健康ゆすりで激痛の股関節症を手術をせずに改善し職場の復帰ができた

人工関節の手術に踏み切れず何かよい治療はないかとずっと模索していた

私は、主人と10代の男の子の人の息子2人の4人で暮らしています。主婦業とパートの事務の仕事をしながら生活します。私は、幼少期に股関節の手術を受けたことがあります。

親の話によると、幼いころ右足の股関節が脱臼していて、発育性股関節脱臼と診断されたそうです。治療を受け、その後は問題なく過ごしていたのですが、11歳のときに行った遠足の帰りに右足のつけ根が痛みだしたんです。近みくの整形外科で診てもらったら、右股関節が外れていることがわかり、自分の骨を切って股関節の形状をよくする臼蓋形成術という温存手術を受けました。

その後、特に股関節の痛みを感じることなく過ごしてきたそうです。ところが、2年前ごろから右股関節に違和感を覚えはじめました。歩きだすときに右足のつけ根に引っかかるような違和感を覚えるようになったんです。1~2ヶ月が過ぎるころには特有の「ズキンズキン」と刺すような痛みが走りだしました。

座った状態から立ち上がったときの痛みがひどく、一歩を踏み出すのもひと苦労でした。座るときには正座をしたり、立ち上がるときにはイスにつかまるようにしたりして、自分なりに工夫をして生活をしていました。しかし、右股関節の痛みは治まりませんでした。

座った状態から立ち上がるとき、股関節の骨と骨がぶつかり合うような感覚がありました。激痛に耐えきれず、近くの整形外科で診てもらったら、右股関節が進行期の変形性股関節症と診断されたんです。医師から「人工関節に置き換える手術を検討したほうがいい」』といわれました」私は、すぐに整形外科で紹介された大学病院を受診。大学病院での診察時にも、人工関節に置き換える手術をすすめられたといいます。

担当の先生から「人工関節にすれば痛みが治まる可能性は高いが、まだ40代前半なので、将来的に人工関節の入れ替え手術が必要になるのは間違いない」といわれたんです。初めは頭が真っ白になってしまいました。でも、よく考えて「どうしても人工関節にはしたくない」とお願いしたんです。担当の医師から保存療法を行っている病院を紹介してもらいました。

「人工関節の手術を回避できる可能性がある」というお言葉をいただき。うれしさのあまり、涙があふれて止まりませんでした。先生のアドバイスどおり、太ももの骨を切って股関節の形状をよくする温存手術を受ける決意をしました。

1日2時間使ったら2ヵ月で痛みが軽減し杖を使わずに歩けた

仕事を辞めて入院し、右股関節の温存手術を受けました。温存手術は無事に成功。5ヶ月間の入院中、股関節にかかる負担を徐々に増やしながら、CPM という持続的に関節を動かす訓練装置などを使ったリハビリを行いました。さらに退院後からは、自動で簡単に貧乏ゆすりが行える足ゆらマシンという医療機器も使用しました。これが「健康ゆすり」です。

「術後の経過が良好なので、貧乏ゆすりをするといい」といわれたんです。病院にあった「健康ゆすり」の速度をいちばん遅く設定し、1セットを30分間として朝・昼・夕・晩の4セット、1日計2時間使いはじめました。はじめて使ったときは、足が軽くなったようなそんな感じがしました。

私は、1週間ごとに速度を少しずつ速め、1ヶ月後には最速に設定して使うようになりました。すると、2ヶ月後には明らかな変化が現れました。「座った状態から立ったときに感じていた痛みがなくなりました。

院後は杖を使いながら生活していたのですが健康ゆすりを購入して自宅でも使いつづけたら、杖がなくても歩けるようになりました。それまでは、手すりにつかまって1段ずつしか階段を昇れなかったのですが、スタスタと昇れるようになったんです。

股関節の痛みが気にならなくなり、以前のように問題なく家事を行えるようになりました。。さらに、股関節を動かせる範囲も改善。靴下や靴をはいたり足つめの爪を切ったりする日常の動作がらくになり、事務の仕事にも復帰することができました。

温存手術のさいに入れた固定用の金具を取り除く手術を受けたのですが、そのとき、レントゲン写真を見た先生か「股関節に骨辣という新しい骨が形成されてきており、軟骨が再生する前ぶれです」と説明してもらいました。これからも股関節に負担をかけない生活をしながら、健康ゆすりを使いつづけていきたいと思っています。