糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよい

糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよいでしょう。最近は、あらゆる健康法に注目が集まりますが、糖質を極力減らす方法、糖を全く摂らない方法、糖質制限食など 糖 摂取 を控える、または断つ方法が多いことに気づきます。昔からある健康法で白米を玄米にかえる、白パンをライ麦パンなどにかえる方法も 糖 中毒 を抑えるための方法のひとつです。

loaf-gdaeb120f5_640.jpg

糖質 中毒 脳に快楽物質が分泌される

最近は、糖質の摂取を極力抑える健康法があちこちで注目されています。糖質の摂り方が見直されつつあります。糖質はとり続けると中毒になってしまいます。ところが、糖質制限食にチャレンジをしてみたものの、ほとんどの人が挫折しています。

それどころか、ごはんや麺類を我慢していた反動で過食に走り、リバウンドしてさらに太った人も多いのが現状です。なぜ糖質制限が失敗するかというと、糖は中毒性が強いからです。麻薬やタバコ、アルコールなどと同じように依存性があります。

糖は、脳内の神経伝達物質に影響を及ぼします。糖質を摂ると、脳からは快楽物質である β-エンドルフィン が分泌されます。 β-エンドルフィン は脳内麻薬ともいわれ、肉体的な痛みや疲労が高まると分泌され、苦痛やストレスを和らげる働きをしています。

マラソンなどで苦しい状態が続くと、脳内でそのストレスを軽減するために β-エンドルフィン が分泌され、やがて快感や陶酔感を覚えるようになります。これを一般には「ランナーズ・ハイ」と呼んでいます。

これと同じ現象が、糖質を摂ると脳内で起こるのです。 β-エンドルフィン が分泌されて幸せな気分になり、さらには満足感や快感が得られることで、「炭水化物=おいしい」と脳が認識し、「もっともっと」という欲求が高まります。

そのため、糖分を摂らずにいるとイライラしたり、落ち込んだりという禁断症状が現れ、そこで甘い物を口にすると安心感や幸福感に包まれて気持ちも落ち着きます。ですから、ひと口でやめようと思っていても、気がついたらチョコレート1箱全部を1人で食べてしまったりするわけです。お腹がすくと機嫌が悪くなる人がいますが、この場合もかなり糖質に依存しているといえます。

断糖 しか中毒を抜け出せない

このように糖質には依存性があるので、制限するのでは意味がありません。麻薬患者に対して麻薬をやめさせるとき、麻薬の量を少しずつ減らしていくような治療はしません。スパッと完全に麻薬を断たなければ、中毒を治すことはできないのです。

糖質中毒も同じです。制限があるにせよ糖質が摂れるということは、食べれば β-エンドルフィン が分泌されて脳が喜び、もっと欲しくなって、なかなか糖質から離れることができなくなります。

「ちょつとぐらいなら大丈夫だろう」とか「明日からちゃんとやろう」という、甘い気持ちが芽生えるようになるから失敗するのです。したがって、断糖することが重要なのです。

急に 断糖 は体にもストレス まずは パクパク酵母くん で糖質カットをはじめよう

これまで普通に炭水化物や甘いものを食べる生活習慣だった人が急に 断糖 を実践しようとしてもこれもまた体にストレスが生じます。

糖カット酵母 」は

  • パン酵母
  • 酒粕酵母
  • ワイン酵母

という3種類の 酵母 を配合し、食事 で摂取した 糖質 を文字通り カット する働きがあります。
もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。

ところが通常の 酵母 は胃酸で溶かされ、なかなか腸まで届きにくいのです。 しかし、「 糖カット酵母 」 は胃酸 への抵抗性が高いため、負けず に生きたままで腸に到達。

体が 吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 糖質制限食 と同様の効果を発揮するのです。 「 糖カット酵母 」 は三種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる

  • 桑濃縮エキス末
  • 桑葉未

を配合。さらに、 活性酸素除去 効果の高い

  • ルイボスティエキス末
  • トマト色素 (リコピン含有)
  • ムラサキイモ末

を配合するのも特徴です。

糖質カット酵母で食後の血糖値の急上昇もなし 「 パクパク酵母くん 」

関連ページ

  1. 糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよい
  2. 糖 過剰摂取 日本人の多くが 糖を摂りすぎている
  3. 不妊症 の多くも 栄養不良 本質的な問題が見逃されている
  4. 生理前症候群 ( PMS ) で苦しみ、自己嫌悪におそわれていた女性たち
  5. 女性の体調不良も栄養不足からくるホルモンバランスが原因
  6. 食事が心も休も狂わせている
  7. 少しおかしな日本人が増加中
  8. 子供に問題がある場合は、お母さんにも問題がある
  9. 子供たちの食生活が起こす低血糖の危険性
  10. 「 朝食運動 」 ブレックファーストプログラム で劇的に変わった 子供 たち
  11. 多動症も精神的な問題も栄養不足が原因
  12. 毛穴 から体内に侵入する身の周りの恐ろしいもの シャンプー驚くべき危険性
  13. 虫歯予防の フッ素 も 危険 ワクチン も 危ない
  14. 化学合成の 添加物 保存料 毒物 も体にびっしり蓄積される
  15. 重金属 ( 水銀 アルミ 鉛 など) いっぱいの 日本人 の 体
  16. 木を見て森を見ない現代人
  17. 栄養とカロリーは全く異なる
  18. 骨密度は高くても骨折する
  19. 水虫は薬不要で治る?
  20. やけどをしたら患部に氷水を当てる?
  21. 鼻血が出たらティッシュを鼻に詰めるのは NG
  22. 擦り傷、切り傷は消毒が欠かせないは昔の話
  23. 妊婦はインフルエンザの予防接種は避ける
  24. 市販の風邪薬は・風邪を治す薬
  25. 風邪の時の入浴はNG?
  26. 風邪をひいたら汗をかくは間違い
  27. 風邪の 発熱 は 薬 で下げるのは NG 脱水対策をした上でクーリング 解熱対策
  28. 水よりも塩水やうがい薬のほうが効果的?
  29. マスクで風邪は予防できるか?
  30. ジェネリック医薬品 の 効き は同じか?
  31. 現代人の体温は昔より低い
  32. 身長の高い女性は乳がんになりやすい
  33. 前立腺肥大の薬で・ハゲにも効く薬がある
  34. 痛風でもビールを飲んでもいいか?
  35. 証明された!運動をすると風邪をひきにくくなる
  36. 寝れば寝るほど疲れる病気がある?
  37. 糖尿病の画期的な新薬
  38. コレステロール値は高いほうがいい
  39. 花粉症に-発で効く安全な注射があるというのは本当?
  40. 巻き爪 靴 大きめの靴を履くことで対策する
  41. むずむず脚症候群の原因
  42. 体温アップ=免疫力アップ
  43. 血管年齢と血液年齢
  44. 血液型O型は蚊に刺されやすい?
  45. 新しい説!胃もたれは胃の働きすぎ
  46. げっぷやおならが多い人は胃腸が悪いは間違い
  47. 口臭や口内炎がある人は胃腸が弱いわけではない
  48. 低血圧体質なら歳をとっても高血圧にはならない
  49. しょっぱい汗をかく人は熱中症になりやすい