子供に問題がある場合は、お母さんにも問題がある

子供に問題がある場合は、お母さんにも問題がある といったらお母さんはがっかりくるでしょうか?

道場の先生(ご主人)は朝、起きるのが苦手でした。ところが、頭が冴える栄養補強剤1錠を寝る前に飲んだだけで、翌日、あれだけ起きられなかった人が、早起きして道場のお掃除をし始めたというではありませんか。奥さんはびっくり仰天。

woman-g0ff79860a_640.jpg

また、栄養補強剤を飲みつづけるうちに、それまで子供に教える時に、子供達が動き回ったりするとイライラしていたのに、それがなくなってしまったと言うのです。体調も抜群、それに意を強くして生徒にも飲ませてみたそうです。すると、試合の前に飲ませた3人が3人とも優勝したそうです。

それで先生は、感激と驚きで、私を招いて健康説明会を催されたのです。その時どうしても先生が話を聞かせたい人がいました。R君というアトピーでとても因っている11歳の子のお母さんでした。彼女は開始の時間には間に合わず、少し遅れてやってきて、たまたま前の席が空いていたので座りました。なぜかこのことで、私は非常に話しつらい状況に陥ってしまったのです。

お母さんは遅れてきたあげく、坐るやいなやきょろきょろ右を見たり、左を見たり、天井を見始めたのです。初めは、遅れてきたから落ち着くのに時間がかかるのかと思っていました。ところが、ずっとこの落ち着きのない態度をつづけ、自分の体を触ったり、手を見たり、頭や体を動かしたりで、黙って私の方を見ていられないのです。

目の前の人がちょこちょこ体を動かすので、私も気が散って集中して話せず、ほんとうに困りました。その時、ピーンとひらめいたのです。「彼女は多動症だ! だから息子さんはアトピーだ」と。この家族の問題はすぐに分かりました。

まったくの栄養不足です。お母さんはきっと自分も、体に必要で良い食べ物は嫌いだったのでしょう。たぶん緑の野菜などもほとんど食卓に出ないだろうし、食生活は相当偏っているだろうと、想像できました。お母さんでさえ栄養不足の典型だから、子供も問題がないはずはありません。

これとは反対のお母さんもボストンで出会いました。4~10歳の男の子3人を持っていますが、みんないつ会ってもお行儀が良く、静かで、問題をまったく起こさないのです。学校の成績もみんなずば抜けて良く、すごい飛び級をしているとのことでした。

私はいつも感心していました。ある時気づいたのです。私の説明会の後はよく、持ち寄りのパーティーを開いていたのですが、彼女の持ち寄ったものだけが、他と違うのです。健康的な緑茶のシェイクのような飲み物、サラダ、ドレッシングなど、すべて手づくりで、見るからに新鮮で組み合わせも良く、クリエイティブ。

また、栄養のバランスを考えているのが、すぐ私には分かったのです。聞いてみると、栄養にはかなり気をつけていると言うことで、添加物などもできるだけ入っていないものを使っているそうでした。

3人のお子さん達が精神的に安定し、勉強もよくできて優秀だという謎が解けました。多くの子供の健康問題をみてきた経験から、子供にいろいろな問題がある場合は、かならず母親にも大きな健康問題があることが分かりました。

原因は食生活、生活の中での毒物や不必要なワクチン接種、フッ素の使用と、母親から受けついだ体の中の毒素です。とくに

  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー
  • 発育不全
  • 心身の異常

、などは、母親の体に化学物質がかなり溜まっている場合と、まちがいなく一致します。

ちなみに、子宮内胎児発育遅延は周産期死亡率の増加、精神神経発達障害、将来の心血管疾患や糖尿病発症のリスク因子ですが、近年、重金属などの無機物質、ダイオキシン類、農薬などの環境由来化学物質の妊婦への曝露と子宮内胎児発育遅延との関連が報告されています。

たとえばフッ素には、エナメル質の修復促進、歯質強化、菌の働きを弱めるなど、むし歯の発生を防ぐ効果があり、予防に有効な成分として注目されています。妊娠中に歯磨きを丁寧に行うためにフッ素入りの歯磨き粉で逆効果になってしまうケースが多々あります。

※本ページでは、フッ化物、フッ素化合物を「フッ素」と表現しています。

問題を持つ子のお母さんは、栄養を考えて食事を作らないし、そのお母さん自身はもちろん、子供もひどい偏食です。

ある少年院を長年担当したベテラン警部は、「問題を起こす子の共通点は、母親が子供に食事を作ってあたえない家庭だ」と言っていました。

食事の重要性を理解していないのか、食事を与える時間がないのかわかりませんが、食事はとても重要です。食事が心も休も狂わせている のように

人間の体は口から入れた食べ物から作られているのです。

愛情と栄養の不足、つまり、心と体の栄養不足と加工食品などに入っている添加物が問題児をつくると言えるでしょう。

現代型栄養失調

関連ページ

  1. 糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよい
  2. 糖 過剰摂取 日本人の多くが 糖を摂りすぎている
  3. 不妊症 の多くも 栄養不良 本質的な問題が見逃されている
  4. 生理前症候群 ( PMS ) で苦しみ、自己嫌悪におそわれていた女性たち
  5. 女性の体調不良も栄養不足からくるホルモンバランスが原因
  6. 食事が心も休も狂わせている
  7. 少しおかしな日本人が増加中
  8. 子供に問題がある場合は、お母さんにも問題がある
  9. 子供たちの食生活が起こす低血糖の危険性
  10. 「 朝食運動 」 ブレックファーストプログラム で劇的に変わった 子供 たち
  11. 多動症も精神的な問題も栄養不足が原因
  12. 毛穴 から体内に侵入する身の周りの恐ろしいもの シャンプー驚くべき危険性
  13. 虫歯予防の フッ素 も 危険 ワクチン も 危ない
  14. 化学合成の 添加物 保存料 毒物 も体にびっしり蓄積される
  15. 重金属 ( 水銀 アルミ 鉛 など) いっぱいの 日本人 の 体
  16. 木を見て森を見ない現代人
  17. 栄養とカロリーは全く異なる
  18. 骨密度は高くても骨折する
  19. 水虫は薬不要で治る?
  20. やけどをしたら患部に氷水を当てる?
  21. 鼻血が出たらティッシュを鼻に詰めるのは NG
  22. 擦り傷、切り傷は消毒が欠かせないは昔の話
  23. 妊婦はインフルエンザの予防接種は避ける
  24. 市販の風邪薬は・風邪を治す薬
  25. 風邪の時の入浴はNG?
  26. 風邪をひいたら汗をかくは間違い
  27. 風邪の 発熱 は 薬 で下げるのは NG 脱水対策をした上でクーリング 解熱対策
  28. 水よりも塩水やうがい薬のほうが効果的?
  29. マスクで風邪は予防できるか?
  30. ジェネリック医薬品 の 効き は同じか?
  31. 現代人の体温は昔より低い
  32. 身長の高い女性は乳がんになりやすい
  33. 前立腺肥大の薬で・ハゲにも効く薬がある
  34. 痛風でもビールを飲んでもいいか?
  35. 証明された!運動をすると風邪をひきにくくなる
  36. 寝れば寝るほど疲れる病気がある?
  37. 糖尿病の画期的な新薬
  38. コレステロール値は高いほうがいい
  39. 花粉症に-発で効く安全な注射があるというのは本当?
  40. 巻き爪 靴 大きめの靴を履くことで対策する
  41. むずむず脚症候群の原因
  42. 体温アップ=免疫力アップ
  43. 血管年齢と血液年齢
  44. 血液型O型は蚊に刺されやすい?
  45. 新しい説!胃もたれは胃の働きすぎ
  46. げっぷやおならが多い人は胃腸が悪いは間違い
  47. 口臭や口内炎がある人は胃腸が弱いわけではない
  48. 低血圧体質なら歳をとっても高血圧にはならない
  49. しょっぱい汗をかく人は熱中症になりやすい