姿勢のいい人はぼけにくく、足の筋肉を刺激し脳を活性化させる「膝裏のばし」

若々しいフレッシュな自分の姿に脳もも快感を感じる

歩いていて、ふとショーウウィンドーに映った自分の姿が目に入ることがあります。そのとき、背すじが伸びてさっそうと歩いていたら、かっこいい、自分もまだまだ捨てたものではないと、うれしくなりますね。ところが、逆に、姿勢が悪くて、みるからに老け込んだ姿だったら、落ち込んでしまいます。このとき、脳の中ではこんな反応が起こっています。かっこいい、うれしいと思うと、その瞬問、脳からはドーパミンという神経伝達物質がたくさん出ています。 ドーパミンは快感や快楽をもたらす物質で、なんらかの行動によって脳が喜びを感じたときに分泌されるため、「脳内報酬物質」とも呼ばれています。反対に、落ち込んだり、元気のないときは、ドーパミンの分泌が少なくなります。

実は、70代、80代でも、姿勢のいい人は認知症になる確率が低いことがわかっています。なぜかといえば、脳と姿勢、さらに脳と筋肉には密接な問係があるからです。 脳は、視覚や聴覚や触覚などを通して、外部からの情報を受け取り、それを総合的に判断して、全身をコントロールしています。

そのとき、脳からさまざまな指示を受けて動くのが筋肉です。でも、筋肉は脳から一方的に指示されているわけではなく、筋肉からも脳へ、盛んに情報が送られています。 筋肉が動くと、筋肉の中の筋紡錘という部分が情報を発し、脊髄を通って脳幹、小脳、大脳皮質に届きます。ですから、筋肉が動けば動くほど、脳に大量の情報が伝わり、脳が活性化するのです。

幸せホルモンにより脳も体も若返る

そこで、私がお勧めしたいのが「ひざ裏のばし」です。ひざ裏を伸ばすと、太ももの裏やふくらはぎの筋肉が刺激を受けます。それによって、脳にもよい影響が及ぶのです。 そこでおすすめしたいのが太ももを上げながら行う「かかと歩き」です。太ももを床と水平になるまで上げてかかと歩きをすると、

乳酸が産生されて脳を刺激し、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、骨や筋肉の成長を促すだけでなく、代謝をコントロールする働きがあり、血管や皮膚をしなやかにしたり、病気への抵抗力を高めたり、記憶力をよくしたりする作用もあります。 まさに、若返りのホルモンです。また、リズミカルに歩くことによって、神経伝達物質であるセロトニンが脳から分泌されます。セロトニンは、心の安定や安らぎをもたらすことから、「幸せホルモン」とも呼ばれています。

興奮物質であるアドレナリンやドーパミンの暴走を抑えて、心のバランスを整える働きがあり、うつ病の予防や改善にも必要な物質です。このように、ひざ裏を伸ばしたりリズミカルに歩いたりすると、脳が活性化されて、体や心によい物質がたくさん出るのです。それによって、脳も気持ちも若返らせることができます。

このひざ義仲ばしもかかと歩きも、パーキンソン病のリハビリテーションで行う運動療法の一つです。 パーキンソン病の患者さんはひざが曲がっていることが多く、歩き方もつま先重心で前のめりの小刻み歩行です。 でも、ひざ裏を伸ばしたり、太ももを上げてかかとから歩いたりすると、姿勢がよくなり、小刻み歩行を改善できるのです。パーキンソン病は、ドーパミンの不足によって起こる難病です。でも、ひざ裏伸ばしで姿勢よく歩けるようになれば、ドーパミンの分泌にも好影響を与えるかもしれませんね。何歳になっても、「年だから」とあきらめることはありません。脳は何歳からでも成長し、神経細胞も鍛えれば増えることがわかってきました。簡単で効果の高いひざ裏伸ばしとかかと歩き、ぜひお試しください。

腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」https://kusiri-guide.com/archives/141