コレステロール値を抑制

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

一方、ウコンには胆汁の分泌を促進することによって、高くなりすぎたコレステロール値を下げて調節する作用もあります。

コレステロールは、主には動物の細胞膜に存在する脂肪の一種で、植物には存在しません。したがって、以前のように穀類や野菜関係の食物が多かった日本人の食生活では、コレステロールの問題はありませんでした。

ところが、近年の傾向に見られるようにグルメ志向がはなはだしくなると、その分、動物性脂肪の摂取量も増え、当然のこととして、血液中のコレステロール値もどんどん増え続けています。

それから、最近の若者の味覚は食生活の変化にともなって、かなり変わってきているようです。事実、ある報告によれば、昔の人が味わっていたアミノ酸味から脂肪味への変化が激しいといわれています。

アミノ酸味とは、コンブ、カツオ節、煮干し、シイタケなどから取れる日本伝統の味です。ところが最近はこの味にはそっぽを向き、ラード、ヤシ油、パーム油などの脂肪による味を好む傾向が強いというのです。

確かに若者に人気のあるファーストフードのハンバーガー、フライドチキン、フライポテトなどは、みな脂肪味ばかりです。その他にも、チャーハンや即席ラーメンの味を引き立てるために使われる油もラードです。

今や米国よりも高い日本の若者のコレステロール値

こうした味に慣らされた若者の味覚がアミノ酸味より脂肪味へ傾くのは時代の流れとしては避けられないのかもしれません。とはいっても、傍観ばかりしておられないような問題も出てきています。というのも、驚くとにに最近の日本の若者のコレステロール値は、心筋棟塞多発国である米国よりも高くなっているとさえ指摘されるようになっているからです。

ウコン無理なくコレステロール値をコントロールする

ところで、一般にコレステロールという言葉を耳にしますと、コレステロールそのものが人間の体にとって、有害なもののように思われがちですが、本来はコレステロールだって私たちの体になくてはならない大切な要素なのです。

人間の体は細胞の集合体としてできていますが、コレステロールはリン脂質とともにその細胞の膜を作っています。また、同じ体のなかでもコレステロールが多く存在するのは脳や神経で、それらの生命活動に対して、とても重要な働きをしています。

さらに、男性ホルモンや女性ホルモンなど、生命の機能を維持するのに必要なホルモンの大切な原料になっているのもコレステロールですし、脂肪の消化吸収に欠かせない胆汁酸もコレテロールからできています。ですから、コレステロールは、その値が正常な範囲にあるかぎり、私たちの健康にプラスの働きをしてくれています。

ところが、最近の日本人の食生活では動物性脂肪のとりすぎが目立ち、その分、過剰になったコレステロールが血管壁にたまって血液の流れを悪くし、動脈硬化症などの問題を引き起こします。

そこで現代医学では、医薬品を使ってコレステロール値を下げようとしますが、困ったことにこの医薬品は副作用が大きすぎてあまり多用できません。これに対してウコンには、胆汁の分泌を促進することにより過剰なコレステロール値を下げて調節する働きがあります。しかも、ありがたいことにウコンならば副作用の心配がまったくないので、安心して使用することができます。このように、ウコンは肝臓機能を強化してくれるだけではなく、とても自然なかたちで作用しながらコレステロール値をも調節してくれる素晴らしい生薬なのです。

コレステロール値を下げる特許成分が含まれたウコンのサプリはこちら。