆で、30代に入ったころから、さらに目が悪くなってしまったのです。その当時、私は転職を考えており、その準備のために勉強したり、パソコンを長時間使ったりしていました。それが視力をさらに落とす要因となったようでした。

そして、いつしか私の視力は、右も左も0.01くらいまで落ちてしまったのです。自分でも、「このままではマズイな」と思いました。車の免許の更新で視力を測るたび、私の視力はいつも前回より悪化しているのです。
いったい、どこまで悪くなるのかと、だんだん怖くなってきました。それで視力を向上させるいい方法はないかと、私は、インターネットで検索をするようになりました。

視力向上の本なども何冊もチェックしてみましたが、これというものはなかなか見つかりません。そんな中、たまたま出会ったのが、視力研究家のKさんが開設している、視力向上のサイトでした。興味をひかれた私は、物は試しで、Kさんが考案された、視力向上ライトを、早速やってみることにしたのです。

その方法は、部屋を暗くして、電気製品の電源ライトを、片目ずつ凝視するというものです。ライトは、パソコンの電源やら、暖房器具の電源のライトなどを利用しました。部屋の電気を消したら、光から70cmほど離れて、右目で20秒凝視します。続いて、左目で20秒、そして、最後に両目で20秒凝視します。
ここまで1セットとして、時間の余裕があるときは、2セットくり返すこともあります。このトレーニングの後、視力表のマーク( ランドルト環) を見るトレーニングも行います。視力表は3m離れて見るのが原則ですが、私の視力では、そんなに離れたら何も見えません。そこで、1.5mほど離れて立ち、視力表のうち、ギリギリ見える辺りのマークを凝視します。これも、ライトを見るのと同様、片目20秒ずつ、それに両目で20秒凝視します。

今年から、これらのトレーニングを始めました。そして、3ヶ月ほどたったころ、効果が感じられました。視力表を見ているとき、ふと気づきました。今まではぼんやりかすんだままで、ちゃんと見えていなかった下の段のマークが、ある日、クッキリ見えるようになっていたのです。

0.01だった視力が、確かに0.02くらいになっています。このトレーニングによって、視力は向上している。そう実感できるようになりました。最初は半信半疑で、だめでもともとの気持ちでやりだしたのです。ですが、今では、やってみてよかったと、しみじみ思っています。それに、この視力向上ライトは、単に視力が向上するだけではありません。
かにも思いもかけない効果がありました。第一に、眼精疲労に対して効果がありました。このトレーニングを実際にやってみると、目がスッキリするのです。トレーニングの後に、目の疲れが取れているのもよくわかります。

これには、ほんとうに助けられました。しかも、トレーニングを始めて、わずか3三日目から、眼精疲労に効果が現れ始めました。おかげで、気をよくしてトレーこングを続けることができたといっていいでしょう。

さらに私は、ドライアイにも悩まされていました。前は、目が乾いた感じが常にあったものです。それが、今では全くドライアイのことを忘れているくらいです。これも、ドライアイが改善している証拠といっていいでしょう。この方法は、目の症状以外にも効果がありました。以前は、目が悪いためか、私は常に頭重感に悩まされていました。目の奥がいつも重いような感じにつきまとわれていたものです。しかし、視力向上ライトをくり返すことによって、頭重感が解消し、とても楽になりました。
今後も視力向上ライトを続けるつもりですが、このトレーニングによって目の健康を保ちながら、さらに視力も改善していければ、こんなにいいことはありません。

私は目が悪かったというわけではありません。眼鏡はこれまで一度もかけたことがなかったくらいです。 ただ、やはり最近はパソコンなどを使う機会が多いせいでしょうか、徐々に目が悪くなってきていました。

実際に視力を検査してみると、左が0.5~0.6程度、右は0.6~0.7程度しかありませんでした。結果は思っていたよりも悪く、ちょっとショックでした。 このままどんどん悪くなっていけば、自動車免許の書き換えの視力検査も心配です。

そんな 私が視力向上ライトを始めたきっかけは、去年の秋、図書館で視力研究家のKさんの本を読んだことです。 そこには、視力向上法として、スワイショウという気功法(中国の伝統的な健康法) が紹介されていました。

これは、体のわきで手を振る、シンプルな運動です。 試しに3、4日やってみると、まず、胃薬が手放せないほど悩んでいた、胃の状態がよくなってきました。それでスワイショウの効果を実感した私は、視力アップにも効果を期待して、続けることにしました。それとともに、行うことにしたのが、視力向上ライトです。 これはあるホームページで、視力向上の新しい方法として紹介されていたものです。

視力向上ライトは、電気器具の電源のライトを、じっと凝視するというトレーニングです。この方法を始めたのが冬でしたので、私は、毎日寝室で使っている暖房器具のライトを見ることにしました。 毎晩、部屋を暗くして、暖房器具の電源ライトを、片目だけで、20秒じっと見続けます。右左交互に凝視し、これを1セットとします。2セットくり返し行ったら、少し休みます。休憩後、さらに2セット行います。続けて、部屋を明るくして、視力表のマーク(ランドルト環)を3m離れたところから片目ずつ見ます。

ギリギリ片目で見える位置のマークを凝視するのです。こちらも、ライトを見るのと同様、片目20秒ずつで、右左交互に見るのを1セットとして、合計4セット行います。 まずスワイショウだけをやっていた時点で、右左ともに、視力が0.1ずつ上がっていましたが、そこに視力向上ライトを加えたところ、もとは0.5~0.6程度だった左目が0.7に、0.6~0.7程度だった右目が0.9まで見えるようになりました。

それも、このトレーニングを始めて1ヶ月の段階で、これだけの成果が上がったのです。 私は気をよくして、トレーニングを続けることができました。今では、調子がいいときは、左目が0.8、右目が1.0で見えることもあるくらいです。 ここまでよくなるとは思ってもみませんでしたし、ほんとうに驚いています。これなら自動車免許の書き換えのときも、視力の心配をしなくても済みそうです。

このトレーニングをやってよかったと、しみじみ思っています。視力向上ライトのほかには、おふろで目にタオルを当てて温めたり、頭を固定して目玉だけを動かすトレーニングなども行っています。 こうした努力もよかったのかもしれません。それに最近は、目が疲れにくくなりました。以前は、目が悪いせいで、パソコンなどを使っていると、目の疲れを感じることがよくありましたが、それがほとんどなくlなりました。肩こりも楽になり、その点でも、とても助けられています。

眼科医も認める視力向上ライト

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

近年、レーザー治療などで近視を矯正する方法が、広く知られるようになってきました。実際に、治療を受ける人もふ増加傾向にあるといわれています。

それでも、近視に悩む大多数のかたは、やはり、レーザー治療などを受けずに、自宅で行えるトレーニングなどで近視を改善できれば、それにこしたことはないとお考えでしょう。 そこで今回は、インターネットでも話題の視力向上トレーニング法をご紹介しましょう。この方法の考案者は、K視力回復研究所代表のKさん。 Kさんは、ヨガや気功、視力向上などの研究を十数年行い、自身の体でさまざまな視力向上法を実践してきました。 今回は、その中で注目すべき最新トレーニングを取り上げます。それが、電気器具の電源ランプを凝視するという「視力向上ライト」です。

それでは、まず、Kさんの足跡をたどりながら、その研究成果を報告してみましょう。そもそもKさんが近視になったのは、中学生のとき。左右ともに1.2~1.5くらいあった視力が、その当時、右目だけ0.5まで低下してしまったそうです。

その後、コンピュータ関係の仕事に就き、Kさんの視力は、さらに悪化の一途をたどりました。 最も悪かったのは31歳のときで、左右とも0.05程度しかありませんでした。

危機感を抱いたKさんは、さまざまな視力向上の方法を試し始めました。 その中で、最初に効果のあったのが、「スワイショウ」という気功(中国の伝統的な健康法) の一種である、手振り体操でした。 この体操で、視力が上がってきたといいます。加えて、Kさんは、視力表のマーク( ランドルト環) を片目で見るというトレーニング(ウインク視力回復法) を始めます。これによって、視力がさらにアップ。 ただ、この視力表を見るという方法を人に試してもらったところ、近視がかなり進んだケースでは効果が得られにくいという声があったのだそうです。 そこで、近視の進行した人でも有効な方法はないかと、Kさんは検討を加え、たどりついたのが今回ご紹介する視力向上ライトでした。 やり方は簡単です

。私たちの家庭には、さまざまな電気器具があります。テレビやパソコン、電気がキ暖房器具など、それらの電源の発光ダイオードのランプを、暗い部屋の中で、片目ずつ凝視するというものです。 考案者のKさんに、この視力向上法の発想の原点を何いました。「昔から、星を見ると目にいいといわれてきました。ただ、星は天候が悪ければ見えませんし、そもそも都会では星がほとんど見えません。

そこで星を見る代わりに、それと似たトレーニングができないかと考え、この方法に行き着いたのです」 Kさんは、このトレーニングに加え、視力表を見るトレーニングを併せて行い、さらなる視力アップを実現しました。Kさんにとって、裸眼で車を運転できるようになることが大きな目標でした。そして、2年後の視力検査では、ついに両目の視力が0.7と認定され、運転免許証の裏面にも、「眼鏡等の条件解除」と記載されることになったのです。

かつて、左右とも0.05程度しか視力のなかったKさんは、自分で考えたトレーニングだけで、ここまで到達できたのです。 ところで、このトレーニングは、なぜ視力向上に役立つのでしょうか。その理由を、医師にたずめてみると「近視は、レンズの役割を果たす水晶体の厚さを調節している、毛様体という部分が緊張して硬くなり、レンズの厚さの調節がうまくできなくなって起こります。 星を見たり、Kさんの考案した、電源ランプを凝視したりするトレーニングは、こうした毛様体の過度な緊張を解く一助となっているのでしょう。

私たちは遠くを見ているつもりでいても、実際にはきちんと見ていないことが多いのだそうです。 だからこそ意識して遠くを見ようとする訓練が大事になってくるといいます。 アメリカの専門家が視力回復訓練器という装置を作っています。

これは、部屋を暗くし、さまざまな色のランプを凝視することで視力向上を図る機械なのですが、Kさんのトレーニングも、この専門家のやり方に近いものがあると考えられます。 近視は治らないと、簡単にあきらめてしまっては治るものも治りません。治ると信じ、さまざまな方法に果敢にチャレンジしてきたからこそ、Kさんは大幅な視力アップを実現できたといってもいいでしょう。皆さんも、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

視力向上ライトのやり方

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

TV、パソコン、CDラジカセなどのオーディー機器、電気釜、冷暖房器具などの発光ダイオードのライトを部屋を暗くして凝視。ライトの光は赤やオレンジがおすすめ。

  1. 部屋を暗くして右目で20秒、ライトを凝視。ライトからの距離は、近視の程度にかかわらず70cmが目安。」このとき左目は閉じるか手を当てて隠す。(眼球は圧迫しないように)
  2. 同様に左目で20秒、ライトを凝視します。
  3. 1と2を1セットとして4セット繰り返す
  4. 部屋を明るくして、3m離れたところから、視力表を見る。目を細めずに、鮮明に見えるマーク( ランドルト環)のうち、できるだけ小さいものを、片目ずつ凝視。
  5. 片目で20秒凝視したら、もう一方の目で20秒凝視する。
  6. 4、5を1セットとして、4回繰り返す。

注意点

  • めがねやコンタクトレンズは外して行います。
  • 視力の低い方は適宜、距離を縮めて行います。
  • このトレーニングは夜に1回行う