女性の体調不良も栄養不足からくるホルモンバランスが原因

女性達を悩ませている栄養不足からくるほとんどの問題も、今までまったく解明されていませんでした。食事や食習慣に問題が隠れているとは誰もが思いもしなかったのです。食事というものをあまり真剣に考えてこなかったバツといえるかもしれません。

女性はヒステリックだ、イライラしやすい、感情の浮き沈みが激しいなどと言われてきて、自分でもどうしようもない自己嫌悪に陥り、これらはすべて精神的な問題だと自分を責めていました。イライラ感を鎮めるためにはどうしたらいいのかを考えやや鬱っぽくなってしまうこともありました。

実はこれも恐ろしい無知からくることなのです。従来の社会は、ずっと男性が活躍して、女医や研究者も少なく、だれも女性の問題を真剣に取り上げてくれませんでした。

幸いなことに、アメリカでは多くの優秀な女性の博士や研究者達が調査・研究してくれた結果、女性のさまざまな健康問題の多くはホルモンと関連していて、しかもそのホルモンの問題も、たとえば大豆、しようが、たんぼぼ、かぼちゃの種、山芋などの栄養補強で解決できることを発見してくれました。私が今飲んでいる栄憂補強食品がそうですが、本当に素晴らしいのです。これを考案、開発した世界的に有名な生化学者が言いました。

「これは女性によって発案され、開発され、女性によって紹介される、女性のための、真の女性解放の商品だ」と。生理前、産後、更年期のイライラ、うつ、二重人格、感情のコントロール不能、涙が止まらなくなる、水ぶくれの感じ、お腹が痛くなる、甘い物がたまらなく食べたくなる、スリをする、子供を殺すなど、最近よく耳にする病気や社会現象などは、ホルモンが深く関係しています。

私は女性による子供の虐待や殺人の記事を見るたびに、この人達も栄養不足とホルモンのアンバランスで起こしてしまったのだろうと非常に心が痛みます。

アメリカにはPMSという言葉があります。無理に日本語に訳すと「生理前症候群」という病名です。前に触れた女性博士は、アジアではこれまでさほど生理前症候群が問題にされてこなかったと言います。それはアジアの女性は今まで、毎日の食生活の中で、自然に女性の身体に良い栄養をとっていたからだそうです。生理前症候群には驚くかな150もの症状があるそうです。更年期障害も同じです。

アメリカでは自然療法士はPMSにチロシンを使用します。

今は、私達日本人、アジア人も食生活が変わり、栄養がとりづらくなつてしまったこと、また化学物質の悪影響で、相当の日本人女性も苦しめられ困っているのです。日本でのこれまでのような男性中心社会では、だれも女性の体の不調について研究してくれず、それを指摘できる女性研究者も少なく、日本女性は人知れず悩んできたのです。

例えば、鉄不足でうつ様症状を引き起こすこともあります。

うつの原因かもしれない「鉄欠乏症」 | 食事でもっと健康になる

関連ページ

  1. 糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよい
  2. 糖 過剰摂取 日本人の多くが 糖を摂りすぎている
  3. 不妊症 の多くも 栄養不良 本質的な問題が見逃されている
  4. 生理前症候群 ( PMS ) で苦しみ、自己嫌悪におそわれていた女性たち
  5. 女性の体調不良も栄養不足からくるホルモンバランスが原因
  6. 食事が心も休も狂わせている
  7. 少しおかしな日本人が増加中
  8. 子供に問題がある場合は、お母さんにも問題がある
  9. 子供たちの食生活が起こす低血糖の危険性
  10. 「 朝食運動 」 ブレックファーストプログラム で劇的に変わった 子供 たち
  11. 多動症も精神的な問題も栄養不足が原因
  12. 毛穴 から体内に侵入する身の周りの恐ろしいもの シャンプー驚くべき危険性
  13. 虫歯予防の フッ素 も 危険 ワクチン も 危ない
  14. 化学合成の 添加物 保存料 毒物 も体にびっしり蓄積される
  15. 重金属 ( 水銀 アルミ 鉛 など) いっぱいの 日本人 の 体
  16. 木を見て森を見ない現代人
  17. 栄養とカロリーは全く異なる
  18. 骨密度は高くても骨折する
  19. 水虫は薬不要で治る?
  20. やけどをしたら患部に氷水を当てる?
  21. 鼻血が出たらティッシュを鼻に詰めるのは NG
  22. 擦り傷、切り傷は消毒が欠かせないは昔の話
  23. 妊婦はインフルエンザの予防接種は避ける
  24. 市販の風邪薬は・風邪を治す薬
  25. 風邪の時の入浴はNG?
  26. 風邪をひいたら汗をかくは間違い
  27. 風邪の 発熱 は 薬 で下げるのは NG 脱水対策をした上でクーリング 解熱対策
  28. 水よりも塩水やうがい薬のほうが効果的?
  29. マスクで風邪は予防できるか?
  30. ジェネリック医薬品 の 効き は同じか?
  31. 現代人の体温は昔より低い
  32. 身長の高い女性は乳がんになりやすい
  33. 前立腺肥大の薬で・ハゲにも効く薬がある
  34. 痛風でもビールを飲んでもいいか?
  35. 証明された!運動をすると風邪をひきにくくなる
  36. 寝れば寝るほど疲れる病気がある?
  37. 糖尿病の画期的な新薬
  38. コレステロール値は高いほうがいい
  39. 花粉症に-発で効く安全な注射があるというのは本当?
  40. 巻き爪 靴 大きめの靴を履くことで対策する
  41. むずむず脚症候群の原因
  42. 体温アップ=免疫力アップ
  43. 血管年齢と血液年齢
  44. 血液型O型は蚊に刺されやすい?
  45. 新しい説!胃もたれは胃の働きすぎ
  46. げっぷやおならが多い人は胃腸が悪いは間違い
  47. 口臭や口内炎がある人は胃腸が弱いわけではない
  48. 低血圧体質なら歳をとっても高血圧にはならない
  49. しょっぱい汗をかく人は熱中症になりやすい