身近な電気器具の赤いライトをみるだけで視力が向上

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昔から、星を見ていると目がよくなると言い聞かされてきました。ただし、星は天候が悪ければ見えませんし、そもそも都会では、夜空が明るすぎて、ほとんど星が見えません。以前、長野でキャンプをやったときに空一面の星を見て感動したものです。もう20年前のことなのにはっきりと覚えています。

「星を見る代わりに、それに似たトレーニングを家庭でできないものだろうか?」そうした発想から考案したのが、今回ご紹介する「視力向上ライト」のトレーニングです。

私自身、自分で考案した視力向上トレーニングを行い0.05しかなかった視力を、0.7まで向上させています。 では、やり方をご紹介しましょう。ご家庭には、多くの電気器具があると思います。テレビ、パソコン、C D ラジカセなどのオーディオ機器、電気がま、冷暖房器具などには、発光ダイオードが使われていますが、そのライトを、暗い部屋で凝視するのです。

ライトからの距離は、近視の程度にかかわらず、70cmが目安です。 まず右目で20秒、ライトを凝視します。このとき左目は閉じるか、手を当てて隠します(眼球に手が当たらないよう注意)。次に、左目で、20秒凝視します。

こうして片目ずつ右左凝視するのを一セットとして、四セットくり返して行います。ちなみに、発光ダイオードのライトは、器具によって色が違います。 私の経験からいえば、緑の光よりも、赤い光やオレンジのほうが、視力向上の効果が高いように感じられます。ともあれ、皆さんも、いろいろな電気器具のライトで試してみてください。 そして、そのうちで、トレーニング後の効果の出やすいと感じられる色の光を利用するといいでしょう。

続いて、視力表を使ったトレーニングも、合わせて行いましょう。今度は、部屋を明るくして、3m離れたところから、視力表を見ます。目を細めずに、並んでいるマーク( ランドルト環)のうち、できるだけ小さいマークを片目ずつ凝視します。やり方はライトの場合と同様で、片目で20秒凝視したら、もう一方の目で、20秒凝視します。 左右の目で凝視するのを1セットとして、これを4セットくり返します。

最初にライトを凝視するトレーニング、続いて、視力表を見るトレーニングの順で行うことをお勧めします。というのも、ライトを凝視するトレーニングを先に行うと、その訓練によって視力アップが実現された場合、直後に視力表を見ると、その変化がわかりやすいのです。今まで見分けられなかったマークがクッキリとH見えるようになっているなど、その効果を即座に実感できる可能性が高まります。 それがトレーニングの励みともなるでしょう。

視力が弱く、3mの距離では視力表のマークがよく見えないかたの場合は、例えば、1.5mの距離から見るなど、適宜、距離を締めて訓練を行ってください。 一方、ライトを見るトレーニングでは、視力の強弱にかかわらず、ライトまでの距離の70cmは、できるだけ維持したほうがいいと考えられます。