普段、食卓で登場するもやしは「脇役的」なおかずですが、実は、ダイエットにとても効果的です。「緑豆もやし」「ブラックマッペ」「大豆もやし」と3種類あります。 この中でビタミンB、食物繊維、カリウムがたくさん含まれるのは「大豆もやし」です。なんと、大豆もやしには、これらの栄養が他のもやしの2倍も含まれます。食物繊維も豊富なので炭水化物(ごはん、うどん、パスタなどを口にする前にもやしを食べれば腹持ちもよくなります。もやしは低カロリーなので多少、油を多めに使って味をこくしてもそれほど気になりません。

また、ブラックマッペは、他の2つに比べてビタミンCが一番多く含まれています。

ストレスで食べ過ぎてしまう人は、食前に1袋のもやしを食べるようにすると2週間ですぐに効果がだせます。

サルバチア(チアシード)ダイエットは、小さな種子サルバチアに含まれる栄養分は、豊富な青魚の油(オメガ3脂肪酸) のほか、14倍に膨らむ特別な食物繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど多種多彩。しかも、各栄養分の含有量はどれをとっても豊富で、他の食品を圧倒するほど。サルバチアが「奇跡の食品」、「完全食品」といわれるゆえんです。

コレステロールを抑え血液サラサラ

もやしは、安くて低カロリー、しかも栄養満点という三拍子そろったすばらしい野菜です。もやしに含まれているビタビタミンC、食物繊維、γアミノ酪酸(ギヤバ) などが、私たちの健康を支えてくれるのです。

「もやしマヨネーズ(マヨもやし)」が大きな反響を呼びました。そのやり方は、とても簡単。もやし1袋(約200g) を軽くゆでるか炒めるかした後、大さじ1杯ほどのマヨネーズをかけて食べるだけなのです。

手軽でシンプルなだけでなく、そのおいしさと腹もちのよさが好評を集め、多くの皆さんが実践されました。そして、実にさまざまな効果が得られたのです。

以前、編集部に寄せられた体験のうち、一部をここでご紹介しましょう。

Mさん 80歳 北海道在住

ある日、突然激しいめまいに襲われて入院。診断によると、高血圧が原因とのことで、最大血圧が230mmHG、最小血圧が100mmHGという、大変な数億を記録してしまったのです。

そこで、Mさんは、退院後にもやしマヨネーズを食べるようにしたところ、最大血圧が130mmHG、最小血圧が70mmHGの正常値にまで降下。

その後、良好な体調を保てたそうです。

Tさん 70歳 福岡在住

長年患っていた糖尿病のため、血糖値が300mg/dlになってしまい、医師からは「いつか足を切断することになる」と警告されていたとのこと。そして、もやしマヨネーズを実践することにしたT さん。これを食べ始めてから、しだいに体が軽くなっていぐ感じがあったといいます。その後の1年間で、懸案だった血糖値は120~150mg/dlに落ち着き、さらに4kgのダイエットにも成功し、ひざ痛も解消。

このお2人のケースのように、もやしマヨネーズが血圧や血糖値に効果を発揮するのは、どうしてなのでしょうか。今回、自らもダイエットに成功された医師 にご解説いただきました。

「Mさんの血圧が下がったのは、もやしの食物繊維が奏功していると考えられます。食物繊維は、血中のコレステロールをおさえ、血液をサラサラにする効果があるからです。また、Tさんのような糖尿病のかたの場合、摂取カロリーをへらしながらも、きちんと栄養をとることが必要になります。

もやしは、低カロリーで良質のたんばく質を含んでいるだけでなく、ビタミンやミネラルも豊富なので、血糖値を安定させるには、最適の食材です。さらに、ひざ痛が解消したのは、減量でひざへの負担が少なくなったことに加え、もやしのビタミンやミネラルが、ひざ周辺の血流を改善したことによるでしょう」

1分で作れるレンジでチンもやしは便秘解消に効く! | 腸をきれいにして便秘解消

ずいぶん白くなった

て、ここまでお読みになった女性の皆さんの中で、「血圧も血糖値も正常だから、関係ないわ」とおっしゃるかた、ちょっとお待ちください。これからご紹介する体験をお読みになれば、もやしマヨネーズを始めたくなるはずです。

4Sさん 26歳 長野在住

甲状腺(のどの部分にあるホルモン分泌器官) の病気を治療するために薬を飲んだところ、その副作用により、一気に太ってしまったSさん。

そこで、もやしマヨネーズを始めることを決意。夕食としてとる習慣を守った結果、2ヶ月で6kgのダイエットに成功しましたが、うれしいことはそれだけではありませんでした。

もやしマヨネーズを食べ始めてから、すぐに肌にツヤが出てきたことを実感したというのです。しかも、美白効果まで現れ、会社の同僚から「どうして、そんなに肌が白くなったの?」と不思議がられたとのこと。

さらに、おなかや背中が引き締まり、足首のむくみが取れて足全体がきゅっと細くなったほか、グッと小顔になったと、Sさんは、大喜びでした。

Wさん 女性 岩手在住 64歳

糖尿病治療の一環として、食事療法を迫られたWさん。満腹感を得ながらやせられる方法と.して、もやしマヨネーズにチャレンジすることに。

ご飯やおかずの量をへらすために、朝、昼、晩の食事のとき、少心ずつもやしをとるようにしたところ、便秘が解消。それに伴って、3ヶ月で4kgやせることに成功したのです。

ウェスト周りのぜい肉がごっそり落ち、スカートのホックの位置も以前のところに戻せました。

また、Wさんは、肌が白くなり、若いころのツヤも復活したのです。それまでは、念入りに化粧をしても、色が白いといわれたことはなかったのに、「肌せんぼうが白くてうらやましい」と羨望のまなざしで見つめられるようになったとか。

ほかにも、同年代の人と会うたびに、自分の顔にシミがないことを実感できたというから驚きです。化粧品が不要になるのでは、と思うほど、もやしマヨネーズは、美肌効果を発揮します。

この点について、先生は、もやしの食物繊維によって、便秘が解消した結果だとしたうえで、「もやしのビタミンやミネラルが新陳代謝を促進し、.肌を黒くするメラニン色素を含む細胞が速やかに排出されたために、色白を実感できたのではないか」とおっしゃいます。

いかがでしたか。もやしといえば、いつでも比較的安く手に入り、シャキシャキとした歯ごたえが魅力。皆さんも、もやしマヨネーズで健康に、そして、美しくなってください。

ズボンがユルユル、肌はぷるぷる

私は、50歳を過ぎた今も、夫婦の夜の生活は非常に充実しています。10年ほど前は、全く違いました。なんだかセックス自体がめんどうに感じられて、私も、妻も、なかなかその気になりませんでした。

そんなわけで、夜の生活のほうは、すっかりごぶさたという感じだったのです。それが、あることが呼び水のようになって、私たち夫婦は、新婚時代のように愛し合うようになりました。

その原因が「もやし」にあるといったら、皆さんは、驚かれるでしょうか。しかし、実際、これはほんとうのことなのです。私たち夫婦は、もやしは好きなほうで、以前からわりと頻繁に口にしていました。それが、さらにもっとよく食べるようになったきっかけはダイエットの健康関連の記事を目にしたことです。

7~8年前だと思いますが、「マヨもやし」(もやしマヨネーズ)という特集があったのです。これは、手軽にできそうだと思って、早速食べ始めました。

もやしマヨネーズの基本的な作り方は、もやしを軽くゆで、そこにマヨネーズを大さじ1杯ほどかけるだけ。実に単純なのですが、もやしとマヨネーズの組み合わせがぴったりで、たちまち気に入りました。

もやしは、主に夕食に食べましたが、量は、妻と二人で1袋です。私が3分の2を食べ、妻が残りを食べます。

ただ、夫婦でも、それぞれに好みがありますから、私と妻とでは、食べ方も少しずつ違います。私は、基本的にマヨネーズのみ。たまにゴマ油をほんの少し垂らすこともあります。こうすると、コクと風味が出て、なかなかおいしいのです。

妻は、マヨネーズのほか必ずポン酢かしょうゆもかけます。そうしないともの足りないようです。今でも食べ続けているので、やはり、もやしとマヨネーズの組み合わせが気に入っているのでしょう。

ともあれ、こうして食べ始めたときは、特にダイエットを意識したわけではありませんでした。ところが、もやしマヨネーズを食べているうちに、だんだんとやせてきたのです。

もやしマヨネーズを食べ始める以前、私は、身長167cmで、体重が72キロもあり、やや太りぎみでした。それが、半年もたたないうちに、67kgになっていました。つまり、5kgも体重が層ちたのです!最初の1~2ヶ月は、ゆるやかにやせ、その後、グンとへりました。体が軽くなり、ズボンもユルユルになりました。

測っていないので、正確な数億はわからないものの、ウェストもかなり縮んだでしょう。ズボンのお尻あたりにもゆるみが出ましたし、ベルトの穴を替えて、ぎゅっとベルトを締めていないと、ズボンが落ちてしまうほどでした。そして、妻のほうも、2kgほど体重が落ちました。

体調もよくなって、長年苦しんできた肩こりもなくなったのです。加えて、妻は、肌の調子がよくなったのをことのほか喜んでいます。以前は、肌に弾力がなく、いつも肌がカサカサしているような状態でしたが、もやしマヨネーズを常食するようになった今は、肌にしっとり感が出てきました。おまけに、肌にプルプルという弾力が戻ってきたのです。

毎晩愛し合っている

妻の肌がきれいになった影響なのかどうかはわかりませんが、こうして夫婦2人とも体が軽くなると、ついでに心も軽くなるのでしょうか。夕食後、なんとなくそういう雰囲気になり、ゆっくりとお互いを愛し合う時間が持てるようになったのです。

もやしのおかげで、私たち夫婦の潤いは、一気に増したのです。今でも、ほとんど毎晩のように、お互いを求め合っています。「体が軽くなると、心も軽くなるんだね」と、妻ともよく話しています。

ほんとうにもやしを食べてよかったと思います。それに、もやしマヨネーズがもたらしてくれた効果は、ほかにもあります。1つは、お通じがよくなったことです。以前から、便通は定期的にあったのですが、それが、さらに輪をかけてよくなったのです。

腸の中にたまった老廃物が、「すこっ」と軽快に出ていく感じがしますから、おそらく、今までの宿便もきれいに出ているのでしょう。便通がよくなったために、便のにおいもなくなりました。以前は、ときどき異様に臭いこともあったのです。それが、もやしマヨネーズの影響で、においも気にならず、色ツヤもかたさもよく、どこに出しても恥ずかしくないような、まさに完全無欠の便が出るようになりました。こんなにいいことばかりなのですから、今後も、もやしマヨネーズを食べ続けて、夫婦円満に暮らしていきたいと考えています。

1分で作れるレンジでチンもやしは便秘解消に効く! | 腸をきれいにして便秘解消

リバウンドせずにスリム体型をキープ

私が太ってしまったのは、20歳を過ぎたころでした。その当時、いろいろと悩むことがあって、今でいう「引きこもり」のような状態になってしまったのです。

とにかく、何をするのもおっくうで、トイレに行くのさえめんどうだと感じていたほどでした。そのせいでトイレの回数がへり、ひどい便秘になった私は、どんどん太りだしました。

そして、身長162cmで私の体重は、いつしか60kgキロを超えるようになりました。

そんな私がみごとにやせることができたのは、もやしのおかげだったのです。29歳になったときのことです。私は、一時的に独り暮らしをすることになりました。そのときに目をつけたのがもやしでした。栄養もあり、調理も簡単で、なにより安いというのが魅力的でした。そこで、来る日も来る日ももやしを食べるようになったのです。

例えば、朝は、食パンを食べ、昼は、ラーメンとコロッケなど、普通に食べます。そして、夜に、食パンともやしを食べました。白飯は炊くのがめんどうなので、食べません。

もやしは炒めて、たいていの場合、コショウとマヨネーズを適量かけて食べました。私としては、こうした食事でやせようという意識はありませんでしたが、もやしを食べ続けているうちに、体調もよくなってきました。

明らかに改善されたのが、便通です。便がスルスルと出るようになりました。こうしてスムーズに排便が行われるようになり、だんだんとやせてきたのです。

初めの1ヶ月で約3kgやせて、体重は57kgになりました。次の2ヶ月間で、3kgやせ、54kgに。そして、次の1ヶ月ではなんと9kgもやせ、体重は、ついに54kgになったのです。

まず、太ももが細くなり、ほおの肉が落ちて小顔になりました。そして最後に、あれほど出ていたおなかも引っ込みました。もともと、私が太るきっかけとなったのも、便秘でした。

ですから私の場合、もやしによって便秘を解消できたことがダイエットの大きな力となったと思います。私だけではなく、便秘が原因で太っている人は、かなり多いのではないでしょうか。便秘を解消する効果の高いもやしは、ダイエットのためにもっと有効に利用できると思います。

このもやしダイエットに成功したのは、今から10年ほど前のことですが、現在に至るまで、スリムな体型を維持しています。私がリバウンドせずに済んでいるのは、もやしを自然な形でふだんの食事に取り入れているからだと思います。

ダイエットをするんだという意識が強すぎると、嫌でももやしを食べることになってしまいます。そうなると、もやしをひたすら食べてやせ、やせたから食べるのをやめる、ということをくり返して、リバウンドを招くのではないでしょうか。

体重100kgの母も20kgのダイエットに成功

もやしのおかげで便秘を解消してからというもの、私は、集中力が高まったのです。以前、便秘が続いているときは、いつもおなかがもたれている感じで、何をするにしても注意が散漫になりがちでした。

でも、もやしで便秘が解消したため、仕事にも集中できるようになっています。もちろん、やせたあとも、もやしは食べ続けています。毎食というわけではありませんが、食卓に奏せるように心がけています。

現在では、もやしマヨネーズにこだわらず、焼き肉のたれやレトルトカレーなどを利用した、いろいろなもやし料理を食べています。ちなみに、私の経験からいえば、もやしのひげ根は取らないほうが、便秘を解消する効果は高いのではないかと思います。

実は、もやしで減量に成功したのは、私だけではありません。私の母も減量に成功しているのです。昨年、70歳になった母は、以前から極度の便秘でした。そのためか、かなり太っており、体重が100kg近くありました。その体重で、もう何十年と過ごしてきましたが、年とともに、ひざに負担がかかるようになってきました。

これは、50数kgの重りをつけて過ごしているようなものです。母は、足をケガして、家事が自由にできないような状況になってしまったのです。

そこで、母の代わりに私が食事を作るようになったので、もやし料理を食卓に頻繁に出してみたのです。すると、母の便秘が解消して、みるみるやせ始めました。その結果、1年ほどで、20kgほど体重が落ち、母は、80kgまで減量できたのです。

母の場合、私がもやし料理を頻繁に作るようになるまでは、ずっと100kgの体重のままでした。今回、劇的にやせることができたのは、明らかにもやしの便秘解消効果のおかげだといえそうです。

水分を吸収しやすい食物繊維が便秘を解消

もやしには、食物繊維が豊富に含まれています。しかも、水分を吸収しやすいという特性を持っているのです。そのため、ゴボウなどの食物繊維と比べると、もやしのそれは、より高い便秘解消効果を発揮します。、また、おなかの中で水分を吸収すると、約三倍に膨張するので、満腹感を得やすくなるという点でも、ダイエットに好適です。

1分で作れるレンジでチンもやしは便秘解消に効く! | 腸をきれいにして便秘解消

腸内環境も正常化、毒だし効果も

私は、アイドルタレントだった20代のころは、顔はふっくらで、丸々と太っていました。今だからお話しできますが、152cmの身長で、体重が58kgもあったのです。

これではいけないと思い、いろんなダイエットを試しました。ところが、何をやっても、途中からおなかがすいてフラフラ。けっきょく、仕事に集中できなくなり、ダイエットを断念する七いうくり返しでした。

そこで、お腹いっぱい食べてやせられる食材を探していくうちに、たどりついたのが「もやし」でした。もやしなら、カロリーが低くて満腹になりそうだし、ビタミンやミネラルも満点なので、スタミナもつきそうでした。そして決めてとなったのはやっぱり「安い」ことです。

これなら仕事に支障なく、ダイエットを続けられると思ったのです。しゃきしゃき感が残るくらいにゆでたもやし3~4袋分を、密閉容器に入れて持ち歩き、おなかがすいたら時間に関係なく食べるようにしました。

ゆでたもやしがかなりあっさりしているので、昧つけは、マヨネーズでした。こうすると満腹感がアップするし、なによりもおいしいので、ストレスなくダイエットできる感じがしたのです。

さて、このようにもやしを、1日に1~2回食事代わりに食べ、小腹がすいたときにもおやつにしていたところ、どんどんぜい肉が落ちていき、なんと1ヶ月後には12kgもやせて、体重が46kgになったのです。ここまでダイエットえ結果がでるとがぜん、やる気もでてきます。

その後も、もやしをダイエットに活用しました。テレビの仕事で、おいしいお店の食べ歩きをすることが多かった私は、また7kgくらい太ってしまうことがよくありました。

そのたびに1~2週間、このもやしダイエットをやっては、46kgに体重を戻していったのです。

ところで、私は30歳のときに、健康ドリンクバーの店を経営するようになりました。その後、健康管理の会社を立ち上げて、美容や健康に深く携わるようになったのです。

そうなると、ダイエットに対する考え方も変わりました。若いころは、やせるためにむやみに低カロリー食を食べていました。ですが、もっと食材の効能や栄養のバランスも考えたうえで、美肌やアンチエイジング(抗加齢)、疲労回復などに役立つメニューを研究。

健康で美しくなるためのお手伝いをしたいと思うようになったのです。そうした今でも、食材の中で、とても役立っているのがもやしです。ビタミンやミネラルが豊冨で、美肌作りにぴったりのもやし。食物繊維も豊富で、腸内環境を整えてくれるので、毒出し効果も得られます。

お店でももやし料理が大好評

そんなもやしをおいしく、かつ栄養バランスよく食べるために、私はお店のスタッフとともに、もやしを用いたいろいろなメニューの開発をしてきました。そのうちの、お勧めの何品かをご紹介しましょう。

ツナもやし・カレー風味

もやしとツナを炒め、カレー粉を少々混ぜて、しようゆと塩で昧つけします。隠し味に、少しマヨネーズを加えます。

納豆和え

電子レンジでもやしに少し熱 を通し、納豆、すりゴマを加 え、しょうゆ、砂糖、酢で昧つ けします。

もやしバジル梅

さっとゆでたもやしを梅肉で 和え、刻んだバジルをのせて香 りづけします。

これらのメニューは、私の店のお客様にも大好評です。もやし料理のポイントとしては、熱を加えすぎないことです。熱を加えすぎると、せっかくの栄養成分が流れ出てしまうので、一瞬だけゆでたり、電子レンジでちょっと熱を加えたりするのがコツです。

また、もやしはもともと昧がないので、ついつい濃い昧つけをしたくなりますが、それでは健康によくないので、私の場合は、ゆでるときに、ひとつまみの粉末だしを加えるようにします。

そうすると、薄い昧つけでも、おいしく食べられます。私は、今でも1日1回はもやしを食べています。開店前の忙しいときでも、もやしならすぐに食べられるので、とても重宝しているのです。

最近では、ポン酢をかけて食べています。いろいろなポン酢が市販されているので、昧を変えれば毎日食べても飽きることはありません。さらに、カラシやワサビ、生姜、もみじおろしなどの辛みを加えれば、おいしさがさらにアップしますよ!

このように、もやしを常食しているせいか、私は、若いころと変わらない46kgの体重をキープしています。そればかりか、肌に関しては、20代のときよりもキレイだとよくいわれます。これももやしの美肌効果のおかげでしょう。

もやしメモ

もやしは、低力ロリーで、加熱しても容量がへりません。さらに、便秘を解消するもやしの食物繊維は、胃の中で約3倍に膨張するという特性があります。満腹感が得やすく、ダイエットには好適な野菜です。よく噛んで食べるとさらに効果的です。

また、ビタミンB2は、脂肪の代謝を高めるほか、ダイズサポニンは、脂肪を溶かす働きを持っています。美肌効果は、ビタミンEやマグネシウムによって、新陳代謝が活発になって得られたのでしょう。

1分で作れるレンジでチンもやしは便秘解消に効く! | 腸をきれいにして便秘解消

もやしマヨネーズでダイエットに成功!

医師という立場上、太りすぎのかたには、食事制限をお勧めします。最近では、メタポリック症候群(内臓脂肪症候群)の認識が浸透しており、多くの皆さんが、私のアドバイスを真剣に受け止めてくださいます。

とはいえ、私自身もー時期までは、太りすぎを気にしていたのです。私の身長は、170cmですが、今から5年ほど前には、92キロを超えていました。こうなると、いすに座っていて、下にあるものを取ろうとしても、おなかの脂肪がじゃまになります。

さらに、無理に取ろうとすると、脂肪に圧迫されて、息が止まるほどです。これでは、どうしようもありません。いつも体がだるく感じられ、歩くだけでも思うようにいかないほどなのです。

まさに、医者の不養生でしょう。そこで、なんらかの方法でダイエットをと思いました。若いころにも、いろいろなダイエットを実践して、急激に20キロ近くやせたこともありますが、いずれも海藻だけを食べるとか、決められたビスケット以外は何もとらないとか、極端で過激な方法ばかりでした。

このようなダイエット法だと、一時的に体重を落とすことはできても、結局は、リバウンドしてしまい、なんにもならないのです。そこで思いついたダイエットが、もやしを使う方法でした。

実は、私は、今から10年ほど前に、健康雑誌で紹介されていた「もやしマヨネーズ」という方法で、ダイエットに成功したことがあったのです。これは、ゆでたもやしに、大さじ1杯ほどのマヨネーズをかけたものを摂取するというダイエット法でした。

とはいえ、これだけを食べるという方法ではありません。普通の食事に組み入れ、その分、ほかの食事の量をへらすという点がよかったのでしょう。この方法は、比較的長続きするし、リバウンドの心配もなかったので、今でもお勧めのよいダイエットだと思います。

ただし、せっかくなので、もやしを使った、別のダイエット法を実践しようと思いました。ダイエットを始めようとした年前は、ちょうど今くらいの寒い時期でした。そこで、何か体が温まるようなアレンジをすればいいと考えたのです。

宿便がごっそりとれて爽快

私が思いついたダイエット法は、もやしをスープに入れて摂取するというものです。やり方は、非常に簡単です。まず、鍋に湯を沸かし、コンソメや中華だしなどを入れてスープを作ります。

次に、1袋のもやしのうち、半分程度(約100グラム) を入れて煮るだけで出来上がりです。そればかりだと飽きてしまうので、カレー粉を使ったり、キムチを入れたりしました。

皆さんがお試しになる際は、お好みでさまざまなアレンジを加えていただいてけっこうです。私は、このもやしスープを、朝食としてとることを実践しました。

いうなれぼ、「朝もやし」ダイエットです。ちなみに、昼と夜は、普通の食事をとるようにしました。また、お酒を我慢するとストレスがたまるので、晩酌の習慣はやめませんでした。

それでも、飲む量は自然にへらせたと思います。さて、朝もやしダイエットを始めて2~4日すると、便通がよくなりました。多いときは1日に7~8回もお通じがあり、しかも、その量がとても多かったのです。

宿便が、腸壁からごつそり取り除かれていくような爽快感がありました。さらに、この朝もやしでダイエットをするようになってから、毎朝、ウォーキングをする習慣が身につきました。一般的に、ダイエットのために食事を工夫し始めると、並行して運動も実践するようになるものです。このように、やせることに対する意識が高まれば、自然に、そして、健康的にダイエットを実現できるといっていいでしょう。

こうして、この朝もやしのダイエット法を続けた結果、少しずつ体重が落ちていきました。そして、2年ほどたったときには、74キロになり、一18キロの減量に成功。おかげで、以前感じていたような倦怠感もなくなり、満足しています。

今では、毎日というわけではありませんが、朝もやしは続けています。リバウンドすることもなく、体重もキープできているので、うれしい限りです。

もやしという野菜は、食物繊維が豊富なので、便通を改善するのに役立ちます。

また、私の場合、スープに入れて摂取したので、体を温めて代謝をアップさせた点でも、ダイエットに奏功したのでしょう。

ダイエットは必要ないというかたでも、もやしはお勧めした、い野菜です。エネルギーが低い一方で、たんばく質やビタミンC 、カルシウム、リン、カリウムなどの栄養素に富んでいます。ちなみに、これらの要素は、体調を整えるうえでも非常に役立つでしょう。まだまだ寒い日々が続くと思います。体がポカポカになる朝もやしをお試しください。

1分で作れるレンジでチンもやしは便秘解消に効く! | 腸をきれいにして便秘解消

カプサイシンのダイエット効果の真偽

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近、肌身離さずトウガラシを持ち歩き、うどんやそばはもちろん、ごはんや味噌汁、焼き魚などにまでトウガラシをかけて食べる人が増えています。彼らがトウガラシを常用するのは、トウガラシに「ダイエット効果がある」といわれているからです。

ところが、このダイエット方法はおすすめできません。トウガラシに脂肪を燃焼させる力があるのは事実です。また、発汗作用もあるため新陳代謝も高まります。

しかし、毎食、毎食、トウガラシのような刺激性の強いものをとつていると胃の細胞が壊れ、ガンなどになりやすくなってしまいます。トウガラシで「ダイエットに成功した」という人もいるかもしれませんが、それは、トウガラシの効果ではなく、胃を壊した結果と受け止めたほうがいいでしょう。

ダイエットとは「健康にやせる」ことを目指すものです。結果的に体重は減るかもしれませんが、身体を傷つけるような方法をダイエットと呼ぶことはできません。ただ、トウガラシが身体に毒かというと、けっしてそんなことはありません。むしろ、その道です。トウガラシが高血圧や糖尿病に効果があることはさまざまな研究結果からも明らかですし、トウガラシに含まれているカブサイシンと呼ばれる酵素に体内の発ガン物質を非活性化する働きがあることもわかっています。大事なことは、使い方です。適度にとる分には健康効果が期待できますが、トウガラシのとりすぎは禁物です。特に、胃に潰瘍のある方は控えたほうがいいでしょう。

Q&A形式によるダイエット情報

ダイエットには海藻が効果的

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

一般に「ダイエット食」といわれているものは、次の4 つのどれかに当てはまります。第一は脂肪を燃焼させるもの。第二は新陳代謝を促進するもの。第三は便通をよくするもの。第四はカロリーの低いものです。

雑誌やテレビでは次々と新しい「ダイエット食」が登場しますが、基本はこの4 つ。「新しいダイエット食」といわれるものも、この4つの何かに当てはまるはずです。

海藻がダイエット食といわれるのは、この4 つのうちの3つに当てはまるからです。3つとは新陳代謝と便通とカロリーです。新陳代謝に関係のあるのはヨードです。

海藻にはヨードがたくさん含まれていますが、このヨードに新陳代謝を促進する働きがあることがわかっています。便通を促すのは、海藻に含まれている食物繊維です。カロリーに関しては、海藻は申し分ありません。海藻のカロリーはゼロ。どんな低カロリー食品も海藻にはかないません。このように海藻にはダイエットにつながる要素が3つもあります。

海藻がダイエット食といわれるのはそのためです。ただ、海藻が優れたダイエット食品であることはたしかですが、海藻はダイエットの心配のない人にも必要です。特に重要なのはヨードです。ヨードは地上の植物には含まれていないので、海藻からとるしかありません。

また、他にも海藻にはカリウムやカルシウムなども含まれています。海藻は単にダイエット食として優れているだけでなく、健康食としても満点といえるでしょう。昔、海のない中国の内陸部では、海藻は薬として取引されていたといいますが、これも納得できる話です。

低分子モズクエキスフコイダンの効果

「血液サラサラ」が美容に効果的ならば、一歩進んでダイエットにもいいのだろうか?「もちろん、そうです。よく、太ってしまったら、有酸素運動をしなさい、といわれますよね? 有酸素運動とはウォーキングや水泳など、一定の呼吸を継続的に行なう運動です。

なぜ、有酸素運動かというと、体についてしまった脂肪を燃焼するには酸素が必要であり、たくさんの酸素を送り込むためには、ウォーキングなどのように、たくさん呼吸をする運動がいい。で、体中に酸素を届けるのは血液の役目。この血液がドロドロだと酸素が全身に巡らないし、脂肪だって燃えないということになります。

「有酸素運動をしている間に汗をかくと、血液が濃くなってきますから、あい間にも十分に水分補給が必要になります。

また、最近よく耳にする「セルライト」。これは、お尻や腿のあたりに脂肪の組織がデコボコ状になってできるものだが、やはり「血液サラサラ」によって解消する、という。「セルライトは血液循環が悪くなり、脂肪の固まりができた状態。つまり、血液がドロドロだとできるんです。その証拠に、日本の女性よりも欧米の女性のほうがセルライトができやすいのですが、欧米はご存じの通り肉をよく食べます。動物性の脂肪は血液をドロドロにしやすいから要注意です。

確かに、日本で発売されている、セルライトに対応するスリミング剤や錠剤などは、ほとんどが欧米のものです。向こうの人はそれだけ深刻ということです。「スリミング剤を使うのもいいですが、やはりいちばんの対処法は肉中心の食生活を改めること。そして、血液の状態をサラサラにしていくことです。

血液をサラサラにするには、たとえば青魚を食べるという方法もあります。青魚に含まれるDHAという脂が血液をきれいにしてくれる、という話を耳にしたことがあるはずです。だが、カロリー的にはサンマ1匹で約160キロカロリーと脂だけにやはり高エネルギーです。

ダイエットを考えるなら、やはりノンカロリーの水だろう。「水には血液をサラサラにして、脂肪燃焼を促したり、セルライトを解消するだけでなく、水分代謝をよくし、体内に滞っていた水を排泄する働きもあります。ですから、「水を飲んでも太るから」とか「むくむから」という理由で水を飲まない女性もいますが、ダイエットしたい人こそ、水を積極的に摂取するべきなのです。また、ダイエットの大敵「便秘」も朝1杯の水を飲むことで、腸の動きを活発にし、解消につながります。こうした面からも、水はダイエットの強い味方なのです。

柔らかい水がやっぱり合っている

こちらの記事で紹介されているとおり、腹ヤセ脳になるためには、自らの生活習慣を観察・記録する「セルフモニタリング」が必要です。セルフモニタリングをやれば、「よくかんで食べる」「なるべく階段を使う」といった行動に対する体重の変化を、はっきりと把握することができます。

セルフモニタリングのやり方は簡単。セルフモニタリングシートを用意し、行動日標と達成度合いの評価、体重・腹囲などの測定値を毎日記録するだけです。行動日標は、食事と運動でそれぞれ3個まで、合計で最大6個、設定して記入します。

ここで、「10 kgやせる! 」といった体重の数値目標がないことに、疑問を持つ人もいるかもしれません。実は、腹ヤセ脳をひけつ作る第二の秘訣は、「体重の目標設定をやめること」なのです。

ダイエットの目標設定では、「体垂5 kg減」「ウェスト10 cm減」といった数値目標を立てるのが一般的。しかし、こうした数値目標を立てると、逆にダイエットで監視する危険が高まるのです。

ダイエットを始めても、体重が減りだすのには時問がかかります。そこで、体重の数値目標を決めてしまうと、短期問で達成したいと無理をしがちになります。その結果、「がんばってもやせられない」「何をやっても成果が出ない」とあきらめ、挫折してしまうのです。

また、がんばって目標を達成したとしても、急激に体重を落とせば、それだけリバウンド(体重がもとに戻ること) をする確率も高くなります。腹ヤセ脳を作るためには、体重や腹柑四などの数字ではなく、「何をするか」という行動を目標としてください。

そのさいに重要なのは、他人に強制されることなく、「やってみたい」「続けられそう」と思える行動日標を自分自身で決めることです。人は、自分で決めたことに対しては、前向きに取り組むことができます。行動日標を自分で決めれば、やる気も高まり、ダイエットを成功へと導くのです。

毎日、体重測定をして増減を予測する

体重の目標設定をやめるといっても、体重の変化を無視するわけではありません。体重は毎日測定し、記録してください。体重は、腹ヤセ脳になった結果を評価するための基準とするのです。体重は、1日1回、決まった時間、常に測るようにします。体重計は、100g単位で体重を正確に測れるデジタル式を使うようにしましょう。毎日体重を測る習慣ができると、体重計に乗る前に自分の体重が予測できるようになります。

今日は通勤時に階段を使ったから500g減っているかな」「昨晩お酒を飲みすぎたから300g増えているかも」といった具合です。もっとも、予測を的中させることが目的ではなく、予測どおり減っていても増えていても、なぜそうなったかという原因を考えることが大事です。

こうして自らの行動をセルフモニタリングすれば、行動と成果が結びついて、やる気が高まるのです。とはいえ、体重が確実に増えていそうな日は、あえて体垂を測らなくても大丈夫。体重計の数字を見てショックを受けるくらいなら、体重計に乗らない日にしてしまったほうが、結果的に長続きします。

息苦しく感じずに余裕を持って行うのが、腹ヤセ脳にすぐなる大事なコツです。毎日の体重測定に慣れてきたら、体重を折れ線グラフ化すると、より効果が高まります。グラフにすれば体重の変化が日に見えてわかりやすくなるため、ダイエットが楽しくなるでしょう。グラフの目盛りは1kg単位でなく100g単位にすれば、わずかな体重の変化が大きく感じられ、さらに親しみがわきます。

diet maniaではさまざまなダイエット方法。科学的な根拠に基づいた45種類のダイエット方法を紹介しています。