ビタミンEは免疫機能の強化に必須ビタミン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

非常に強力な抗酸化剤であるビタミンE は、50年以上前に発見されていますが、このビタミンについては日々新しい発見があります。

数々の研究により、ビタミンE サプリメントを摂取している人はそうでない人に比べ、心臓病になりにくいということがわかっています。

「ニュー・イングランド医学」誌の1993年5月号に発表された有名な研究では、8万7千人の公認看護婦と、4万人の健康に関する専門家の男性を対象に、8年間にわたる調査を行いました。

その結果、ビタミンE サプリメントを毎日100 IU以上摂取していた人は、心臓病の危険性が40%も低いことがわかりました。現在、心臓病専門医は必ずといっていいほどビタミンEを処方します。

たにビタミンE について明らかになったことは、アルツハイマー病との関連です。最近、「ニュー・イングランド医学」誌に発表された研究報告では、アルツハイマー病の初期症状が出ている患者341人を対象に、2年間にわたって処方薬、ビタミンE(2000 IU)、処方薬とビタミンE、偽薬をそれぞれ与えました。この研究の目的は、アルツハイマー病の進行を遅らせる、もっとも効果的な治療法を見つけるためでした。

アルツハイマー病が進行すると、痴呆がひどくなり、ごく単純な作業さえできなくなります。研究の結果、最終段階(重度のアルツハイマー病) に達する危険性は、偽薬グループを基準としてビタミンEグループは53%低く、処方薬グループは43%低く、ビタミンE と処方薬併用グループは30%低い結果となり、明らかにビタミンE に有利な結果となりました。

ビタミンEには高齢者に多い免疫機能の低下を防ぐ働きもあります。歳をとるにしたがい、免疫システムも歳をとります。免疫細胞が若い頃のように十分に機能しなくなり、その結果感染症にかかりやすくなるのです。

以前は1日か2日で治っていた風邪でも、高齢になると治るまでに何週間もかかるようになります。若い頃は命にかかわることのなかったインフルエンザも、歳をとると致命症となることがあります。

高齢者の免疫機能が弱くなると、若いときほど予防接種(ワクチン接種)が効果的ではなくなります。ワクチンは、ウィルスの力を弱くしたもので、ワクチンを接種することで免疫システムは抗体をつくり、たたかいに備えることができます。

ワクチンが効いた場合、ワクチンと同じウイルスが再び体内に侵入しても、抗体があるので攻撃できます。しかし、歳をとると免疫システムが低下するため、ウィルスの感染を防ぐことができなくなります。

最近、ビタミンE の研究者として有名なタフツ大学のMeydani博士は、65歳以上の健康な88人に4ヶ月間、60 IUから800 IU のビタミンE サプリメントと偽薬を投与しました。毎日200 IU 以上摂取していた人は、偽薬を摂取していた人と比べて免疫システムが著しく強化され、B型肝炎に対する強い抵抗力ができました。

事実、ビタミンEを摂取していた人のB型肝炎抗体は、偽薬を摂取していた人と比べて6倍も多かったのです。また、ビタミンEを摂取していた人全員が、ほかの部分の免疫機能も強化されていました。ビタミンE を摂りましょう。

ビタミンE を多く含む食品