骨密度は高くても骨折する

骨粗鬆症という病気をご存知ですね。骨がスカスカになり、もろくなってしまう病気です。骨がもろくなれば、骨折も多くなります。とくに、高齢者などでは大腿骨と骨盤の付け根(大腿骨骨頭) を骨折し、そのまま寝たきりになつてしまうケースも数多く報告されています。

では、「骨がスカスカになる」というのは、具体的にどのような状態なのでしょう。骨粗鬆症の患者さんのエックス線写真からは、骨の内部の密度があきらかに低下しふて、味噌汁などに入れる毅のような状態になっていることがわかります。

「これでは、骨折しやすくなるのも当然だ」と誰もが感じるのではないでしょうか。ところが、最近の研究で「骨密度で説明できる骨折リスクは70 %」と報告されました。つまり、骨密度の高低だけが骨折の原因ではなく、たとえ骨密度が正常であっても骨折する人が30 % いるということです。

ここには、骨の新陳代謝が深くかかわっています。骨は破骨細胞により、およそ20日間かけて壊され、骨芽細胞が約90日で再生します。この間の再生中の骨は、小さなへこみができているような状態ですから、折れやすくなるのです。

また、破骨細胞の働きを抑える女性ホルモンが減少すると、破骨活動が活発となり、ますます骨折リスクを高めます。日本骨粗軽症学会の『骨租老症の予防と治療のガイドライン2006年版』によれば、同じ骨密度であっても、次のような項目に当てはまる人は、骨折リスクがその分だけ高まるとしています。

  • 過去にささいなことで骨折したことがある人(2 倍)
  • 喫煙習慣のある人(1.3~1.8倍)
  • 日本酒換算で1日2合以上の飲酒習慣のある人(1.3~1.7倍)

いかがですか? もし、該当する項目があれば、たとえ骨密度に自信があっても、骨折には十分に注意してください。

骨粗鬆症に関連する記事一覧 | 健康メモ

水虫は薬不要で治る?

いまや、水虫大国と言われる日本。推定では、なんと3,000万人もの方が水虫に悩んでいます。なかには、「お父さんに家族全員が水虫をうつされてしまった 」という笑い話ではすまされないケースもあり、もはや「たかが、水虫」と言ってはいられない状況です。

水虫治療の基本は、清潔、乾燥、薬物療法が一般的な常識です。でも、皮膚科にかかることもなく、「足指を酢につける」「殺菌力の強いニンニクを靴に入れる」「熱い砂浜を歩く」などといった民間療法で治療しょうとする人が多く、医師として驚かされます。

民間療法のすべてを否定するわけではありませんが、はっきり言って、水虫に対するこの種の民間療法はまったく効果がないと断言します。

酢やニンニクの殺菌力は認めますが、水虫の元凶の白癖菌を死滅させるほどのものではありません。なぜなら、白癖菌は皮膚の表面にくつついているのではなく、奥のほうに根を張って棲息しているため、いくら酢やニンニクで表面を殺菌しても白癖菌にはほとんどダメージを与えることはできないのです。

同様の理由で、夏の灼熱の砂浜を裸足でいくら歩いても、水虫を治すことは不可能です。逆に、このような民間療法を長く続けていると、皮膚がただれたり、かゆみが強くなったりすることがあるので注意してください。

いまは、治療効果の高い塗り薬や飲み薬が開発されています。根気よく2~3ヶ月治療を続ければ、水虫の症状が治まってきます。

ただ、皮膚科にかかって治療した結果、かゆみが軽減すると「もう、治った」と自己判断し、通院をやめてしまう人も多いようです。これでは、生き残った白癖菌が、やがて復活し、再発します。やはり、医師に「治りました」と言われるまでは、水虫を徹底的に治すという意志を持ち、治療を根気よく続けることが大切なのです。

水虫 | 薬の選び方

やけどをしたら患部に氷水を当てる?

家事に追われる主婦の方にとって、「やけどなど、いちいち気にしていられない」というのが本音でしょう。でも、実際にやけどをした時、どのような処置をしていますか。

やけどは、その範囲の大小にかかわらず、体に大きなダメージを与えます。やけどあとをした時正しい処置を行なえば、痕も残らずきれいに治るのですが、氷水を当てたり、市販のクリーム薬を塗ってお茶をにごしているというなら、ちょっと待ってください。

なぜなら、氷水を当てると、冷たい氷とやけどをした皮膚の間にぬるい水の層ができてしまいます。このぬるい水の層は動くことがないので、かんじんなやけどをした部位を冷やすことができません。

やけどをした時、まず、最初にしなければならないことは水道水を流しながら、最低10分以上冷やすこと。これが、やけどに対する最善の対処法です。

冷やすことで、やけどをした部分のさまざまな病変の進行が止まり、痛みも軽減されます。また、やけどをした部位の化膿防止という意味からも、流水で細菌を洗い流したほうがいいのです。

顔や頭など水をかけにくいところは、一般的には氷水に浸したタオルや氷嚢などで冷やしてもいいと言われていますが、前述のとおり、あまり効果は期待できません。

洗面器やホースを使い、なるべく流水で冷やすようにしてください。ただし、皮膚に衣服がくつついているようなやけどの場合は、服は脱がさずに、そのまま冷やしてください。無理に服を脱がすと、患部に大きなダメージを与えてしまいます。

また、やけどの範囲が体表面積の1 %以上の場合は、十分に冷やしたあと、必ず病院に行ってください。体表面積の1 %の大きさとは、おおよそ手のひらぐらいです。これ以上のやけどは感染症などの恐れもあり、自己治療は危険です。

やけどの治療に使うアロエの使用方法

鼻血が出たらティッシュを鼻に詰める

のぼせたり、異常に興奮したりすると鼻血が出た、という経験のある人は多いのではないでしょうか。とくに、思春期などには、ちょっとしたことで鼻血がでてしまう... という人もけっして少なくないと思います。

ただし、鼻血を軽く見てほしくありません。鼻血の原因には「局所的原因」と「全身的原因」のふたつがあり、ほとんどのケースが前者で、鼻の鼻中隔(鼻腔をふたつに分ける壁) という部位の、前方にあるキーゼルバッハと言われる部位からの出血によるものです。

キーゼルバッハにはたくさんの毛細血管があり、表面は薄い粘膜で覆われています。そのうえ、鼻の入口に位置するため、傷つきやすく、心身に大きなストレスがかかると出血しやすくなるのです。

いっぼう全身的原因には、血友病、紫斑病などの血液の病気や肝臓病、さらには高血圧など血管から出血しやすくなる病気により、鼻血が出ることがあります。

また、生活習慣病などで動脈硬化が進み、血管壁が弱まることが原因で鼻血が出ることがあるので、注意が必要です。

もし、頻繁に鼻血が出るという人は、1度、精密検査を受けることをおすすめします。

さて、ちょつとした鼻血、つまり、局所的な鼻血の処置法として、一般的に行なわれているティッシュを鼻に詰めて止血するのは正しいのでしょうか?

これは残念ながら誤りです。ティッシュを詰めると、逆に鼻の粘膜を傷つける可能性が高く、うまく傷口を圧迫することも困難です。

その結果、さらに出血をうながすことも考えられます。また、鼻血が出たら上を向いたり、うなじをトントン叩いたりすると鼻血が止まるというのも医学的には迷信です。

それでは、鼻血が出た時、どのように対処したらいいのでしょう?まず、俗に小鼻(鼻翼) と言われる場所を親指と人差し指で5分以上、強く圧迫してください。これで、ほぼ出血は止まります。さらに、鼻の上部(目と目の間) を氷嚢で冷やすと止血効果がさらに高まります。

擦り傷、切り傷は消毒が欠かせないは昔の話

元気なお子さんのいる家庭では、すり傷や切り傷は日常茶飯事。薬箱には消毒薬の白チン(塩化ベンゼトニウムなど) が常備されているのではないでしょうか。

そして、病院にかかるほどでもない、ちょっとした小さな傷は、消毒をしたあと、ガーゼつきの絆創膏などで保護しているのではないかと思います。この処置は、以前だったら正解でした。

私の子どもの頃は、赤チン( などが大活躍したものです。そして、毎日消毒を繰り返すとともに、化膿させないようになるべく早く傷を乾燥させ、かさぶたを作ったほうが治りは早いと信じられていました。

ところが最近は、消毒や乾燥させないほうが、傷は早く治ると言うのです。消毒をすると、刺激性のある消毒液が、細菌より先に自然治癒力を持った皮膚の細胞を殺してしまいます。消毒した時、傷がシミたり、痛んだりするのは、正常細胞にダメージ与えているからです。

全国的にも珍しい「傷の治療センター」を備える石岡第一病院の夏井睦医師は、「傷は消毒をせず、乾燥もさせず、ラップのようなもので覆ったほうが早く、きれいに治る」と話されています。

実際に、外科の現場もいまや、手術後の傷を消毒する病院はほとんどなくなり、手術室で傷をラップ状のもので密閉したあと、1週間ほどそのままにしておくという処置法が主流です。

医学常識は、さまざまな研究の進展などで覆ることがありますが、これもそのひとつです。それでは、すり傷や切り傷の正しい処置は、どのようにしたらよいのでしょうか?

少し前の消毒薬だったらこちら

まず、傷についた細菌を流し落とすために、10分以上、流水で洗います。その後は、ラップを貼りつけたり、くるんだりしておけば、白自チンなどで消毒をする必要はありません。

それだけで、ほとんどのすり傷、切り傷はきれいに治ります。お子さんが次に傷を作った時には、この処置を試してみてはいかがでしょうか。消毒によるシミや痛みがないので、喜ぶでしょう。ただし、毎日流水で傷口を洗い流すことを忘れずに。

そして、治りが悪い時には医療機関の受診をおすすめします。

妊婦はインフルエンザの予防接種は避ける

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「妊娠中にインフルエンザに感染すると、心臓や肺の機能が悪化して、命にかかわる病気になる危険度が増す。流産や早産、胎児の発育遅延を引き起こす可能性も高くなる」と言われています。

このため、妊娠中にインフルエンザシーズンを迎える妊婦さんは、インフルエンザワクチンの接種を受けるべきか、やめるべきか...と、おおいに悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

胎児への影響を考え、なかなか決断できないという気持ちも十分に理解できます。ただ、インフルエンザワクチンは病原性をなくした不活ワクチンなので、妊婦や胎児に対する影響がほとんどなく、安全性が高いと言われています。アメリカでは、妊娠期間がインフルエンザシーズンにかかるすべての妊婦に、ワクチン接種がすすめられ、毎年、約60万人に季節性ワクチンを接種しています。

それでも、母体や胎児に対する大きな問題はいままで報告されたことはありません。日本では「妊婦へのワクチン接種は避けたほうがいい」という慎重な意見もあり、接種する妊婦は、それほど多くはありませんでした。

しかし最近、妊婦はインフルエンザウィルスに感染すると重症になる危険性が高いことが指摘されるようになり、産婦人科系の医師や学会を中心に、妊婦に対してもインフルエンザワクチンを接種しようとする考え方が主流になっています。

ワクチン接種のメリットとデメリットを比較すれば、メリットのほうがはるかに大きいと思います。妊娠中でもワクチン接種を受けたほうがいいのです。ただし、頻度は低いものの、インフルエンザワクチンとギランバレー症候群との関連性が報告されているので、この病気を持つ人は接種を控えたほうがいいでしょう。

また、ワクチン製造過程で鶏卵が用いられることから、卵アレルギーのある人も注意が必要です。いずれにしても、妊婦さんは定期的な検診があるはずですから、主治医や助産師とよく相談して、接種を受けるかどうか判断されるといいでしょう。

現代人の体温は昔より低い

市販の風邪薬は・風邪を治す薬

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

風邪薬をいくら飲んでも、風邪を根本から治すことはできません」これは本当の話です。病院で処方される薬も市販薬も、咳、鼻水、鼻づまり、発熱などの風邪の症状を緩和して、体を楽にするだけの対症療法薬に過ぎません。

総合感い胃薬と呼ばれる薬も、解熱鎮痛剤、鎮咳去疾剤、抗ヒスタミン剤などをバランスよく複合した医薬品であり、風邪を治すことはできません。

風邪の90 %以上は、ウィルス感染により発症します。したがって、風邪を根本的に治すためには、ウィルスを退治する薬が必要です。

「タミフル」や「リレンザ」といった薬は、インフルエンザウィルスを退治する抗ウィルス薬ですが、あくまで抗インフルエンザウイルス薬であって、通常の風邪には効果はありません。

また、風邪の原因となるウィルスはおよそ200~300種類とひじょうに多く、それぞれの大きさ、性質、増殖部位が異なることから「すべてのウィルスに効果のある薬」の開発は困難です。

したがって、ウィルス退治は体の免疫機能に委ねるしかありません。風邪の治療に休養と栄養補給が重要なのは、この免疫機能を十分に働かせるためなのです。

ところが、抗生物質で風邪が治ると誤解されている患者さんも少なくありません。「抗生物質は細菌を殺すのだから、ウィルスにも効果があるはずだ」と信じ込んでいらっしやるようです。

細菌とウィルスはまったく別ものです。細菌の大きさはウィルスの何十~何百倍もあり、なかには肉眼で見えるものもありますが、ウィルスは電子顕微鏡を使わない限り見えません。

また、細菌は自分自身が分裂して増殖できるのに対し、ウィルスは他の生物に寄生して、その生物の力を借りて増殖します。ですから、抗生物質がいくら細菌退治に効果があっても、風邪に効くことはほとんどありません。

抗生物質は万能薬ではないし、過剰に使用すると、細菌に耐性ができて、抗生物質の効かない細菌が蔓延してしまうことがあることも覚えておいてください。

風邪薬は症状に応じて選ぶ。総合感冒薬、鎮咳去痰薬、漢方薬

風邪の時の入浴はNG?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

風邪をひいたら汗をかくは間違いからすると入浴はNGのように思いますが真意はどうでしょう?

「風邪を引いているのですが、入浴してもいいですか? 」と患者さんによく尋ねられます。そんな時私は、患者さんの全身状態を診て、問題がなければ「いつもと同じ入浴ではダメですが、ぬるめのお湯で「カラスの行水」程度ならいいですよ」と答えることにしています。

それでは、なぜ、「いつもの入浴」はいけないのでしょうか。それは、入浴をするとエネルギーが消費され、体力が著しく消耗するからです。

たとえば、20歳代の体重65kgの男性が30分間入浴すると、100kcalほど消費します。これは30 分間の自転車こぎや、1時間程度のウォーキングとほぼ同じエネルギー消費量です。

風邪で体調がすぐれない時、体力を消耗すれば、治りが遅くなってしまいさらに、湯冷めが問題です。健康な人でも湯船でゆったり温まったあと、脱衣所に行くとブルッと震えることがありますが、熱の出ている人は自分の体温と外気温との差が大きくなるので、よけいに体温が奪われやすくなるのです。

「それなら、すぐに服を着ればいい」と思うでしょうが、風呂から上がって水滴をよく拭き取っても、しばらくは体温調節のために汗が出ています。その状態で下着を着けると、布地に汗がしみ込み、湿った状態になります。その汗が蒸発する時、体温を奪い、体を冷やします。

したがって、風邪を引いている時は「疲れず、湯冷めのしない風呂の入り方」をしなければなりません。

それが、カラスの行水です。ぬるめのお湯にさっと入って、体を洗って上がります。この時、脱衣所や風呂場をあらかじめ暖めておき、タオルで汗を拭き取ったあと、しばらくしてから服を着ると、疲労や湯冷めを防げます。っまり、風邪を引いている時の入浴はかまいませんが、入り方がポイントになるということです。

風邪・気管支炎・扁桃腺炎」体の冷えと血液の汚れが原因

風邪をひいたら汗をかくは間違い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「風邪を引いたら、大量に汗をかくようにして熱を下げればいい」という話をよく耳にします。なかには「たくさん着込んで布団を被って温かくして寝れば、風邪など一発で治る」と信じ、実際に行なっている方もいます。

たしかに、漢方薬のなかには発汗をうながして解熱させる効能を持つものもあり、いまでも、風邪の初期段階で発汗していない時に処方されることはあります。

しかし、体を熱くするような行為で、患者さんに無理矢理、汗をかくよう指導する医師は、いまや皆無でしょう。

何より熱が上がっている時に、着膨れするほど厚着をさせれば、患者さんがつらいだけでしょう。それでなくても、青息吐息の状態なのに、大量に汗をかけば、著しく体力を消耗させてしまいます。

とくに、体温調節が未熟な子どもや、体力のない高齢者にはひじょうに危険です。突然、体調が悪化することもあるので、厚着をさせるのは極力避けるようにしてください。おかんもちろん、適度な室温を保つことは必要です。また、熱の上がりはじめに悪寒を感じる時は、布団や毛布などで体を温めなければなりません。

無理な発汗は、体内の水分を急速に失わせ、脱水状態に陥る可能性を高めます。ここに体の疲労が重なると、風邪を長引かせるばかりか、症状をこじらせて肺炎などの危険な病気につながることもあるのです。

風邪の治療に特効薬はありません。一定経過をたどりながら自然に治っていくものですから、水分と栄養を補給しながら、ゆっくり静養するのが一番です。

それでも高熱が続いて苦しい時や、どうしても熟を下げたいという時は、太い血管の集まる脇の下や、首の周囲を冷たいタオルで冷やし、物理的に体温を下げるほうが発汗療法より確実ですし、脱水予防のためにもよいのです。

風邪・気管支炎・扁桃腺炎」体の冷えと血液の汚れが原因

風邪の発熱は薬で下げるのはNG

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

風邪やインフルエンザに感染すると、38度以上の発熱が数日間続くことも珍しくありません。これは人間の免疫機能を担う白血球が、体に侵入した「敵(細菌、ウイルス)」をやっつけようと必死に戦っているからです。

体は、発熱することで、熱に弱い細菌やウィルスを効率よく退治する防御システムを持っています。したがって、風邪やインフルエンザに感染して発熱した際には、安易に解熱剤で熟を下げるべきではありません。薬の力で、すぐに熱を下げる行為は、奮闘する白血球の足を引っ張ることにほかならないのです。

免疫力は、体温が1度上がれば約5倍に高まり、1度下がればおよそ30%低下すると言われています。38度台までの発熱ならば、あわてて薬で熱を下げる必要はありません。自然に落ち着くまで、水分補給を欠かさず、安静を保つように心がけましょ、う。

しかしいっぼうで、内臓機能は熱が1度上がると、10%近く低下するという説もあります。とくに胃腸症状がある場合、水分補給の不足と下痢、さらに高熱による発汗から急激な脱水となり、全身状態が悪化してしまいます。

39~40度の高熱が1日以上続く場合は、体が受けるダメージもかなり大きくなると考えられます。このような場合、解熱剤が必必要ともありますが、まずは家庭で体を適度に冷やしながら、自然な解熱を試みてください。

かつて、発熱の際には額の上に冷たいタオルを当てたり、氷嚢を載せたりするのが定番スタイルでした。近年では冷却シートが人気のようです。しかし、おでこを冷やすこの方法、気持ちはよくても熟を下げるためには有効とは言えません。熱を効率よく下げたいのであれば、皮膚の浅いところを走る動脈を冷やし、全身を巡る血液の温度を下げることです。

首筋、脇の下、そして、ももの付け根を布で包んだ保冷剤などで冷やせば効果的です。

風邪・気管支炎・扁桃腺炎」体の冷えと血液の汚れが原因