乳ガンのリスクを低減するオメガ3脂肪酸

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

オメガ3脂肪酸には乳がんを予防する効果があり、治療にも有効であることが証明されてあまにいます。すでに試験管テストにより、脂肪分の多い魚(サケ、スズキ、サバなど) や亜麻仁オイルに含まれるオメガ3脂肪酸が、乳がん細胞の成長を阻害することがわかっています。

前立腺ガん細胞の成長を抑えるのは、熟成ガーリック

また、アジアでは乳がんが欧米と比べて少ないのですが、これは食事から大量のオメガ3脂肪酸を摂取していることと関連がありそうです。アジア女性の乳組織には非常に多くのオメガ3脂肪酸が含まれていますが、不飽和植物油(オメガ・6脂肪酸が主成分) の摂取量が多いアメリカ女性の乳組織には、オメガ・6 オイルが多く含まれています。恐ろしいことに、動物実験では、この不飽和油が乳がんの危険性を高める可能性があるという結果が出ており、実際、乳がん患者のオメガ3脂肪酸対オメガ6脂肪酸の割合は、1対2から1対5になっています。

このような理由から、最近オメガ3脂肪酸の、乳がんに対する効果についての研究が盛んに行われています。カリフォルニア大学ジョンソンがんセンターで行われた研究では、25人の乳がん患者に、アジアの食生活に習った食事を摂ってもらいました。典型的なアメリカ風「肉とポテト」の代わりに3ヶ月間、大豆製品と緑黄色野菜を食べ、魚油サプリメントを摂ってもらいました。

研究が終了する頃には、乳組織の成分に変化が見られました。食事療法を開始する前と比べてオメガ3 脂肪酸が増え、オメガ6脂肪酸が減少していたのです。こういった変化が乳がんの再発を防止すると期待されており、現在、さらに大規模な研究が行われています。

オメガ3脂肪酸には乳がんを予防する効果があるという事実が、科学団体に認められるまでには何年もかかるでしょうが、アメリカでは乳がんがたいへん多いため、自分でできる予防策はすべて実行したいものです。食事に魚油サプリメントを加えるだけでも十分で、これだと副作用もありません。


魚油は摂りすぎないようにしてください。摂りすぎると正常な血液凝固ができなくなります。

ガンを撃退する「ハナビラタケ増強食」の使用感、口コミ、効能、効果