健康ゆすりで緊張の緩和により死亡率の低下、変形性股関節症の改善まで

「健康ゆすり」なら簡単に貧乏ゆすりが継続でき、股関節症の激痛解消、軟骨再生に有効

変形性股関節症の保存療法は、イスに座って症状のある脚を貧乏ゆすりするだけです。貧乏ゆすりという治療法を思いつくきっかけとなったのは、C PMという医療機器でした。

CPM]は、カナダの整形外科医ロバート・ソルター博士が考案したもので、股関節・ひざ関節の屈伸を自動的に行うリハビリテーション用の器具です。ソルター博士は、呼吸によって24時間休むことなく動きつづきける胸郭の関節には変形性関節症が起こらないという事実に気づき、動物実験の結果、関節に負荷をかけない「小刻みな摩擦運動」が軟骨の再生を促すと証明しました。

ソルター博士が開発したCPM は、高額で大きな装置のため、一般家庭向きではなく、患者さんが長時間にわたって使用するのは現実的ではありません。

そこで思いついたのが、「貧乏ゆすり」だったのです。では、貧乏ゆすりをどれくらいの期間行えば、股関節の軟骨が再生するのでしょうか。まだ研究段階ではありますが、一般的には6ヶ月~数年の継続で、効果が現れることが多いようです。よくなったある方からは「クセになるまで行った」という声も寄せられています。

ただし、長時間にわたって意識的に貧乏ゆすりをするのは、想像以上に容易なことではあり貧乏ゆすりを意識的に長く行うのは大変だが足ゆらマシンを使えば簡単に毎日、続けられるのですすべての私が提唱する変形性股関節症の保存療法は、イスに座って症状のある脚を貧乏ゆすりするだけです。

足を乗せるだけで自動的に揺らしてくれる、健康ゆすりとでも呼ぶべき貧乏ゆすり器を導入しています。足ゆらマシンを1日2時間使用すれば、多くの場合、数ヶ月から数年の継続で股関節の隙間(関節裂隙) の拡大がレントゲン写真で確認できるようになります。痛みなどの症状ならば、2~3ヶ月で消失した例が数多く見られます。

健康ゆすり

話題沸騰の健康有名番組でも続々紹介。ゆすってすっきり、足ホンワカ。股関節・膝・かかと・爪先等、下肢にお悩みを持つ方の運動を補助する医療機器。

■使用方法
1.椅子に座って使用しましょう。
2.膝の角度が90度以下が効果的です。
3.かかとを載せるときは、つま先は床に付けて下さい。
4.つま先や土踏まずを載せることも出来ます。
 さらにパットを使用するとつぼを刺激します。
5.主電源を切った状態でコンセントに差し込んで下さい。
6.時間は、5分・10分・20分の3段階から選べます。
7.速度は、スライドつまみで調整が出来ます。

■安全機能
下記の場合電源ボタンが点滅し機器の動作が停止します。
○足をのせたまま立ち上がった時
○足のせ台を強制的に止めた時
○長時間使い続けモーターが加熱した時


健康ゆすりの時間、回数、速度について

健康ゆすりを長時間にわたって連続使用すると、股関節に過度の負荷をかけてしまうおそれがあります七1セットの時間を短めに設定し、セット回数を数多くこなすようにしましょう。また、速度の設定も重要です。初めは遅めの設定にし、ようすを見ながら徐々に速度を上げていくようにしましょう。

以前、速度を速めに設定して使用したところ、股関節にかえって違和感を覚えてしまった方もいました。しかし、速度を遅めに設定し直したところ、痛みがウソのように解消したというケースもあります健康ゆすりは、自分が心地いいと思う時間とセット回数を習慣的に行うのが理想ですもくれぐれも無理をしないようにしましょう。