原因のわからない痛みや、病名はわかっていても慢性的に継続する痛みなど、さまざまな痛みに困っている人は大勢いますが、ここは、三井式温熱治療器 温熱療法で実際煮痛みが軽減したり、不快な症状が改善した体験談です。

遠赤外線を放出する温熱器は、体の深部まで熟を伝えることで、筋肉の緊張を嬢和し、血流の改善が期待できるとわかったのです。遠赤外線を放出する温熱療法は、入浴や、岩盤浴などの温熱刺激より、温熱効果が非常に高く、長続きします。

冷え取り靴下の口コミ、使用感、効能・効果一覧 | impressions

夏でも靴下が必須の体質だったのに足の冷えがすっかり解消

「調子悪い」「だるい」が口癖になるくらい、以前の私は慢性的な体調不良でした。体調不良といっても、理由はわからず、病気ではないようでした。

しかし、体がどうにもだるいのです。家事をするにもしんどくて、1つ何かをするたびに横になる...というありさまでした。そんな私に「温熱療法」を教えてくれたのは、大病で闘病中の友人でした。半信半疑ではありましたが、試すことにしました。

また「温熱」という言葉にも惹かれたからです。年齢を重ねるごとに、冷えがひどくなっていたことが理由です。冬は寝るときも靴下をはくのが当たり前で、湯たんぽがないと足が冷えて寝つけませんでした。

最近は、夏でも靴下が必要なほどです。ですから「温める」療法が自分に合っていると思えたのです。とりあえず、温熱療法を受けられる治療院に行って施術を受l与りてみました。施術後は、正直「なんとなく楽になったな」程度だったのですが、不思議なことに、2 日め、3日めと体がどんどん軽くなっていきました。

1年くらい温熱療法を積極的に続けたら、不思議と「働きに出ようか」という気になつてきました。以前の、何もしたくなかった私とは大違いです。今は、保育園の補助職員として働いています。そういえば、先日、こんなこともありました。

40代で受けた子宮筋腫の手術の後遺症でS字結腸の癒着が見つかったのです。病院で大量の下剤を処方され、「一生下剤とつきあうのか」と一旦は絶望したのですが、温熱療法器でおなかを頻繁に温めたところ、驚くべきことが起こりました。

なんと1ヶ月半で健康的な便が出るようになったのです。関係性はわかりませんが、私は温熱療法のおかげだと思っています。こうした体調の不安や足の冷えや便秘が解消し、喜びいっぱいです。しかし、いちばん大きな変化は気持ちが前向きになったことだと思います。今は、働けることが自信につながっています。この年齢で変われたことにも驚いており、温熱療法には感謝してもしきれません。

免疫力アップに三井式温熱治療器を使った「温熱療法」患部が温まれば痛みは消える

肩と首のチガチのコリが取れた

中学生のころから頭痛持ちで、ありとあらゆる市販の鎮痛剤を試したのですが、どれも効きが悪くとても悩みました。MRIをとったりして脳の血管なども調べましたが頭痛の要因になるものはないと言われました。

1度頭痛が始まると、寝ても起きても、じっとしていても痛いのです。頭痛外来にも行ったことがありますが、薬が体に合いませんでした。それを飲むと、血の気がスーツとひいて体を動かせなくなってしまうのです。結局その病院に通うのはやめました。

30歳で結婚したことをきっかけに、今度は別の頭痛外来を受診しました。血管を収縮させる薬を処方され、今度は以前のようなことはなく、飲むと痛みが落ち着きます。

以来、ずっと、頭痛のたびにこの薬を飲むようになりました。しかし、ここ1年くらい、頭痛薬を飲む回数がぐつと減っています。

週に1〜2回は起きていた頭痛が、1ヶ月まったく起きないこともあるからです。頭痛が改善したのは、「温熱療法」のおかげでしょう。温熱療法の施術を毎週受けていたら、頭痛が起こらなくなってきたのです。

以前までは、2週間に1度、病院で頭痛薬を処方してもらっていたのですが、今は3ヶ月に1度でも、薬が余ってしまうほどです。

頭痛薬を常に4回分は持ち歩いていましたが、最近は持つのを忘れて出かけることもあります。考えてみると、頭痛薬は痛みを止めるだけの対症療法ですから、頭痛が完全になくなることはありません。体質そのものを変えなければいけなかったのだと思います。

残念ながら、何が痛みの原因なのかはよくわかっていません。ただ、自分の体質が改善されたという実感があります。

たとえば、美容院で肩をもんでもら、つときには、思いきり力を入れてもらっていました。肩と首があまりに凝っていて、ガチガチだったからです。しかし、温熱療法を始めて美容院に行ったときには、ちょつと触られただけで痛くて、揉んでもらうのを断ったほど、コリが改善してきたのです。

肩がガチガチであたり前と思っていましたから、コリを自分では感じなくなった毎日を快適に過ごしています。温熱療法は私の生活の要となりつつあるので、これからも続けるつもりです。

温熱療法のメリット

片頭痛は、ふだんは血流が悪いところに急激に血液が流れ込むと、血管が拡張してその周辺に痛み物質が生じて起こります。温熱療法で首や肩のコリが取れたことで、頭の血流が改善されて、片頭痛が起きにくくなったのでしょう。

わずか1ヶ月半でめまい、治りにくかった耳鳴りを撃退

「凍えるように体が冷える」と母が頻繁に口にするようになったのは、60歳を過ぎたあたり頃からですそのうえ、心臓がぎゅっと締めつけられて息ができないというのです。

体の冷えとも関係あるのかもしれないと思い、体を温める治療をしてくれるところを探しました。それで見つけたのが、今通っている「温熱治療」を行う病院です。1回めの温熱療法の施術直後から、母は「体が温かくなった」と喜んでいました。

2週間おきに通うようになり、いつの問にか心臓の締めつけがなくなったようです。

母の変化を目の当たりにし、私も施術を受けたくなりました。それというのも、私にも、めまいと耳鳴りという悩みがあったからです。めまいや耳鳴りが始まったのは、まだ学生のころでした。病院で検査を受けても原因がわからないので治しようがありませんでした。

めまいは倒れるほどではありませんが、突然クラクラッととなるので不安ですし、めまいがしているあいだは気持ちが悪くなります。

高音でキーンと鳴る耳鳴りは、会話やテレビの昔が聴き取りにくいので不便でした。初めて温熱療法を受けてみて、まず驚いたのが熱さでした。体のかたくなっているところほど熱く感じるのです。私の場合はいつさわっても左下腹部が硬かったのですが、そこがいちばん熱く感じました。

耳鳴りもめまいも2〜3日に1 回の頻度で起きていましたが、母といっしょに温熱療法を受けていたら、だんだんと起こらなくなりました。1ヶ月半後には、めまいも耳鳴りからは完全に解放されました。今は家にも温熱療法器があるので、毎日自分でもできますし、母にもやってあげられます。温熱療法の勉強もして、療法士の資格も取りました。温熱療法との出合いが私の人生を変えたといっても過言ではありません。

免疫力アップに三井式温熱治療器を使った「温熱療法」 | サプリ 効果

温める事のメリット

三半規管の血流が悪かったりリンパ液が増えると、めまいや耳鳴りの原因となります。温熱療法で血流とリンパの流れがよくなったので、めまいと耳鳴りが解消されたと考えられます。冷えの解消も、温めて交感神経の緊張が取れたためでしょう。

その年齢ですごい!と周囲の人に驚かれる

4年前、病院で検査を受けた折に肺に変な影があると診断されました。大病の可能性があるとのことで、以来、自分でも健康法をいろいろと調べるようになつたのです。

そんなとき、代替医療に力を入れているクリニックの医師から「温熱療法」というものを教わりました。毎日1時問、長いときには2時間、背中を温めるようにしたのです。すると半年後、CTスキャンを受けると肺の影が小さくなっていたのです。

医師は、最初こそ半信半疑で驚いていました。しかし、私から温熱療法のことを問いて「初めて聞きましたが、体を温めて免疫力を上げるというのは問違っていないように思いますね」と感心したようにいってくれました。

それからさらに4年経った今も、私は元気に暮らしています。カゼをひいても自慢の自然治癒力で治しているのです。最大血圧も180~220mHg(基準値は140mmHg未満)程度あったのですが、今では160mHg台をキープできています。あと少しで基準値内まで下がるかもしれません。

足腰も、温熱療法のおかげでよくなりました。以前は、ショッピングでたくさん歩くと、その晩はきまって足がつっていましたが、温熱療法器で太ももとふくらはぎをよく温めるとつらずに済みます。

また、子供や孫たちが遊びに来るときも役に立っています。というのも、人が遊びに来ると台所に立つ時間が長くなりますから足腰が痛くなるのです。いつもであれば、10分おきに座って休まなければいけなかったのですが、今は30分くらい立ち続けていてもなんともありません。

突然、耳鳴りが始まったときにも温熱療法は活躍してくれました。鍼灸師から「腎系かもl。しんしれない」と聞いたので、腎の経絡に関係しているという足の裏や背中に温熱療法を施しました。すると、すぐに症状が改善しました。もともと元気でしたが、温熱療法を始めてからはさらに元気になり、「すごく元気ね」「80過ぎなのにすごいわね」と誰もが驚きます。温熱療法に出合えて、心の底からよかったと思えます。

免疫力アップに三井式温熱治療器を使った「温熱療法」 | サプリ 効果

温める事のメリット

体を温めると免疫力が高まるという報告があります。温熱療法器で体の深部まで温まったことが、肺の影の縮小に関係していると推定されます。健康的な生活を心がけて、免疫力を下げることをしなかったのもよかったのでしょう。