原因不明の体調不良が温熱療法ですっかり治った

夏でも靴下が必須の体質だったのに足の冷えがすっかり解消

「調子悪い」「だるい」が口癖になるくらい、以前の私は慢性的な体調不良でした。体調不良といっても、理由はわからず、病気ではないようでした。

しかし、体がどうにもだるいのです。家事をするにもしんどくて、1つ何かをするたびに横になる...というありさまでした。そんな私に「温熱療法」を教えてくれたのは、大病で闘病中の友人でした。半信半疑ではありましたが、試すことにしました。

また「温熱」という言葉にも惹かれたからです。年齢を重ねるごとに、冷えがひどくなっていたことが理由です。冬は寝るときも靴下をはくのが当たり前で、湯たんぽがないと足が冷えて寝つけませんでした。

最近は、夏でも靴下が必要なほどです。ですから「温める」療法が自分に合っていると思えたのです。とりあえず、温熱療法を受けられる治療院に行って施術を受l与りてみました。施術後は、正直「なんとなく楽になったな」程度だったのですが、不思議なことに、2 日め、3日めと体がどんどん軽くなっていきました。

1年くらい温熱療法を積極的に続けたら、不思議と「働きに出ようか」という気になつてきました。以前の、何もしたくなかった私とは大違いです。今は、保育園の補助職員として働いています。そういえば、先日、こんなこともありました。

40代で受けた子宮筋腫の手術の後遺症でS字結腸の癒着が見つかったのです。病院で大量の下剤を処方され、「一生下剤とつきあうのか」と一旦は絶望したのですが、温熱療法器でおなかを頻繁に温めたところ、驚くべきことが起こりました。

なんと1ヶ月半で健康的な便が出るようになったのです。関係性はわかりませんが、私は温熱療法のおかげだと思っています。こうした体調の不安や足の冷えや便秘が解消し、喜びいっぱいです。しかし、いちばん大きな変化は気持ちが前向きになったことだと思います。今は、働けることが自信につながっています。この年齢で変われたことにも驚いており、温熱療法には感謝してもしきれません。

免疫力アップに三井式温熱治療器を使った「温熱療法」患部が温まれば痛みは消える