花粉症の症状をサプリで軽減、改善する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

免疫反応と花粉症

体内では、ウィルスなどの有害物質(抗原など)が侵入してくると、それに対抗する抗体が作られ、この異物を体外に排除しようと働きます。これが異物から体を防衛する免疫反応です。

花粉症はアレルギー疾患の中のひとつで有害ではない花粉を体が異物と認識して、抗体を作り花粉を排除しようとすることで反応が起きます。

春先の花粉の原因の大半がスギ花粉で。これが鼻の粘膜に付着するとぜんそく、アレルギー性気管支炎などの呼吸器症状。目の粘膜であれば、結膜炎、目のかゆみなどが引き起こされます。皮膚に付着すると皮膚炎を起こします。

花粉症となる人が毎年急増している

戦前は、スギ花粉が現在のようにトラブルとなることはありませんでした。戦後に花粉に悩まされる人が増えたのは、建築資材として利用するためスギが大量植林され、スギ花粉の飛散量が急増したことにあります。

スギ花粉は、土の上などの湿った場所に落ちた場合は、すぐに不活性化します。しかし、アスファルトの上や室内などの乾燥した環境では、生命力が強く、数ヶ月にわたる花粉症症状を引き起こすのです。しかも乾燥下でのスギ花粉はばらばらに分割されてもひとつの断片が症状を引き起こすので飛散情報をチェックし、花粉対策をしっかり継続するなど注意しなければいけません。

さらに、和食中心の食事から添加物や油、動物性食品が増えてきたことも花粉症が増えた一因です。

花粉対策のポイント

非常に単純なことですが、浴びる花粉の量を減らすこと、宅内に花粉を持ち込まないことです。服装ではウールのコートは避け、表面がツルツルしていて花粉がついてもすぐに落ちやすい素材のものがいいでしょう。衣類についた花粉は玄関先で落とし、自宅内に持ち込まないように注意します。

花粉の飛散時期にはできるだけ窓を開けないように注意します。また、花粉対策にめがねやマスクは有効です。コンタクトレンズを使用している人の中には花粉で起こる目のかゆみよりも結膜炎の症状が目立ちます。花粉飛散時期はコンタクトレンズから眼鏡にかえるといいでしょう。

マスクは、花粉を吸い込む量を減らすだけでなく気道を潤すことにより、防御力がアップします。室内はいつも以上に清潔にし、花粉除去のために空気清浄機を使う場合は、リビングと寝室で使用することが理想です。

サプリメントを改善に役立てる

花粉症の代表的な症状は、「くしゃみ」「鼻水・鼻詰まり」「目のかゆみ、涙目」などです。また、「のどのかゆみ、咳」「肌荒れ」「イライラする、眠れない」といった症状もあります。
花粉症対策は症状が出る前に開始します。 早期の治療は、症状が出るのを予防したり、発症したときに症状を軽くしたりという効果があります。花粉が飛び始める少し前に対策すると症状がひどくならなくてすみます。

サプリメントの成分は、抗ヒスタミン作用と抗ロイコトリエン作用の2つが基本です。甜茶やバラの花エキスのように比較的早く効果が現れる成分もあれば、シソの実油のように1カ月ほど継続することで効果を実感できるサプリメントもあります。

花粉症に効果のあるサプリメントは次のとおりです。

  • シソの実油
  • 甜菜

花粉症をサプリで改善したい

食事の注意も大切

花粉対策には食事についても注意する点があります。とても重要です。

  • 白砂糖、余分な脂肪分をできるだけ避ける
  • 揚げ物、肉なども避ける
  • 炭酸飲料、アルコールを控える
  • 餅米、たけのこも避ける
  • 刺激物は避ける(辛いものは避ける)
  • 症状がひどいときは卵、牛乳を避ける

白砂糖のかわりに黒砂糖やオリゴ糖、はちみつなどにかえる。しらすなどの頭からまるごと食べられる小魚を食べる。野菜はできるだけ温野菜をとり、腸を冷やさない。大豆製品を積極的に摂る。腹7~8分目を意識する。

免疫力がアップする生活習慣を心がける。

免疫力アップで疲れ知らずの体

女性ホルモン様の働きをするという大豆をたくさん食べていたがまるで効果なし

今から7年前に突然、暑いわけでもないのに突然、汗が噴き出すような症状に悩まされるようになりました。汗が噴き出す以外にも動悸がたり、体がふらつくこともありました。突然に体の不調があらわれては、治まるの繰り返しでした。

年1回の定期診断で医師に相談すると「更年期障害」だと言われました。

更年期障害についてはこちら。

検査をすると、コレステロールの数値もかなり高いことがわかりました。

それまでは最大血圧が110mmHG台、最小血圧が80mmHG台 と正常範囲を維持していたのが、最大が152/101mmHGと高くなっていたのです。しか、悪玉(LDL) コレステロール値も基準値より高くなっていて、医師からは放っておくと次第に悪化してしまうと言われました。

医師からホルモン補充療法をすすめられました。しかし、ホルモン補充療法には乳ガンの発症率を高める副作用の恐れがあることを知っていたため、治療を躊躇していました。

その後、体内で女性ホルモンの代役となるイソフラボンの豊富な大豆食品を積極的にとるようにしました。しかし、血圧は最大が140~150mmHG、最小が90~100mmHGよりも下がることはありませんでした。

3週間で更年期の症状が軽減

知人から、レッドクローバーをすすめられたのです。レッドクローバーには、大豆食品よりも体内での吸収がいい高吸収型のイソフラボンが豊富に含まれているとのこと。副作用の心配もほとんどないというので、試してみようと思いました。

早速、レッドクローバーを、朝起きたときと夜寝る前に1~2粒ずつ飲むことにしました。飲みはじめて3週間ほどすると、のぼせや動悸、フラつきなどの不快症状が消、え、体がシャンとしてきました。

そして、レッドクローバーを飲みはじめて2ヶ月後に定期検診を受けたところ、最大血圧が120mmHG、最小血圧は80mmHGにまで下がっていたのです。悪玉コレステロール値も下がって正常範囲になり、本当にうれしかつたです。

それ以降も、レッドクローバーを毎日とつています。そのおかげか、血圧は、現在も正常範囲内で安定しています。

貧血による立ちくらみ、めまいを防ぎたい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

目眩や立ちくらみの症状を感じた場合、多くの方が不安になり、どうしたんだろう?と心配になります。しかし、ほとんどの場合は、貧血を疑います。

アスリートに見られる貧血は、スポーツ貧血といわれており、その中でも鉄欠乏性貧血は最も多く観察されています。

これらは、「鉄摂取不足」によって酸素を運搬する赤血球の原料となるヘモグロビンの合成能力が低下することが大きな原因で、主な症状として、目眩や立ちくらみのほか、頭痛、腹痛、慢性疲労などを伴います。

スポーツ性貧血は、男性より女性に多く、また競技では瞬発系より持久系に多いとされており、慢性的な症状を伴うことから、運動直後の目眩、立ちくらみの原図としては考えにくいかもしれません。

しかし、急激な減量などを行った場合には、鉄欠乏状態に陥りがちなため、注意は必要です。運動性貧血の予防は、まず血液模査により貧血かどうかを診断してもらうことから始まります。そして、貧血と診断された場合、大半は鉄を補給することで改善されていきます。

食品中の鉄は、肉類、魚介類、レバーなどの動物性食品に多く含まれるヘム鉄と、野菜や穀類、豆類、種実頬などに含まれる非ヘム鉄があります。非ヘム鉄の吸収率がわずか数%であるのに対し、ヘム鉄は20~30% と高いため、できるだけ動物性食品から鉄補給を行うことが効率的です。

一般的な貧血の予防と治療はこちらです。

その他、貧血以外でも目眩や立ちくらみが起こることが考えられます。トレーニング中、私達のカラダには血管を広げるようなホルモン物質が出ており、これによって末梢血管が開き、体の隅々まで血液が行き届いています。そのため全身の血液循環がよくなり、運動後しばらくしてから測ると運動前よりも血圧が下がっていることがしばしば見られます。
これを「運動後低血圧」といいます。これ自体は特に問題ありませんが、血圧を調整する機構が十分に働かない場合に症状は重くなり、高齢者やオーバートレーニング時(慢性疲労時) によく見られます。

これらを感じた場合は、横になる、休むなどして体調が回復するのを待つことが大切です。そしてトレーニング中は息を止めず、ゆっくりと呼吸をしながら実施するなどの予防も大切です。どうしても高重量のスクワットなどのように息を止めた状態が起こるときは、セット間などでの呼吸がル特に重要なポイントになります。

αリポ酸って?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

αリポ酸は糖質をエネルギーに変換する際に必要となる補酵素。αリポ酸がないと、ブドウ糖から変換されたピルビン酸が次のステップであるアセチルCOAに変換できなくなってしまいます。
ブドウ糖は、アセチルCOAに変換されて初めてTCA回路に入ることができるため、エネルギー源をTCA回路に送り出すことができなくなってしまうわけです。また、αリポ酸は、脂肪の蓄積の場となる脂肪細胞の成長を抑制するという報告があり、ダイエットに有効な素材でもあります。

ただし、α・リボ酸だけを摂取したからといって即ダイエットができるわけではなく、エネルギー産生のために共同してかかわるビタミンB群やカルニチン、コエンザイムQlOなどといった成分も必要になりますし、有酸素運動などをして、エネルギーを消費しないと、ダイエット効果はないものと考えられます。

ダイエット効果の他にαリポ酸の効果で注目されるのは、万能の抗酸化剤であるという点です。そう呼ばれる理由は2つあります。1つ目は、αlリボ酸は水にも油にも溶けることができるので、カラダの中の水の多い部分でも油の多い部分でも抗酸化力を発揮できるという点です。

2つ目は、活性酸素を除去する効果が非常に強いという点です。活性酸素といっても、その性質や構造上から約8種類の酸化物質に分類されます。抗酸化機能を有する物質はたくさんありますが、8種類の酸化物質をすべて除去できる物質はなかなかないのが現状なのですが、α・リボ酸は酸化物質のほとんどを除去できる効果を有しているのです。

さらにビタミンCやビタミンEの約40 0倍の抗酸化力を有するため、生体内で酸化されたビタミンCやビタミンEまで再活性化させる働きがあります。α・リボ酸の3番目の効果として、注目を集めているのが解毒という効果です。α・リボ酸は分子構造に硫黄(S)を二つ持っています。硫黄化合物であることで、細胞内のグルタチオンのレベルを上昇させ肝機能の保護機能を有することや、有害金属を体外に排出する効果があるとされています。

αリポ酸ダイエットには詳しい記事が多数あります。

眠れるサプリはある?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

眠に深くかかわるホルモンに「メラトニン」があります。このメラトニンは、睡眠のみならず生体リズムとも関係の深いホルモンで、通常は体内で合成されていますが、メラトニンそのものを補給した場合にも入眠促造作用が起こります。

実際にアメリカでは、メラトニンはサプリメントとして販売されており、時差ボケや不眠などに使われていますが、日本では食品としては認められていないため、サプリメントとしては製造も販売も禁止されています。 そこでメラトニンに代わるものとして考えられる食品に、トリプトファンというアミノ酸があります。これは必須アミノ酸の一つでもありますが、セロトニン(神経の働きを弱めて睡眠をもたらす神経伝達物質) やメラトニンの元となるアミノ酸です。トリプトファンを摂取した約1時間後には脳に到達するので、睡眠前にはトリプトファンを多く含むホットミルクやサプリメントなどを摂取するといいでしょう。

また、入眠時の徐波睡眠では、成長ホルモンが大量に分泌されています。この成長ホルモンはカラダのさまざまな代謝に関与しているので、疲労回復などの観点からも睡眠時にいかに成長ホルモンを多く出すかが重要なポイントとなります。成長ホルモンを促す素材としては前述したリジン、アルギニン、オルニチンなどのアミノ酸や、アシュワガンダというハーブが挙げられます。徐波睡眠を増加することに加え、これらの食品を上手く利用することもお勧めです。快眠に最適な食べ物・飲み物

セロトアルファは、大麦を黒麹で発酵させた「快眠ぐっすり酵素」を体内に取り入れると、脳内神経伝達物質の働きを正常にする作用が期待でき、睡眠薬に頼っていた人もそこから離脱できると注目されています。

運動・栄養・休養以外に大切な「睡眠」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

一般に睡眠のリズムは90分サイクルです。覚醒(覚めている状態) から徐々に熟睡状態に近付いていき、40~50分で眠りの深さは最深部まで到達し、そしてちょっとした刺激で目覚めてしまうほど眠りの浅い状態が20分ほど現れます。
通常はこれを5回ほど繰り返したところで目覚めを迎えます。睡眠中に数回出現する眠りの浅い状態をレム睡眠といい、夢を見たり目を閉じたまま眼球が活発に動いたりするのが特徴です。
それ以外の部分をノンレム睡眠といい、その深さレベルによって
ステージ1 (眠っている人が容易に目覚める最も浅い眠り) から
ステージ4 (起こすことが難しい深い眠り) に分類されます。

とくにノンレム睡眠の中でもステージ3、4 の状態を徐波睡眠といいます。では、理想的な睡眠とはどのようなものでしょうか? それは、「睡眠量を増やす」のではなく、「睡眠の質を上げる」ことです。睡眠の質とは、簡単にいえば熟睡できたかどうかということですが、① 眠りの深い徐波睡眠が長時間あり、睡眠前半に集中していること、② レム睡眠時にすっきりと目覚めることができること、の条件を満たすことが必要です。
睡眠の質を高める方法の一つに、運動を挙げることができます。運動を実施した日の徐波睡眠量は、運動しない日に比べて増加し、それは入眠してから2~3時間のうちの増加であることが分かっています。また運動の種類については、筋トレよりも持久力走などの有酸素運動のほうが睡眠の質が高いという報告があり、筋トレに有酸素運動を取り入れることで睡眠の質が高まるようです。

これらの理由としては体温との関係が考えられます。すなわち、体温を上げることで入眠時の深い眠りを得ることができるというわけです。よって、筋トレ時に有酸素運動ができない場合も、入浴などで体温を上げるとことで解消できるかもしれません。

眠りの悩みを解消しよう!は、不眠を解消するための有名サイトですので、こちらも参考にするとより効果的です。

免疫力をアップさせたい(免疫ミルク)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

免疫ミルクというサプリがあります。これは、免疫力を高めることを目的に作られた牛乳です。
一般的に生まれたばかりの赤ちゃんは、母親の母乳で育ちます。中でも一番重要であるのが、初乳母乳だと言われています。この初乳が重要な理由は、母親の免疫(抗体) が初乳に非常に多く含まれており、その初乳を飲むことで赤ちゃんにも抗体が取り込まれ、赤ちゃん自身の免疫力が強化されるからです。

事実、母乳で育つ赤ちゃんは半年間くらい風邪などの感染症にはかかりません。このように母から子へと受け継がれる母子免疫の仕組みは、近年の免疫学の発達によって大きく進歩しました。
例えば、母子免疫を支える母乳に低下した免疫力を補い、健康回復を高め、自己免疫疾患の発症を遅らせるなどの効果が期待できます。
そして、アメリカのスターリ研究所で実用性のある免疫ミルクが開発され、母乳に近い効果を持つことが確認されました。
この免疫ミルクは、ヒトに感染する可能性の高い訪種類の病原性細菌を無毒化してワクチンにし、乳牛に継続的に注射します。ワクチンを投与された乳牛は、この訪種頬の病原性細菌(抗原) に対して抗体をつくります。
つくられた抗体は牛乳へと移行します。この抗体入りのミルクが免疫ミルクで、ヒトが摂取することで免疫力を強化することができます。免疫ミルクのヒトヘの効果は、アレルギーの予防と改善、高コレステロールや高血圧の改善、腸内環境の改善、自然治癒力の増強など多岐にわたりますが、一番効果が得られるのは炎症の改善効果です。
リウマチなどの、細菌感染が引き金になる自己免疫疾患性のものや、局所的に炎症を起こす関節炎などに効果があることが確認されています。これは、免疫ミルク中に含まれる抗体TgG) や各種の生理機能活性国子の働きで、炎症の元になるTN F・αの発生を抑えるからではないかといわれています。

ペプチドの製造方法について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ペプチドには、2種類の製造方法があります。ひとつは、ジペプチドと呼ばれるもので2つのアミノ酸が結合したものです。これらはアミノ酸同士の中和反応で作られますが、その中で日本では現在、L・リジント・グルタミン酸塩、L・リジンL・アスパラギン酸塩、L・アルギニンL・グルタミン酸塩の三つのみが食品添加物として使用が認められています。
しかし、製造コストが高いことと、アスパラギン酸やグルタミン酸といったアミノ酸は、運動やトレーニングにはあまり有用ではないアミノ酸との結合物になっていますので、サプリメントとしての使用は見かけたことがありません。
その他にべプチドと呼ばれるものでは、タンパク質を加水分解したものがあります。これには原料に応じてホ工イタンパクを分解したものや大豆タンパク、小麦タンパクを分解したものなどがあります。
注意すべきは、これらのペプチドはタンパク質を分解したものですので、単一のアミノ酸のみで構成されるわけではありません。例えば、グルタミンペプチドといってもグルタミンばかりでペプチドが構成させているわけではなく、多くて30% くらいがグルタミンで、残りの70%は別のアミノ酸で構成されています。プロテイン、アミノ酸、ペプチドはそれぞれの特徴を持っていますので、価格や風味や吸収性などの面から、それぞれをうまく使い分けるのが上級者の使い方です。

成長ホルモンは増やせる?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンで、血液中を経由してあらゆる代謝に影響を及ぼします。特に、血中のアミノ酸のタンパク合成を高める効果があるため、筋肉の修復が速やかに起こります。
しかしこの成長ホルモンは、10代後半をピークに分泌が低下していきます。分泌のピークを過ぎたアスリートの中には、この成長ホルモンの分泌を促す物質が欲しくて、場合によってはプロホルモンなどを利用するケースも過去にありました。
プロホルモンとはホルモンの前駆物質(その物質の前段階のもの)で、成長ホルモンのレベルやテストステロンレベルの上昇が見られます。しかし、同時に女性ホルモンであるエストロゲンレベルも上昇させるため、乳房の肥大化などの副作用もあります。
その他にもホルモン代謝の異常が起こる可能性もあるので、日本ではもっぱら医療目的にのみ使用され、サプリメントとしての販売は禁止されています(アメリカでも禁止されている) 。

そこで注目されるようになったのが、ホルモンそのものではなく、ホルモンの分泌を促すような食品です。その中でも特に注目されているのが、アミノ酸です。アミノ酸にはいろいろな機能がありますが、ある種のアミノ酸には成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促すような効果があるものもあります。代表的なものは、リジン、オルニチン、アルギニン、グルタミンといったアミノ酸です。これらのアミノ酸は単体では1回に数g〜数10g摂取することにより、成長ホルモンの血中濃度が数倍に上昇したという科学的データがこれまでにも多数発表されています。例えば、運動をしている成人にオルニチンを170mg (70kgの人で12g)与えたところ、成長ホルモンの濃度が4倍になったとの報告などもあります。ただしこの量を1度に摂った場合、一過性の下痢を起こしたことが同時に報告されていました。

日本で購入できないサプリもアメリカなら買える?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アメリカのサプリに関する作用への期待は大きいことは、解説した通りですが、健康を害する恐れのあるサプリメントに関しては厳しく取り締まるようになりました。一番よく知られている例では、エフェドラの流通禁止です。

エフェドラは、食欲を減退させる効果がある物質で、マオウと呼ばれる植物に多く含まれる物質です。

日本では、マオウは医薬品成分であるため、サプリメントには使用できませんが、アメリカでは、サプリメントに盛んに配合されていました。このエフ工ドラは、確かに食欲を減退させ、ダイエットには効果的ではありましたが、副作用として肝硬変を起こすことが知られていました。
実際にアメリカでもエフェドラを含むサプリメントで肝硬変になったという被害が相次ぎ、FDAではこのエフ工ドラを使用した製品を使用して健康被害に遭った場合の治療に対しては保険適用外とすることを決め、市場への流通禁止措置を行いました。
さらに、最新の情報では、2004年3月1日にFDA はアンドロステンジオンなどのプロホルモンを製造する23の業者に対し警告を発し、彼らに製造中止を指示しました。この条件を受けなければ業者を逮捕し、刑事訴訟をするという厳しい措置でした。

次に、プロホルモンが公に不法になりました。2004年6月4 日アメリカの議会はこれらの製品を、つくる、販売する、所有する、使用することを不法にする法案を可決しました。プロホルモンは、科学的に合成されたホルモンで、ドーピング禁止薬物にも指定されている成分です。パフォーマンスは向上するかもしれませんが、人体に影響を及ぼす恐れがあります。
ちなみに日本では元からプロホルモンは医薬品抜いのため、サプリメントとして販売することはできません。今後も、アメリカにおいてもドーピング禁止薬物が健康被害の観点からサプリメントショップから消えていく可能性は十分に考えられると思います。