くの字ストレッチでひぎや太ももの裏が柔らかくなりひぎ痛がスッキリ消えた

ぎっくり腰も再発していない

右ひざが、なんともいえない痛みに襲われるようになったのは、5~6年前のことです。ズキズキ、シクシク痛んで、歩くのもやっとでした。み整形外科で診てもらうと、加齢によるひざ痛だと言われ、ひざにたまった水を抜いたり、ヒアルロン酸の注射をしたりしました。しかし、いっこうによくなりません。

鍼灸院でお灸もしてもらいましたが、そこでも痛みは改善しませんでした。お灸の先生の話では、ひざの痛みは腰からきているそうです。そういわれれば、私は腰痛持ちで、昔からよくギックリ腰を起こしていました。年に2~3回はギックリ腰となり、一度起こると、2~3日は痛みで動けなくなってしまいます。自宅でもするようにと教えても
らったのが、「くの字ストレッチ」でした。

実は、私は体が非常に硬く、ひざが曲がり、太ももの裏もガチガチでした。整体のときにほぐしてくれていましたので、くの字ストレッチを教えてもらったときは、だいぶ柔らかくなっていました。私は、くの字ストレッチを週に1~2 回、スポーツジムに行ったときに、準備運動としてやっています。

行うのは1分くらいで、50回くらいペコペコと上半身を動かします。鏡を見ながら姿勢を確認していますが、太ももの裏の突っ張った感じで、正しくできているかどうかわかるようになりました。くの字ストレッチを始めてからは、太ももの裏が伸びてひざが柔軟になり、ひざの痛みがスッキリなくなりました。さらに驚いたのは、あれからバッタリ、ギックリ腰が再発していないのです。ちょつと腰が痛いな、というときに、くの字ストレッチを行うと、ひどくならずに済みます。今は、予防のためにくの字ストレッチを続けています。体を整えるために、これからも続けていくつもりです。

ひざ痛の原因の1つに、腰が硬いことがあります。体をねじるとき、腰を中心にねじるのが普通ですが、腰が硬くてねじれないと、ひざでねじろうとしてひざに負担がかかります。それで、ひざを痛めてしまうのです。腰が硬いとき僧、骨盤が後ろに傾いています。くの字ストレッチをすると、骨盤の位置が修正され、ひざ痛が改善し、ギックリ腰も予防できるのです。

腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」https://kusiri-guide.com/archives/141