運動・栄養・休養以外に大切な「睡眠」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

一般に睡眠のリズムは90分サイクルです。覚醒(覚めている状態) から徐々に熟睡状態に近付いていき、40~50分で眠りの深さは最深部まで到達し、そしてちょっとした刺激で目覚めてしまうほど眠りの浅い状態が20分ほど現れます。
通常はこれを5回ほど繰り返したところで目覚めを迎えます。睡眠中に数回出現する眠りの浅い状態をレム睡眠といい、夢を見たり目を閉じたまま眼球が活発に動いたりするのが特徴です。
それ以外の部分をノンレム睡眠といい、その深さレベルによって
ステージ1 (眠っている人が容易に目覚める最も浅い眠り) から
ステージ4 (起こすことが難しい深い眠り) に分類されます。

とくにノンレム睡眠の中でもステージ3、4 の状態を徐波睡眠といいます。では、理想的な睡眠とはどのようなものでしょうか? それは、「睡眠量を増やす」のではなく、「睡眠の質を上げる」ことです。睡眠の質とは、簡単にいえば熟睡できたかどうかということですが、① 眠りの深い徐波睡眠が長時間あり、睡眠前半に集中していること、② レム睡眠時にすっきりと目覚めることができること、の条件を満たすことが必要です。
睡眠の質を高める方法の一つに、運動を挙げることができます。運動を実施した日の徐波睡眠量は、運動しない日に比べて増加し、それは入眠してから2~3時間のうちの増加であることが分かっています。また運動の種類については、筋トレよりも持久力走などの有酸素運動のほうが睡眠の質が高いという報告があり、筋トレに有酸素運動を取り入れることで睡眠の質が高まるようです。

これらの理由としては体温との関係が考えられます。すなわち、体温を上げることで入眠時の深い眠りを得ることができるというわけです。よって、筋トレ時に有酸素運動ができない場合も、入浴などで体温を上げるとことで解消できるかもしれません。

眠りの悩みを解消しよう!は、不眠を解消するための有名サイトですので、こちらも参考にするとより効果的です。