20年以上悩んだギックリ腰が「くの字ストレッチ」で改善し再発なし

姿勢がよくないとはじめて言われた

めてギックリ腰を経験したのは、出産後でした。以来、20年以上、ギックリ腰に悩まされてきました。ギックリ腰は、2~3ヶ月に1度、ふとしたときに起こります。ひとたびなると、トイレにますら適って行くような状態で、1週間は会社を休まなければなりません。  独特の痛さでストレスがたまります。

今まで、整形外科や整体に何軒も行きました。近所に先生が開業したときには、なんとしてでも治りたい一心で行ってみました。先生から、まず言われたのが「姿勢が悪い」ということでした。

ひざが曲がり、太ももの塞が硬く、両肩が前に出てネコ背になつている。 それがギックリ腰の原因だというのです。ネコ背も、太ももの裏が硬いことも、今まで、一度も言われたことがありませんでした。

そして整体の後、「くの字ストレッチ」を教えてもらいました。太ももの裏が伸びれば、ひざ裏が柔軟になり、全体的に筋肉がゆるんで、ギックリ腰にならないそうです。

  同時に、コルセットを外すように言われました。20年間、1度も外したことがなかったので、私はとても不安になりました。しかし、先生から、くの字ストレッチをすればコルセットなしでも歩けるからと、励まされたのです。実は、くの字ストレッチを始めて1年くらいしたころ、1回だけギックリ腰になったことがあります。

そのとき、這うようにして先生のところに行き、施術後にくの字ストレッチをして、初めてギックリ腰で会社を休まずに済みました。   ギックリ腰になっても、くの字ストレッチをして会社に行ったほうが、体が硬直しないので腰にはいいそうです。

ネコ背もだいぶよくなって、背すじがまっすぐ伸びるようになりました。確かに、姿勢がよくなってからはギックリ腰も起こっていません。私の職場は、いつも重い物を持ったり運んだりしています。ですから、腰に負担がかかり、会社の人はみんな腰痛持ちです。中腰にすると多少痛みがある日もあります。そんな環境でも、くの字ストレッチのおかげで、ここ数年問ギックリ腰が起こっていないのは感謝の二言に尽きます。

腰痛のつらさはなった人にしかわかりませんが、同じ姿勢を続けるのが一番こたえます。

腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」https://kusiri-guide.com/archives/141