健康ゆすりで歩き始めの股関節の激痛が改善

股関節症は痛みはひどいのに治療は鎮痛剤しかない

私の趣味は読書です。週に1度は図書館に通うのが楽しみだったのですが、、2年前の春から股関節に違和感を覚えはじめ、一時期は歩くことが億劫になり、図書館通いも諦めていました。それまでは、自宅の近くに図書館があるので、毎週のように通って本を借りていました。図書館から家に帰るとき、本を10冊以上バッグに入れて歩いていたら、右足のつけ根から太もものあたりに違和感を覚えたんです。

ふだんよりも分厚い本を借りたので、荷物が重いせいかもしれないと思ったのですが、違和感は翌日になっても残っていました。しだいに右足の股関節が痛むようになりました。特に、イスから立ち上がるときや歩行時に踏み込むさいに右足のつけ根から太もものあたりにズキズキとした痛みが走るようになりました。

痛みが治まらなかったので、6月に入ってから近くの整形外科を受診しました。レントゲン検査などを受けた結果、右股関節の軟骨がすり減っていて、初期から進行期の変形性股関節症と診断されました。病院に通えばよくなると思って通院したのですが、特に治療らしい治療はしてもらえませんでした。

その後、右股関節の痛みに加えて腰痛にも悩まされるようになりました。整形外科から紹介された検査設備の整った総合病院を受診。レントゲンやMRIによる検査を受けた結果、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症を併発していることが判明しました。

腰痛を軽減するために、血流をよくする薬を飲むことになりました。右足の股関節もみ診てもらったのですが、軟骨がすり減って骨と骨のすき聞こが狭くなり、骨辣という骨の突起ができているとのことでした。総合病院でも、初期から進行期の変形性股関節症と診断されました。

右股関節の痛みに悩まされるようになってから外出するのもままならず、ずっと図書館通いをやめていました。ストレスがたまる一方だったため、腰痛の検査時に股関節の治療もしてほしい、と医師にお願いしました。

総合病院の整形外科の先生に相談したら、「変形性股関節症には有効な保存療法がないが、貧乏ゆすりで改善するかもしれない」といわれました。

貧乏ゆすりのように小刻みに足を動かすと、股関節の軟骨に栄養が行き渡るのだそうです。貧乏ゆすりを習慣的に行えば、変形性股関節症の症状の改善が期待できると説明を受けました。先生から自動で貧乏ゆすりができる「健康ゆすり」という医療機器があると教えてもらい、早速購入することにしました。

趣味の読書中に貧乏ゆすりをするだけで股関節症の痛みが半減

健康ゆすりの速度を中くらいに設定し、1セットを10分間として時間を決めずに1日に1~3時間程度使いはじめました。「家にある本を読みながら健康ゆすりを使った貧乏ゆすりを開始しました。

読書をしていると時間があっという間に過ぎるので、1日1時間以上、多いときは2~3時間使うこともあったと思います。大好きな読書をしながら貧乏ゆすりもできるので、まったく苦になりませんでした。毎日欠かさずに健康ゆすりを使いつづけると2週間がたつころには、右股関節の痛みが軽減しはじめ、立ち上がったときや歩きだしのさいに感じていた痛み半減したように思いました。

以前は右股関節が痛くて、立しゃがんだり、階段ののぼりおりが大変だったのですが、2ヶ月ほど貧乏ゆらしを行うとあれほどの痛みを感じなくなりました。台所の立ち仕事もそれほど苦にならなくなりました。図書館通いもできるようになり、ストレスも半減しました。

股関節の痛みからは解放されたのですが、今度は腰が痛くなってきました。現在は、ブロック注射で痛みを抑えています。ブロック注射のおかげで、いまは腰に痛みを感じることはありません。でも、腰の状態が悪化したら、ブロック注射も効かなくなってしまうかもしれません。貧乏ゆすりには下半身の血流を改善する働きもあるそうなので、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の改善を期待して、これからも健康ゆすりを使いつづけていきたいと思っています。