免疫力をアップさせたい(免疫ミルク)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

免疫ミルクというサプリがあります。これは、免疫力を高めることを目的に作られた牛乳です。
一般的に生まれたばかりの赤ちゃんは、母親の母乳で育ちます。中でも一番重要であるのが、初乳母乳だと言われています。この初乳が重要な理由は、母親の免疫(抗体) が初乳に非常に多く含まれており、その初乳を飲むことで赤ちゃんにも抗体が取り込まれ、赤ちゃん自身の免疫力が強化されるからです。

事実、母乳で育つ赤ちゃんは半年間くらい風邪などの感染症にはかかりません。このように母から子へと受け継がれる母子免疫の仕組みは、近年の免疫学の発達によって大きく進歩しました。
例えば、母子免疫を支える母乳に低下した免疫力を補い、健康回復を高め、自己免疫疾患の発症を遅らせるなどの効果が期待できます。
そして、アメリカのスターリ研究所で実用性のある免疫ミルクが開発され、母乳に近い効果を持つことが確認されました。
この免疫ミルクは、ヒトに感染する可能性の高い訪種類の病原性細菌を無毒化してワクチンにし、乳牛に継続的に注射します。ワクチンを投与された乳牛は、この訪種頬の病原性細菌(抗原) に対して抗体をつくります。
つくられた抗体は牛乳へと移行します。この抗体入りのミルクが免疫ミルクで、ヒトが摂取することで免疫力を強化することができます。免疫ミルクのヒトヘの効果は、アレルギーの予防と改善、高コレステロールや高血圧の改善、腸内環境の改善、自然治癒力の増強など多岐にわたりますが、一番効果が得られるのは炎症の改善効果です。
リウマチなどの、細菌感染が引き金になる自己免疫疾患性のものや、局所的に炎症を起こす関節炎などに効果があることが確認されています。これは、免疫ミルク中に含まれる抗体TgG) や各種の生理機能活性国子の働きで、炎症の元になるTN F・αの発生を抑えるからではないかといわれています。