尿の出がよくなり便秘、皮膚症状もよくなり薬が不要になった

女手ひひとつで2人の子どもを育ててきましたので、子育てと仕事の両方に追われて、とても自分の体を顧みるひまなどありませんでした。

60歳も間際のころから急に体調が思わしくなくなり、やがて尿の出が悪くなって、ひどいときには体がむくむまでになりました。

ある朝起きると、あまりに調子が悪いので、2~3日休んでいたらきっと治るのではと思い寝ていたのですが、それどころか状態は悪くなる一方で、ついには震えが襲ってきて、熱も出てくるほどでした。

いつも気力で乗り越えて無理してきた私もさすがにこれではまずいと思い、病院に行きました。すると、腎孟腎炎にかかっていることがわかり、尿道に菌が入り込んでいるといわれました。

それに、私はひどい便秘症なのですが、そのために腸が満杯になっているとのこと。それでも、責任ある仕事をしていたので入院することはせず、1週間通院しながら点滴を受けました。

それ以後は、疲れがたまってくると、決まって膀胱の調子が悪くなり、あまりひどいときは病院に走り込むようなことを何度か繰り返していました。

そんなある日、「おふくろ、これ飲んでみたら」と息子から紹介されたのが、ウコンだったのです。しかし、そのときは飲まずじまいでした。というのは、ウコンは見るからに飲みにくそうでしたし、実際に口に入れてみると少し苦みがあったからです。

それで、このときは飲むのに抵抗があって、そのまま戸棚に仕舞い込んでしまいました。それからしばらくして、今度は老人性皮膚炎にかかり、体のあちこちに小さなイボみたいなものができて、かゆくて仕方ありませんでした。

そのとき、ふっとウコンがジンマシンに効いたという話を思い出し、もしやしてと思って戸棚にしまっておいたウコンを取り出して飲んでみました。今度は苦くても体がよくなるならと思い、続けて飲んでみると、1ヶ月くらい過ぎた頃からかゆみがなくなってきたのです。

そればかりか、あれほど悩まされた便秘まで治り、尿の出もものすごくよくなりました。これは間違いなくウコンのお陰だと確信しましたので毎日、朝昼晩と1回4錠飲み続けました。

それでもたまに飲むのを忘れていると、イボが出てきてしまうので、あわてて飲み始めるとイボが消えていくという体験も何度かしました。それから、私の義理の兄弟は酒を飲むとジンマシンが出るというので困っていました。それでウコンを紹介したところ、すぐに飲み始めたようですが、それからはお酒を飲んでもジンマシンが出なくなったと喜んでくれました。

昔からウコンには利尿作用があるといわれていますが、ウコンを飲むと尿の出がよくなったとか、失禁が治ったという症例をよく開きます。さらに便秘も解消されれば、体の毒素の排泄が進み、皮膚病にもよい影響が表れてくるものと思われます。

皮膚病に対する期待 | ウコンの効能・効果
https://turmeric-guide.net/archives/291