がんとたたかうミネラル、セレン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

土壌に多く含まれるセレン( セレニウム) は、グルタチオンペルオキシダーゼ(過酸化酵素)の生成に不可欠で、ほとんどすべての細胞に含まれている主要な抗酸化剤です。

米国国立がん研究所の後援で行われた研究により、セレン・サプリメントががんの危険性を激減させるのではないかと考えられています。この研究では、皮膚がんにかかったことのある1312人に、毎日200 mgのセレン、もしくは偽薬を与え、8年間観察しました。この研究の本来の目的は、セレンが皮膚がんの再発を防ぐことを確認することでした。

当初は、皮膚がんの予防効果が見られず、研究者はがっかりしましたが、驚いたことに肺がんや前立腺がん、結腸がんなどの、ほかのがんのリスクが激減したのです。

事実、セレンを摂取していたグループは、偽薬グループと比べてがん死亡率が半分以下でした(偽薬グループのがん死亡件数が57件だったのに対し、セレングループは29件でした)。

ただし、セレンはがんを予防するものの、ひとたびがんが体内に発生すると、その進行をくいとめることはできないと考えられています。

セレンが、がんやほかの病気の危険性を減少させることが確認されたのは、今回がはじめてではありません。がんや心臓病、ほかの重い病気にかかっている人は、セレンやグルタチオンの値が通常より低く、逆にセレン値の高い人は、がんや脳卒中になる危険の低いことがすでにわかっています。アメリカ南西部は全国でも脳卒中患者数がもっとも多く、「脳卒中地帯」として知られていますが、土壌中のセレンの割合がもっとも低いという事実があるのです。ガーリックやタマネギ、ブロッコリー、小麦ふすま、赤ブドウなどはセレンを非常に多く含んでいますが、アメリカ人は食物からセレンを十分に摂取できていません。土壌中のセレンの割合は土地ごとに異なりますが、この差がその土地で収穫される食物に影響を与えるのです。しかも、セレンを豊富に含む食物であっても、現代の栽培法では、せっかくの貴重なミネラルを破壊してしまっています。

たとえば、小麦を精製する過程で大量のセレンが奪われ、非常にもったいないことをしているのです。アメリカ人男性の前立腺がんによる死亡率は、日本人男性の5倍ですが、これはアジアでの食生活で摂取されるセレンが、アメリカの標準的な食生活で摂取される量の4倍であることが原因かもしれません。

もちろん、アジアでは大豆など、前立腺がんのリスクを減らすほかの食物も食べられていますが、セレンもその要因だと考えられます。血中のセレン値を上げるのは、むずかしくありません。セレンを多く摂れば摂るほど、血中値は上がります。セレンを多く含む食品に加え、セレン・サプリメントを摂れば、生命保険に加入したようなものです。

放射線の害を可能な限り減らす「セレン」について一覧

マグネシウムは幅広い効能をもちますが、あまり知られていません。目新しいサプリメントでは決してありませんが、知れば知るほど、このミネラルの優秀さがうかがえます。

マグネシウムは、心臓の鼓動や骨の生成、血糖値の調節など、生命維持にかかわるほぼすべての機能に関与しています。

「細胞活性の門番」と呼ばれ、細胞機能に非常に重要な役割を果たしています。マグネシウムは小麦ふすまやアーモンド、豆腐などの食物に多く含まれていますが、ほとんどのアメリカ人は、食物から十分な量のマグネシウムを摂れていません。

マグネシウム欠乏症になることの多い女性にとって、このサプリメントはとくに重要です。閉経期を迎えた女性はマグネシウム量が減少し、心臓発作や心臓マヒの原因となる血栓ができやすくなります。

マグネシウムの減少は骨粗しょう症の原因にもなりますし、妊婦はマグネシウムが欠乏すると、妊娠中毒症にかかりやすくなります。月経前症候群(PMS) も、マグネシウムの欠乏に原因があります。

マグネシウムには脂肪を燃焼してエネルギーに変換する働きがあり、この働きは男女間わず、非常に大切です。疲労やだるさを感じたらマグネシウム欠乏症の兆候かもしれません。アメリカ農務省(USDA) のグランド・ホークス人類栄養学研究センターで行われた研究にょれば、マグネシウムが不足している閉経期の女性はエネルギーレベルが低く、しかも脂肪を十分に燃焼することもできなくなり、体力を使うことが困難になるそうです。

これは悪循環となります。非常に疲れているので運動できない、しかし運動をしていないから体重が増えてよけいに疲れを感じるのです。この悪循環に陥らないよう、マグネシウムを十分に摂るようにしてください。

アルコールをよく飲む人もマグネシウム量が少ないので、アルコールの過剰摂取と心臓病や骨粗しょう症には関連があるかもしれません。

にきび、風邪、糖尿病、老化防止まで、現代人が必要とするミネラル「亜鉛」

リコリスは天然の抗炎症剤

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

リコリス( スペインカンゾウ) は、慢性消化不良や胃潰瘍などの消化器系疾患に効果があります。

カンゾウの誘導体(DGL ) は血圧を上昇させるグリシレチン酸を除去したもので、天然の抗炎症作用をもつ化合物です。つまり、血圧が高い人は本物のリコリス製品を避け、DGLを使用したほうがよいのです。リコリス製品は血圧に異常がない人に非常に効果的です。何世紀もの間、アジアの療法士は関節炎やアレルギーなど、炎症性の疾患にリコリスを使用してきました。

ハーブに関する最新情報を掲載している、アメリカンボタニカルカウンシル発行『ハーブの記録(Herb Gram 』(「ジンセン」の項を参照) によると、日本の研究報告でリコノリスが狼瘡(免疫細胞が自己組織を攻撃する自己免疫疾患のひとつ) に効果のあることがわかりました。

狼瘡の症状には疲労感や関節炎に似た関節痛、顔面の蝶形紅斑などがあり、悪化すると内臓に影響をおよぼします。残念ながら治療薬はなく、免疫機能を抑制するために一般的なコルチコステロイド( コルチゾン)や強力な化学治療薬などが使われます。

狼瘡患者は免疫複合体が増加して、免疫システムが暴走します。しかし、東京にある東洋医学研究センターの動物実験で、リコリスが厄介な免疫複合体を減少させることがわかり、人間にも同様の効果があると期待されています。

リコリスは免疫系の暴走を阻止しますが、コルチコステロイドとは違い、免疫機能が低下して感染症にかかりやすくなることはありません。

また、免疫機能を強化するだけでなく、安全で、-レゆよう抗ウイルス効果もあります。動物実験ではリコリスががん腫瘍の成長をとめることがわかり、がん治療薬としての可能性についても研究が進められています。

リコリスは古くから治療に使われていますが、最近、新たな利用法がわかりました。イスラエルの研究者が、アテローム性動脈硬化症を予防する、.天然の抗炎症剤がリコリスに含まれていることを発見したというのです。心臓発作の原因となるアテローム性動脈硬化症はL LDL(悪玉コレステロール) の酸化が原因と考えられています。この研究では20人の医学生に毎日100 mgのリコリス抽出物の錠剤を与えたところ、2週間で血中のLDLの酸化抵抗力が、偽薬グループよりも高まったそうです。

記憶力を高めるためにギンコウ(イチョウ)

イチョウの木は、寿命が長いことで知られています。千年も生きる樹木はあまりありません。

イチョウはアメリカでは比較的新しいサプリメントですが、ヨーロッパでは血行不良が原因となる症状を緩和する処方薬として、非常に広く使われています。

体内の全システム(脳から性機能に至るまで)が機能するのは、血液が確実に供給され、細胞に酸素と栄養分が届けられているおかげです。血液の流れが滞ると、精神的にも肉体的にも疲労感を覚え、さまざまな影響が出ます。

1992年に「イギリス臨床薬理学」誌に発表された研究結果によると、毎日120~160 mgのギンナン抽出物を摂取することで、脳への血液循環がよくなり、記憶力と集中力が高まったことがわかっています。

また、ペニスに十分な血液が送られないために起こる性的障害(勃起不全の主な原因) の治療にも使われています。「泌尿器学」誌の研究報告では50人の勃起不全患者に9ヶ月間、240 mgのイチョウを与え、そのうちの何人かに勃起状態を改善する筋肉刺激剤を投与したところ、その刺激剤の摂取に関係なく、両グループともイチョウ・サプリメントによって勃起状態が改善さました。

最近まで、イチョウが血液循環に与える影響についてはわかっていませんでしたが、カリフォルニア大学バークレー校分子細胞生物学部のレスター・パッカー博士によると、イチョウの主な役割は一酸化窒素の代謝を調節することが確認されました。

一酸化窒素は血流など、多くの体機能を調節するうえで不可欠ですが、多すぎると逆に有害で、アテローム性動脈硬化症などの病気を引き起こします。博士によるとイチョウには一酸化窒素の量を安全なレベル内に維持する働きがあるということです。

血液循環に問題のある人、血行不良が原因となる病気を予防したい人は、イチョウを摂りましょう。

「放射線医学と腫瘍学」誌の研究報告では、イチョウががん治療にも効果のあることが示されています。この研究では脚部筋肉の線維肉腫に放射線治療を行っているマウスに、イチョウ・サプリメントを与えました。その結果、イチョウを与えなかった場合と比べ、腫瘍を縮小させるのに必要な放射線量が50%も減少したそうです。必要な放射線量が少ないほど、放射線治療に伴う傷害が減ります。人間にもこの効果が期待できるかについては、さらなる研究が必要ですが、これまでの研究報告から判断すると、かなり期待できそうです。

イチョウ葉エキスの効能、効果はこちら。

ビタミンEは免疫機能の強化に必須ビタミン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

非常に強力な抗酸化剤であるビタミンE は、50年以上前に発見されていますが、このビタミンについては日々新しい発見があります。

数々の研究により、ビタミンE サプリメントを摂取している人はそうでない人に比べ、心臓病になりにくいということがわかっています。

「ニュー・イングランド医学」誌の1993年5月号に発表された有名な研究では、8万7千人の公認看護婦と、4万人の健康に関する専門家の男性を対象に、8年間にわたる調査を行いました。

その結果、ビタミンE サプリメントを毎日100 IU以上摂取していた人は、心臓病の危険性が40%も低いことがわかりました。現在、心臓病専門医は必ずといっていいほどビタミンEを処方します。

たにビタミンE について明らかになったことは、アルツハイマー病との関連です。最近、「ニュー・イングランド医学」誌に発表された研究報告では、アルツハイマー病の初期症状が出ている患者341人を対象に、2年間にわたって処方薬、ビタミンE(2000 IU)、処方薬とビタミンE、偽薬をそれぞれ与えました。この研究の目的は、アルツハイマー病の進行を遅らせる、もっとも効果的な治療法を見つけるためでした。

アルツハイマー病が進行すると、痴呆がひどくなり、ごく単純な作業さえできなくなります。研究の結果、最終段階(重度のアルツハイマー病) に達する危険性は、偽薬グループを基準としてビタミンEグループは53%低く、処方薬グループは43%低く、ビタミンE と処方薬併用グループは30%低い結果となり、明らかにビタミンE に有利な結果となりました。

ビタミンEには高齢者に多い免疫機能の低下を防ぐ働きもあります。歳をとるにしたがい、免疫システムも歳をとります。免疫細胞が若い頃のように十分に機能しなくなり、その結果感染症にかかりやすくなるのです。

以前は1日か2日で治っていた風邪でも、高齢になると治るまでに何週間もかかるようになります。若い頃は命にかかわることのなかったインフルエンザも、歳をとると致命症となることがあります。

高齢者の免疫機能が弱くなると、若いときほど予防接種(ワクチン接種)が効果的ではなくなります。ワクチンは、ウィルスの力を弱くしたもので、ワクチンを接種することで免疫システムは抗体をつくり、たたかいに備えることができます。

ワクチンが効いた場合、ワクチンと同じウイルスが再び体内に侵入しても、抗体があるので攻撃できます。しかし、歳をとると免疫システムが低下するため、ウィルスの感染を防ぐことができなくなります。

最近、ビタミンE の研究者として有名なタフツ大学のMeydani博士は、65歳以上の健康な88人に4ヶ月間、60 IUから800 IU のビタミンE サプリメントと偽薬を投与しました。毎日200 IU 以上摂取していた人は、偽薬を摂取していた人と比べて免疫システムが著しく強化され、B型肝炎に対する強い抵抗力ができました。

事実、ビタミンEを摂取していた人のB型肝炎抗体は、偽薬を摂取していた人と比べて6倍も多かったのです。また、ビタミンEを摂取していた人全員が、ほかの部分の免疫機能も強化されていました。ビタミンE を摂りましょう。

ビタミンE を多く含む食品

乳ガンのリスクを低減するオメガ3脂肪酸

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

オメガ3脂肪酸には乳がんを予防する効果があり、治療にも有効であることが証明されてあまにいます。すでに試験管テストにより、脂肪分の多い魚(サケ、スズキ、サバなど) や亜麻仁オイルに含まれるオメガ3脂肪酸が、乳がん細胞の成長を阻害することがわかっています。

前立腺ガん細胞の成長を抑えるのは、熟成ガーリック

また、アジアでは乳がんが欧米と比べて少ないのですが、これは食事から大量のオメガ3脂肪酸を摂取していることと関連がありそうです。アジア女性の乳組織には非常に多くのオメガ3脂肪酸が含まれていますが、不飽和植物油(オメガ・6脂肪酸が主成分) の摂取量が多いアメリカ女性の乳組織には、オメガ・6 オイルが多く含まれています。恐ろしいことに、動物実験では、この不飽和油が乳がんの危険性を高める可能性があるという結果が出ており、実際、乳がん患者のオメガ3脂肪酸対オメガ6脂肪酸の割合は、1対2から1対5になっています。

このような理由から、最近オメガ3脂肪酸の、乳がんに対する効果についての研究が盛んに行われています。カリフォルニア大学ジョンソンがんセンターで行われた研究では、25人の乳がん患者に、アジアの食生活に習った食事を摂ってもらいました。典型的なアメリカ風「肉とポテト」の代わりに3ヶ月間、大豆製品と緑黄色野菜を食べ、魚油サプリメントを摂ってもらいました。

研究が終了する頃には、乳組織の成分に変化が見られました。食事療法を開始する前と比べてオメガ3 脂肪酸が増え、オメガ6脂肪酸が減少していたのです。こういった変化が乳がんの再発を防止すると期待されており、現在、さらに大規模な研究が行われています。

オメガ3脂肪酸には乳がんを予防する効果があるという事実が、科学団体に認められるまでには何年もかかるでしょうが、アメリカでは乳がんがたいへん多いため、自分でできる予防策はすべて実行したいものです。食事に魚油サプリメントを加えるだけでも十分で、これだと副作用もありません。


魚油は摂りすぎないようにしてください。摂りすぎると正常な血液凝固ができなくなります。

ガンを撃退する「ハナビラタケ増強食」の使用感、口コミ、効能、効果

北アメリカやアジア原産の古代ハーブ、高麗人参(ジンセン)の歴史は非常に古いといえます。

1970年代、ロシアの運動選手が競争力を維持するのに、高麗人参(ジンセン)を使用していたことがわかり、このサプリメントは西洋で人気が出ました。ロシアの科学者によると、高麗人参(ジンセン)が強さ、スタミナ、集中力(あらゆる競技に必要です) を高めるというのです。

国際大会でのロシア選手の成績は優秀で、西洋の選手とは比べものにならないことが多く、次第に高麗人参(ジンセン)の名前が広まりました。ジンセンは、より健康になるための強壮ハープです。

ハープ用語ではアダプトジエンといい、からだを最良の状態にして病気につながるストレスへの耐性を強めるサプリメントを意味します。数々の研究から、高麗人参(ジンセン)がエネルギーや注意力を高め、免疫機能を強化し、ストレスをやわらげることがわかっており、動物実験では、がん腫瘍の成長を阻害することに成功しています。

フィトエストロゲン(植物性発情ホルモン) を多く含む高麗人参(ジンセン)は、顔面紅潮などの閉経期の症状をやわらげるため、多くの女性に使用されています。

高麗人参(ジンセン)にはいくつかの種類があります。韓国原産の朝鮮人参、アメリカ産のアメリカンジンセンのほか、朝鮮人参とよく似たシベリアンジンセンがあります。

朝鮮人参やアメリカンジンセンに含まれる有効成分は、ジンセノサイドと呼ばれる物質で、シベリアンジンセンに含まれる有効成分はイリユーセロサイドと呼ばれる物質です。いい加減な業者が多いせいで、ジンセン製品の十パーセントは質の悪いまがい物です。現在、テキサス州オースチンにあるアメリカ植物協会( ハーブの科学的研究において米国でもっとも権威がある) が、400種類を超すジンセン製品の信憑性について、3年間にわたる調査を行っており、その結果は1998年の夏に発表されています。

この研究は、まがい物を撲滅したいと願っているアメリカとカナダの有名なジンセン製品販売業者がスポンサーとなっています。

高麗紅参の効果

歴史ある信頼の関節治療薬、ガンマリノレン鞍

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

多くの医師が長年、ルリジサ油に含まれる脂肪酸ガンマリノレン酸(GLA )を関節炎の治療にすすめてきました。

GLAは同じく健康に不可欠な必須脂肪酸の、リノール酸とリノレン酸によく似ています。そしてようやくマサチューーセッツ大学メディカルセンターの研究によって、GLA には関節炎の痛みを緩和する効果があり、また、ほかの鎮痛剤に多く見られる副作用のないことが実証されました。

「関節炎とリウマチ」誌の1996年11月号に発表された、数年におよぶ研究では、56人の男女に6ヶ月間、通常の関節炎治療薬のほかにGLAカプセル(毎日2.4 g 、もしくは偽薬を与えました。その結果、偽薬グループと比べてGLAグループは、関節部の痛みやこわばりが6倍も改善されました。

一方、偽薬グループは、症状が以前と変わらない、もしくは悪化していました。さらに6ヶ月間投薬を続けたところ、GLAグループの半数は、痛みやこわばりなどの症状が半数も改善されました。被験者の約12%は、GLAを摂取するようになってから処方薬の服用量を減らすことができたそうです。

[PR] ガン患者に評判の米ぬか食品(バイオブラン)

ビタミンDで膝を守る

ビタミンで骨関節症は予防できるのでしょうか。タフツ大学医学部の研究によると、ビタミン、とくにビタミンDは骨関節症を予防する効果が確認されています。

フラミンガム心臓研究所では1980年代に、500人の男女を対象に関節炎のエックス線検査を行い、8年後、エックス線の再検査を行って食事と血中のビタミンD について調査しました。

1996年に発表された研究「関節炎とリウマチ」によると、ビタミンD摂取量のもっとも多ひぎかった人は病気の進度がもっとも遅く、逆にビタミンD摂取量のもっとも少なかった人は、膝関節に重度の骨関節症を発症させる確率が高かったということです。

太陽が照射する紫外線(UV) が、皮膚の脂肪に作用してビタミンDを生成することから、ビタミンD は「日光のビタミン」ともいわれます。このビタミンは強化乳製品や脂肪分の多い魚の脂などの食物にも含まれています。太陽光線を十分に浴びることのできない北方型気候の土地に住む人はとくにそうですが、ビタミンD は不足しがちです

1日にわずか数分日光を浴びるだけでビタミンDが生成できます。ただし、皮膚がんの原因となる日光浴をすすめているのではありません)。

ビタミンDが多く含まれる食品はこちら。

レイシ・マッシュルームで痛みにさようなら

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

中国では王様の薬として知られ、長年日本で研究が進められてきたレイシ(霊芝) マッシュルームは、二千年以上も前からアジアの療法士の間で、心臓機能に効果のある薬として大切にされてきました。

また、中国の療法士が「命の万能薬」と呼ぶレイシは狭心症や胸の痛みを訴える患者に処方されてきました。これは昔ながらの利用法ですが、今日の研究によってレイシは、強心薬として効果の高いことが実証されています。けつこの特殊なキノコは、心臓への血行を促進し、コレステロール値を下げ、高血圧を改善して血ペい餅が形成されるのを防ぎます。

ここ十年、日本ではがん治療にレイシが使われており、効果を上げています。レイシは免疫システムを強化することでがんを阻害するとされており、レイシに含まれる化合物がマクロファージ(大食細胞) とT 細胞(ウィルスやバクテリア、がん細胞などの便入者を取り除く働きをする病気とたたかう細胞) を活性化することで、免疫機能を強化するのです。

最近、レイシが鎮痛剤であり、さまざまな痛みを緩和して慢性的な痛みに伴う不安感をやわらげることがわかりました。テキサス州サンアントニオにあるテキサス大学ヘルスサイエンスセンターの研究報告によれば、レイシは斜頸や肩の痛み、ほかの関節の痛みを抑える天然の抗炎症剤だということです。

不快感や痛みが不眠の原因となることを考えると、レイシが古くから不眠症の治療として使われてきたことも納得できます。このようにさまざまな理由から、レイシはナマコやグルコサミン、コンドロイチン、必須脂肪酸などの天然治療薬とともに、関節炎などの症状の重要な治療薬なのです。お茶やカプセル状のレイシ製品があります。

霊芝の効能、効果はこちら。