糖 過剰摂取 日本人の多くが 糖を摂りすぎている

糖 過剰摂取 日本人の多くが 糖を摂りすぎている現状についてです。自分が 糖 を摂りすぎている 糖 過剰摂取 状態にあることを自覚している人は意外にも少ないのかもしれません。一時期、糖質制限食が流行しましたが、あそこまで極端にやらなくても糖質を減らすことでもっともっと健康的な体を維持できるはずです。世の中の情報には 脳には糖質が必要だとか、ある程度の糖質がないとエネルギー源がなくなってしまうなどをよく耳にしますが、現代人で栄養失調を心配しなければいけない人はほとんどいません。

食べ過ぎ = 糖 過剰摂取 になる

raspberry-gf7942d4ba_640.jpg

外国人が日本のテレビを見た後で、「なぜ日本はこんなに食べ物の番組が多いのか」「人が食べているのを見て何がおもしろいのか」と、首をかしげます。普段はあまり見ないテレビを改めて見てみると、ラーメンや回転ずし、和洋中のビュッフェ、ワンコインランチなど、確かに食事に関する内容ばかり。チャンネルを変えても同じような番組でうんざりしました。

「日本人は飢えているため食に関する欲求が強く、ほかに楽しみがない」と思われても仕方ありません。ゴールデンタイムと呼ばれるいわゆる視聴者が多い時間帯は食べ物に関する番組ばかりです。

こうした番組をずっと見ていると、視聴者は食欲をそそられて食べたい欲求が強まります。その欲求を満たすために食に走り、食べすぎてしまうのです。ですから食事制限をしている闘病中の患者さんなどは、テレビを見ないようにしているといいます。

どの先進国を見ても、食事の内容にそれほど変化はなく、極端に言えば同じようなものを毎日食べています。そして、家族の記念日など特別な日に外食を楽しんでいます。ところが日本では、朝はパンだったから昼は中華、夜は和食というように、世界中の料理を外で気軽に味わっています。

特別な日の贅沢として食すならまだしも、毎日好きなものを好きなだけ食べているのは明らかに食べすぎです。それが、いま日本人を悩ませている生活習慣病の蔓延につながっています。

糖 過剰摂取 は老化の原因になる

old-man-gedba8b700_640.jpg

一般的に食べすぎで指摘されるのは、塩分と脂肪の摂取量が増えること。それが高血圧や糖尿病、肥満になる原因とされています。しかし、本当に悪いのは糖質の摂りすぎなのです。

糖は大事なエネルギー源、だから欠かせない栄養素と学校で教わったと思いますが、実は細胞を錆びつかせたり、こげつかせたりといった劣化させる原因になっています。血管の細胞が劣化すれば動脈硬化を起こして脳梗塞や心筋梗塞を招き、細胞自体が劣化すれば遺伝子が傷ついてがん化します。

そればかりか、糖は老化を早めることも研究によってわかってきました。つまり、今の生活を続けていると、元気な老後はありえないということです。そこで、諸悪の根源である糖を断つ食事、つまり「断糖」生活をおすすめします。断糖することで、細胞が活性化して若々しくなり、さまざまな病気も改善して老後を楽しく過ごせるようになるのです。その一方、断糖をしないと将来どのようなことが起こるのかを知っていただきたいと思います。

現代型栄養失調 から抜け出さなければ本当の意味での健康は手に入らないと危機感を感じます。

糖質カット酵母 パクパク 酵母くん は、酵母で糖質を排泄してくれます。

健康のために 糖 を摂りすぎないことと合わせて

少肉多菜
肉を少なく、野菜を多く
少塩多酢
塩分を少なく酢を多く
少糖多果
砂糖を少なく果物を多く
少食多咀
少量の食事、よく噛む
少車多歩
車に乗らないでよく歩く
少衣多浴
薄着で日光にあたる
少類多眠
心を痛めずよく眠る
少怒多笑
怒らず笑う
少欲多施
我欲を控え、他人を思いやる
少な言多言
言葉を控え実行する

関連記事