第6の栄養素として見直されつつある食物繊維

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日本人の食生活が戦後、欧米化するにともなって、日本の伝統的な食事に豊富に含まれていた食物繊維がどんどん減ってしまいました。それに並行するようにして肥満、糖尿病、心筋梗塞、大腸ガンなどが急速に増えてきました。

食物繊維は消化吸収されないために直接、栄養分になるわけではありません。そのために、一時はまったlく不必要なものと考えられていました。ところが、食物繊維には胃や腸をきれいに掃除したり、腸内の悪玉細菌の繁殖を防いでくれる働きのあることがわかってきました。

食物繊維が大腸ガンなどの予防に効果を発揮するといわれるのも、直接、ガンそのものに作用するというよりは、腸内のいろいろな発ガン性の物質を吸着して排泄するからだと考えられています。

成人病の予防に役立つ食物繊維

食物繊維が腸に入っていくと、腸のなかで嵩が増えて、有害物質の発生おさえたり、すでに発生した有害物質を吸着して洗い流してくれるので、成人病の予防に役立つのです。

反対に食物繊維が不足すると、腸内に悪いタイプの腸内細菌が増えていろいろな有害物質を作り、それがいつまでもお腹のなかに留まって便秘や憩室症、大腸ガンなどさまざまな病気発生の温床になってしまいます。それだけではありません。現代人は糖分を摂りすぎる傾向ですが、食物繊維を組み合わせて食べると糖質の吸収を抑えることができます。それは、消化吸収されない食物繊維が腸内で糖質と結びつき、その吸収速度を遅くするからです。それから、

食物繊維の多いものを食べていると、食べたものが胃に停滞する時間が長くなり、その分、胃液の分泌が活発になり、粘液の供給量も多くなります。さらに小腸でも粘液の分泌が多くなり、食物の腸内での動きが非常にスムーズになるので結果として便秘を防ぐことができます。

ところで、食物繊維をたくさん含んでいる食物といえば、ほうれん草やキャベツなどといった野菜を連想しがちですが、意外と盲点なのが豆類です。小豆、大豆、枝豆、空豆などのほか、サヤエンドウ、インゲンなどにも食物繊維が含まれています。

実は、驚くことにこうした食物繊維を補うのにもウコンはうってつけなのです。ウコンの成分をみるととわかりますように、食物繊維が100g中に5.2%も含まれています。つまり、現在、医学界でも注目が集っている食物繊維を補ってくれるという点でもウコンはすぐれた存在なのです。

ウコンには現代人が不足している「食物繊維」も豊富に含む | ウコンの効能・効果
https://turmeric-guide.net/archives/270