膝裏の伸ばし血流が改善して血圧が下がる

硬くて冷えているふくらはぎが血流を悪くしている

ひざが曲がったまま固まった状態の人のふくらはぎは、た一般的に、とても硬くて筋張っているか、もしくはフニヤフニヤで弾力がないかのどちらかです。筋力がないことが触ってみるとよくわかります。

全身の血液のは、下半身を巡っています。心臓から遠く、しかも重力のためにたまりやすくなっている下半身の血液を、心臓へと戻しているのが、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉は、収縮と弛緩をくり返し、ポンプのように血液を押し上げます。そのため、ふくらはぎが丈夫な人は、全身の血流がよく、心臓の負担も少なくて済みます。   反対に、ふくらはぎが硬く、弾力を失っている状態だと、中の血管も硬くなり、血流が悪くなります。そのため、血管にかかる圧も高くなります。

また、ふくらはぎとおなかには密接な関係があり、ふくらはぎが冷えている人は、必ずおなかも冷えています。   女性なら、子宮や卵巣の働きが悪くなり、胃腸や腎臓の機能も低下します。

腎機能が低下すると、水分の排出が悪くなって、むくみやすくなります。すると、当然、下半身も冷えてしまいます。それがまた、血圧を上げるという悪循環になります。

こういう人は、ふくらはぎを押すと、飛び上がるほど痛がります。試しに、すねの両サイドやふくらはぎを押してみてください。痛lナれば、体のどこかに不調があるはずです。

理想的なふくらはぎは、弾力があって柔らかく、ほどよく温かみがあるふくらはぎです。 理想的なふくらはぎにするには、硬くなったたふくらはぎをゆるめ、ひざ周辺の血流をよくして、ひざ裏を伸ばす必要があります。 そこでお勧めなのが「ふくらはぎのツボ刺激」です。

ふくらはぎには、「人」の字の形をした筋肉があります。その「人」という字の真ん中に、しょうざんというツボがあります。   しょうざんはむくみや足の疲れ、こむら返りなどによく効くツボです。刺激すると、硬くなったふくらはぎがゆるんで、足の血流がよくなります。ツボの位置がわからなかったら、ひざ裏と足首の中問あたりを押してみて、いちばん痛いところを刺激するとよいでしょう。

  • ふくらはぎを両手で挟むようしようざんに持ち、しょうざんのツボに両手の親指の腹を当てて、強めに押します。少々痛いくらいの刺激でも構いません。
  • ブラブラ上下に動かします。うまく上下に動かせない人は、最初は小さく動かすだけでもいいです。慣れたら、少しずつ大きく動かします。これを1分ほど続けます。

このツボ押しで血圧が下がった人がたくさんいます。   ふくらはぎのツボ刺激で血圧が下がれば、薬を減らしたり、やめたりすることもできます。ただし減薬は、医師の指示に従ってください。

ふくらはぎを触っても痛いところがなくなれば、ひざ周辺の血流および全身の血流がよくなるため、高血圧や動脈硬化、さらには婦人科系疾患も改善します。

腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」https://kusiri-guide.com/archives/141