成長ホルモンは増やせる?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンで、血液中を経由してあらゆる代謝に影響を及ぼします。特に、血中のアミノ酸のタンパク合成を高める効果があるため、筋肉の修復が速やかに起こります。
しかしこの成長ホルモンは、10代後半をピークに分泌が低下していきます。分泌のピークを過ぎたアスリートの中には、この成長ホルモンの分泌を促す物質が欲しくて、場合によってはプロホルモンなどを利用するケースも過去にありました。
プロホルモンとはホルモンの前駆物質(その物質の前段階のもの)で、成長ホルモンのレベルやテストステロンレベルの上昇が見られます。しかし、同時に女性ホルモンであるエストロゲンレベルも上昇させるため、乳房の肥大化などの副作用もあります。
その他にもホルモン代謝の異常が起こる可能性もあるので、日本ではもっぱら医療目的にのみ使用され、サプリメントとしての販売は禁止されています(アメリカでも禁止されている) 。

そこで注目されるようになったのが、ホルモンそのものではなく、ホルモンの分泌を促すような食品です。その中でも特に注目されているのが、アミノ酸です。アミノ酸にはいろいろな機能がありますが、ある種のアミノ酸には成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促すような効果があるものもあります。代表的なものは、リジン、オルニチン、アルギニン、グルタミンといったアミノ酸です。これらのアミノ酸は単体では1回に数g〜数10g摂取することにより、成長ホルモンの血中濃度が数倍に上昇したという科学的データがこれまでにも多数発表されています。例えば、運動をしている成人にオルニチンを170mg (70kgの人で12g)与えたところ、成長ホルモンの濃度が4倍になったとの報告などもあります。ただしこの量を1度に摂った場合、一過性の下痢を起こしたことが同時に報告されていました。