中学生の頃からのひどい頭痛が温熱療法で改善

肩と首のチガチのコリが取れた

中学生のころから頭痛持ちで、ありとあらゆる市販の鎮痛剤を試したのですが、どれも効きが悪くとても悩みました。MRIをとったりして脳の血管なども調べましたが頭痛の要因になるものはないと言われました。

1度頭痛が始まると、寝ても起きても、じっとしていても痛いのです。頭痛外来にも行ったことがありますが、薬が体に合いませんでした。それを飲むと、血の気がスーツとひいて体を動かせなくなってしまうのです。結局その病院に通うのはやめました。

30歳で結婚したことをきっかけに、今度は別の頭痛外来を受診しました。血管を収縮させる薬を処方され、今度は以前のようなことはなく、飲むと痛みが落ち着きます。

以来、ずっと、頭痛のたびにこの薬を飲むようになりました。しかし、ここ1年くらい、頭痛薬を飲む回数がぐつと減っています。

週に1〜2回は起きていた頭痛が、1ヶ月まったく起きないこともあるからです。頭痛が改善したのは、「温熱療法」のおかげでしょう。温熱療法の施術を毎週受けていたら、頭痛が起こらなくなってきたのです。

以前までは、2週間に1度、病院で頭痛薬を処方してもらっていたのですが、今は3ヶ月に1度でも、薬が余ってしまうほどです。

頭痛薬を常に4回分は持ち歩いていましたが、最近は持つのを忘れて出かけることもあります。考えてみると、頭痛薬は痛みを止めるだけの対症療法ですから、頭痛が完全になくなることはありません。体質そのものを変えなければいけなかったのだと思います。

残念ながら、何が痛みの原因なのかはよくわかっていません。ただ、自分の体質が改善されたという実感があります。

たとえば、美容院で肩をもんでもら、つときには、思いきり力を入れてもらっていました。肩と首があまりに凝っていて、ガチガチだったからです。しかし、温熱療法を始めて美容院に行ったときには、ちょつと触られただけで痛くて、揉んでもらうのを断ったほど、コリが改善してきたのです。

肩がガチガチであたり前と思っていましたから、コリを自分では感じなくなった毎日を快適に過ごしています。温熱療法は私の生活の要となりつつあるので、これからも続けるつもりです。

温熱療法のメリット

片頭痛は、ふだんは血流が悪いところに急激に血液が流れ込むと、血管が拡張してその周辺に痛み物質が生じて起こります。温熱療法で首や肩のコリが取れたことで、頭の血流が改善されて、片頭痛が起きにくくなったのでしょう。