花粉症の症状をサプリで軽減、改善する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

免疫反応と花粉症

体内では、ウィルスなどの有害物質(抗原など)が侵入してくると、それに対抗する抗体が作られ、この異物を体外に排除しようと働きます。これが異物から体を防衛する免疫反応です。

花粉症はアレルギー疾患の中のひとつで有害ではない花粉を体が異物と認識して、抗体を作り花粉を排除しようとすることで反応が起きます。

春先の花粉の原因の大半がスギ花粉で。これが鼻の粘膜に付着するとぜんそく、アレルギー性気管支炎などの呼吸器症状。目の粘膜であれば、結膜炎、目のかゆみなどが引き起こされます。皮膚に付着すると皮膚炎を起こします。

花粉症となる人が毎年急増している

戦前は、スギ花粉が現在のようにトラブルとなることはありませんでした。戦後に花粉に悩まされる人が増えたのは、建築資材として利用するためスギが大量植林され、スギ花粉の飛散量が急増したことにあります。

スギ花粉は、土の上などの湿った場所に落ちた場合は、すぐに不活性化します。しかし、アスファルトの上や室内などの乾燥した環境では、生命力が強く、数ヶ月にわたる花粉症症状を引き起こすのです。しかも乾燥下でのスギ花粉はばらばらに分割されてもひとつの断片が症状を引き起こすので飛散情報をチェックし、花粉対策をしっかり継続するなど注意しなければいけません。

さらに、和食中心の食事から添加物や油、動物性食品が増えてきたことも花粉症が増えた一因です。

花粉対策のポイント

非常に単純なことですが、浴びる花粉の量を減らすこと、宅内に花粉を持ち込まないことです。服装ではウールのコートは避け、表面がツルツルしていて花粉がついてもすぐに落ちやすい素材のものがいいでしょう。衣類についた花粉は玄関先で落とし、自宅内に持ち込まないように注意します。

花粉の飛散時期にはできるだけ窓を開けないように注意します。また、花粉対策にめがねやマスクは有効です。コンタクトレンズを使用している人の中には花粉で起こる目のかゆみよりも結膜炎の症状が目立ちます。花粉飛散時期はコンタクトレンズから眼鏡にかえるといいでしょう。

マスクは、花粉を吸い込む量を減らすだけでなく気道を潤すことにより、防御力がアップします。室内はいつも以上に清潔にし、花粉除去のために空気清浄機を使う場合は、リビングと寝室で使用することが理想です。

サプリメントを改善に役立てる

花粉症の代表的な症状は、「くしゃみ」「鼻水・鼻詰まり」「目のかゆみ、涙目」などです。また、「のどのかゆみ、咳」「肌荒れ」「イライラする、眠れない」といった症状もあります。
花粉症対策は症状が出る前に開始します。 早期の治療は、症状が出るのを予防したり、発症したときに症状を軽くしたりという効果があります。花粉が飛び始める少し前に対策すると症状がひどくならなくてすみます。

サプリメントの成分は、抗ヒスタミン作用と抗ロイコトリエン作用の2つが基本です。甜茶やバラの花エキスのように比較的早く効果が現れる成分もあれば、シソの実油のように1カ月ほど継続することで効果を実感できるサプリメントもあります。

花粉症に効果のあるサプリメントは次のとおりです。

  • シソの実油
  • 甜菜

花粉症をサプリで改善したい

食事の注意も大切

花粉対策には食事についても注意する点があります。とても重要です。

  • 白砂糖、余分な脂肪分をできるだけ避ける
  • 揚げ物、肉なども避ける
  • 炭酸飲料、アルコールを控える
  • 餅米、たけのこも避ける
  • 刺激物は避ける(辛いものは避ける)
  • 症状がひどいときは卵、牛乳を避ける

白砂糖のかわりに黒砂糖やオリゴ糖、はちみつなどにかえる。しらすなどの頭からまるごと食べられる小魚を食べる。野菜はできるだけ温野菜をとり、腸を冷やさない。大豆製品を積極的に摂る。腹7~8分目を意識する。

免疫力がアップする生活習慣を心がける。

免疫力アップで疲れ知らずの体