ペプチドの製造方法について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ペプチドには、2種類の製造方法があります。ひとつは、ジペプチドと呼ばれるもので2つのアミノ酸が結合したものです。これらはアミノ酸同士の中和反応で作られますが、その中で日本では現在、L・リジント・グルタミン酸塩、L・リジンL・アスパラギン酸塩、L・アルギニンL・グルタミン酸塩の三つのみが食品添加物として使用が認められています。
しかし、製造コストが高いことと、アスパラギン酸やグルタミン酸といったアミノ酸は、運動やトレーニングにはあまり有用ではないアミノ酸との結合物になっていますので、サプリメントとしての使用は見かけたことがありません。
その他にべプチドと呼ばれるものでは、タンパク質を加水分解したものがあります。これには原料に応じてホ工イタンパクを分解したものや大豆タンパク、小麦タンパクを分解したものなどがあります。
注意すべきは、これらのペプチドはタンパク質を分解したものですので、単一のアミノ酸のみで構成されるわけではありません。例えば、グルタミンペプチドといってもグルタミンばかりでペプチドが構成させているわけではなく、多くて30% くらいがグルタミンで、残りの70%は別のアミノ酸で構成されています。プロテイン、アミノ酸、ペプチドはそれぞれの特徴を持っていますので、価格や風味や吸収性などの面から、それぞれをうまく使い分けるのが上級者の使い方です。