股関節症は痛みはひどいのに治療は鎮痛剤しかない

私の趣味は読書です。週に1度は図書館に通うのが楽しみだったのですが、、2年前の春から股関節に違和感を覚えはじめ、一時期は歩くことが億劫になり、図書館通いも諦めていました。それまでは、自宅の近くに図書館があるので、毎週のように通って本を借りていました。図書館から家に帰るとき、本を10冊以上バッグに入れて歩いていたら、右足のつけ根から太もものあたりに違和感を覚えたんです。

ふだんよりも分厚い本を借りたので、荷物が重いせいかもしれないと思ったのですが、違和感は翌日になっても残っていました。しだいに右足の股関節が痛むようになりました。特に、イスから立ち上がるときや歩行時に踏み込むさいに右足のつけ根から太もものあたりにズキズキとした痛みが走るようになりました。

痛みが治まらなかったので、6月に入ってから近くの整形外科を受診しました。レントゲン検査などを受けた結果、右股関節の軟骨がすり減っていて、初期から進行期の変形性股関節症と診断されました。病院に通えばよくなると思って通院したのですが、特に治療らしい治療はしてもらえませんでした。

その後、右股関節の痛みに加えて腰痛にも悩まされるようになりました。整形外科から紹介された検査設備の整った総合病院を受診。レントゲンやMRIによる検査を受けた結果、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症を併発していることが判明しました。

腰痛を軽減するために、血流をよくする薬を飲むことになりました。右足の股関節もみ診てもらったのですが、軟骨がすり減って骨と骨のすき聞こが狭くなり、骨辣という骨の突起ができているとのことでした。総合病院でも、初期から進行期の変形性股関節症と診断されました。

右股関節の痛みに悩まされるようになってから外出するのもままならず、ずっと図書館通いをやめていました。ストレスがたまる一方だったため、腰痛の検査時に股関節の治療もしてほしい、と医師にお願いしました。

総合病院の整形外科の先生に相談したら、「変形性股関節症には有効な保存療法がないが、貧乏ゆすりで改善するかもしれない」といわれました。

貧乏ゆすりのように小刻みに足を動かすと、股関節の軟骨に栄養が行き渡るのだそうです。貧乏ゆすりを習慣的に行えば、変形性股関節症の症状の改善が期待できると説明を受けました。先生から自動で貧乏ゆすりができる「健康ゆすり」という医療機器があると教えてもらい、早速購入することにしました。

趣味の読書中に貧乏ゆすりをするだけで股関節症の痛みが半減

健康ゆすりの速度を中くらいに設定し、1セットを10分間として時間を決めずに1日に1~3時間程度使いはじめました。「家にある本を読みながら健康ゆすりを使った貧乏ゆすりを開始しました。

読書をしていると時間があっという間に過ぎるので、1日1時間以上、多いときは2~3時間使うこともあったと思います。大好きな読書をしながら貧乏ゆすりもできるので、まったく苦になりませんでした。毎日欠かさずに健康ゆすりを使いつづけると2週間がたつころには、右股関節の痛みが軽減しはじめ、立ち上がったときや歩きだしのさいに感じていた痛み半減したように思いました。

以前は右股関節が痛くて、立しゃがんだり、階段ののぼりおりが大変だったのですが、2ヶ月ほど貧乏ゆらしを行うとあれほどの痛みを感じなくなりました。台所の立ち仕事もそれほど苦にならなくなりました。図書館通いもできるようになり、ストレスも半減しました。

股関節の痛みからは解放されたのですが、今度は腰が痛くなってきました。現在は、ブロック注射で痛みを抑えています。ブロック注射のおかげで、いまは腰に痛みを感じることはありません。でも、腰の状態が悪化したら、ブロック注射も効かなくなってしまうかもしれません。貧乏ゆすりには下半身の血流を改善する働きもあるそうなので、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の改善を期待して、これからも健康ゆすりを使いつづけていきたいと思っています。

ひざの痛みが太もも、股関節にまで広がってしまった

私は、普段は不動産関連の仕事をしています。ゴルフが好きで休みの日は必ずラウンドしています。1週間に2回はゴルフに行きます。少し前から五両ひざに痛みを覚えはじめ、日常生活に支障が出るようになりました。ひざが痛くて、ひどいときは長距離を歩きつづけることもできませんでした。歩くのがつらくなると、立ち止まってひざをもんだりして回復を待ちました。

車の運転中も、アクセルやブレーキを踏むたびにひざに痛みが走ったので、年のせいでひざの軟骨がすり減っているんだろうと思っていました。両ひざの痛みは、しだいに太ももの前面から足のつけ根に広がっていきました。割と急激に進行しているように感じ、不安にも感じました。

特に、歩きだしたり立ち上がったりするさいに、足のつけ根にズキズキとした痛みが走りました。独特の痛みで表現するのが難しいのですが、激痛です。ひざに痛みを感じてから1年ほどで、太ももや足のつけ根も痛むようになりました。特に足のつけ根の痛みがひどまたく、股を裂かれるような激痛に悩まされていました。

足も動かしにくくなり、早歩きもできず、このままでは歩けなくなってしまうのではないかと思いました。行き先は寝たきり?とも思いました。出かけるのもひと苦労で、仕事の効率が落ち、ゴルフをする機会も減ってしまいました。ここまで痛みが悪化するとゴルフのことなど考えることもできません。

股関節の痛みに耐えきれなくなり、近くの整形外科を受診。レントゲンなどの検査を受けた結果、両股関節が末期の変形性股関節症と言われました。「両足とも股関節の骨と骨のすき間がほとんどない状態だったんです。股関節周辺の神経が圧迫されたせいで、ひざや太ももにも痛みが生じていたということです。

先生から「人工関節に置き換える手術をしてもおかしくない」といわれました。でも、手術には抵抗があったので、なんとしても手術はさけたいとお願いしました。

そんな中、医師から貧乏ゆすりを行うようすすめられました。変形性股関節症の温存療法は、小刻みに足を動かす貧乏ゆすりを行えば、股関節の軟骨に栄養が行き渡って変形性股関節症の痛みの改善や軟骨の再生が期待できると説明を受けました。「貧乏ゆすりは行儀が悪いという印象があったのですが、手術をしないですむのならどんなことでも試してみようと思いました。

先生から自動で貧乏ゆすりができる「健康ゆすり」という便利な医療機器があることを教えてもらい、早速、使ってみることにしました。

使った直後に痛みによる足のだるさがとれて、股関節の周辺が心地よく感じられた

「健康ゆすり」を購入し、使いはじめました。しかし、痛みはなかなか治まらなかったといいます。「使いはじめたころは、股関節が痛いときに使うとらくになると勘違いしていたんです。いつまでたっても痛みが引かないので、先生に聞いてみたら「痛みがあるときは安静第一で、痛みが治まってから使うといい」とアドバイスされました。

痛みは「動いてはいけない」という体からのSOS信号と理解するように言われました。股関節の痛みが落ち着いてから、「健康ゆすり」の速度を中くらいに設定し、1セットを5分間として左右の足を6セットずつ、1日1時間ほど使用しました。すると、使った直後に足ゆらマシンの効果を実感できました。

「健康ゆすり」を使ったら、血行がよくなるからなのか、足が軽く感じられて、股関節のあたりがとても心地よく感じられました。効果を実感したので、夜テレビを見ながら毎日使うようにしています」両股関節の痛みが改善したおかげでゴルフを再開することができたのも嬉しく思っています。

以前のように1週間に最低2ラウンドはこなせるようになったそうです。最近、ゴルフ仲間から「歩くのがスムーズになった」と驚かれています。コースによっては手引きのカートで18ホール歩きっばなしのときもあり、ラウンド後に股関節に痛みを感じることもあります。

でも、帰宅後に足ゆらマシンを使うと、股関節の痛みが和らいでらくになるんです。いまでは「健康ゆすり」を使うのが毎日の習慣になりました。「健康ゆすり」をもう1台購入して軽井沢の別荘にも置き、毎日欠かさずに使いながら、快適な休暇を楽しんでいます。

人工関節の手術に踏み切れず何かよい治療はないかとずっと模索していた

私は、主人と10代の男の子の人の息子2人の4人で暮らしています。主婦業とパートの事務の仕事をしながら生活します。私は、幼少期に股関節の手術を受けたことがあります。

親の話によると、幼いころ右足の股関節が脱臼していて、発育性股関節脱臼と診断されたそうです。治療を受け、その後は問題なく過ごしていたのですが、11歳のときに行った遠足の帰りに右足のつけ根が痛みだしたんです。近みくの整形外科で診てもらったら、右股関節が外れていることがわかり、自分の骨を切って股関節の形状をよくする臼蓋形成術という温存手術を受けました。

その後、特に股関節の痛みを感じることなく過ごしてきたそうです。ところが、2年前ごろから右股関節に違和感を覚えはじめました。歩きだすときに右足のつけ根に引っかかるような違和感を覚えるようになったんです。1~2ヶ月が過ぎるころには特有の「ズキンズキン」と刺すような痛みが走りだしました。

座った状態から立ち上がったときの痛みがひどく、一歩を踏み出すのもひと苦労でした。座るときには正座をしたり、立ち上がるときにはイスにつかまるようにしたりして、自分なりに工夫をして生活をしていました。しかし、右股関節の痛みは治まりませんでした。

座った状態から立ち上がるとき、股関節の骨と骨がぶつかり合うような感覚がありました。激痛に耐えきれず、近くの整形外科で診てもらったら、右股関節が進行期の変形性股関節症と診断されたんです。医師から「人工関節に置き換える手術を検討したほうがいい」』といわれました」私は、すぐに整形外科で紹介された大学病院を受診。大学病院での診察時にも、人工関節に置き換える手術をすすめられたといいます。

担当の先生から「人工関節にすれば痛みが治まる可能性は高いが、まだ40代前半なので、将来的に人工関節の入れ替え手術が必要になるのは間違いない」といわれたんです。初めは頭が真っ白になってしまいました。でも、よく考えて「どうしても人工関節にはしたくない」とお願いしたんです。担当の医師から保存療法を行っている病院を紹介してもらいました。

「人工関節の手術を回避できる可能性がある」というお言葉をいただき。うれしさのあまり、涙があふれて止まりませんでした。先生のアドバイスどおり、太ももの骨を切って股関節の形状をよくする温存手術を受ける決意をしました。

1日2時間使ったら2ヵ月で痛みが軽減し杖を使わずに歩けた

仕事を辞めて入院し、右股関節の温存手術を受けました。温存手術は無事に成功。5ヶ月間の入院中、股関節にかかる負担を徐々に増やしながら、CPM という持続的に関節を動かす訓練装置などを使ったリハビリを行いました。さらに退院後からは、自動で簡単に貧乏ゆすりが行える足ゆらマシンという医療機器も使用しました。これが「健康ゆすり」です。

「術後の経過が良好なので、貧乏ゆすりをするといい」といわれたんです。病院にあった「健康ゆすり」の速度をいちばん遅く設定し、1セットを30分間として朝・昼・夕・晩の4セット、1日計2時間使いはじめました。はじめて使ったときは、足が軽くなったようなそんな感じがしました。

私は、1週間ごとに速度を少しずつ速め、1ヶ月後には最速に設定して使うようになりました。すると、2ヶ月後には明らかな変化が現れました。「座った状態から立ったときに感じていた痛みがなくなりました。

院後は杖を使いながら生活していたのですが健康ゆすりを購入して自宅でも使いつづけたら、杖がなくても歩けるようになりました。それまでは、手すりにつかまって1段ずつしか階段を昇れなかったのですが、スタスタと昇れるようになったんです。

股関節の痛みが気にならなくなり、以前のように問題なく家事を行えるようになりました。。さらに、股関節を動かせる範囲も改善。靴下や靴をはいたり足つめの爪を切ったりする日常の動作がらくになり、事務の仕事にも復帰することができました。

温存手術のさいに入れた固定用の金具を取り除く手術を受けたのですが、そのとき、レントゲン写真を見た先生か「股関節に骨辣という新しい骨が形成されてきており、軟骨が再生する前ぶれです」と説明してもらいました。これからも股関節に負担をかけない生活をしながら、健康ゆすりを使いつづけていきたいと思っています。

「健康ゆすり」なら簡単に貧乏ゆすりが継続でき、股関節症の激痛解消、軟骨再生に有効

変形性股関節症の保存療法は、イスに座って症状のある脚を貧乏ゆすりするだけです。貧乏ゆすりという治療法を思いつくきっかけとなったのは、C PMという医療機器でした。

CPM]は、カナダの整形外科医ロバート・ソルター博士が考案したもので、股関節・ひざ関節の屈伸を自動的に行うリハビリテーション用の器具です。ソルター博士は、呼吸によって24時間休むことなく動きつづきける胸郭の関節には変形性関節症が起こらないという事実に気づき、動物実験の結果、関節に負荷をかけない「小刻みな摩擦運動」が軟骨の再生を促すと証明しました。

ソルター博士が開発したCPM は、高額で大きな装置のため、一般家庭向きではなく、患者さんが長時間にわたって使用するのは現実的ではありません。

そこで思いついたのが、「貧乏ゆすり」だったのです。では、貧乏ゆすりをどれくらいの期間行えば、股関節の軟骨が再生するのでしょうか。まだ研究段階ではありますが、一般的には6ヶ月~数年の継続で、効果が現れることが多いようです。よくなったある方からは「クセになるまで行った」という声も寄せられています。

ただし、長時間にわたって意識的に貧乏ゆすりをするのは、想像以上に容易なことではあり貧乏ゆすりを意識的に長く行うのは大変だが足ゆらマシンを使えば簡単に毎日、続けられるのですすべての私が提唱する変形性股関節症の保存療法は、イスに座って症状のある脚を貧乏ゆすりするだけです。

足を乗せるだけで自動的に揺らしてくれる、健康ゆすりとでも呼ぶべき貧乏ゆすり器を導入しています。足ゆらマシンを1日2時間使用すれば、多くの場合、数ヶ月から数年の継続で股関節の隙間(関節裂隙) の拡大がレントゲン写真で確認できるようになります。痛みなどの症状ならば、2~3ヶ月で消失した例が数多く見られます。

健康ゆすり

話題沸騰の健康有名番組でも続々紹介。ゆすってすっきり、足ホンワカ。股関節・膝・かかと・爪先等、下肢にお悩みを持つ方の運動を補助する医療機器。

■使用方法
1.椅子に座って使用しましょう。
2.膝の角度が90度以下が効果的です。
3.かかとを載せるときは、つま先は床に付けて下さい。
4.つま先や土踏まずを載せることも出来ます。
 さらにパットを使用するとつぼを刺激します。
5.主電源を切った状態でコンセントに差し込んで下さい。
6.時間は、5分・10分・20分の3段階から選べます。
7.速度は、スライドつまみで調整が出来ます。

■安全機能
下記の場合電源ボタンが点滅し機器の動作が停止します。
○足をのせたまま立ち上がった時
○足のせ台を強制的に止めた時
○長時間使い続けモーターが加熱した時


健康ゆすりの時間、回数、速度について

健康ゆすりを長時間にわたって連続使用すると、股関節に過度の負荷をかけてしまうおそれがあります七1セットの時間を短めに設定し、セット回数を数多くこなすようにしましょう。また、速度の設定も重要です。初めは遅めの設定にし、ようすを見ながら徐々に速度を上げていくようにしましょう。

以前、速度を速めに設定して使用したところ、股関節にかえって違和感を覚えてしまった方もいました。しかし、速度を遅めに設定し直したところ、痛みがウソのように解消したというケースもあります健康ゆすりは、自分が心地いいと思う時間とセット回数を習慣的に行うのが理想ですもくれぐれも無理をしないようにしましょう。