C型肝炎と高血圧が好転

10年以上前にC 型肝炎が発症し、それ以来、朝起きるときは寝床から這って起きるような毎日が続いていました。それでも会社経営の責任上、自分が休むわけにはいかないと思い、無理しても出社していました。

肝炎になるとGOT やGPTの数値が高いほど体がだるいそうですが、私の場合も体がだるくて朝はなかなかすっきり起きることができませんでした。

周囲の人の目にも、顔色が悪く、見るからに疲れた顔をしていると映ったに違いありません。

そんな状態のなかでたまたま出合ったのがウコンでした。それ以前にも沖縄の友だちからウコンのことは聞いて知ってはいましたが、実際に飲んでみようとまでは思いませんでした。

でも今度は試してみようと思い、飲み始めたのです。すると驚いたことに、1週間ほどで今までは、まっ茶色だった尿が黄色くなり、ついには透明にまで変化していったのです。しかも、それにつれて体のだるさもとれていきました。

2ヶ月くらいたった頃には、体のだるさはほとんどなくなり、体の調子も信じられないくらいよくなりました。もう1つ、ウコンを飲み始めてうれしかったのは、3年前くらいから血圧が高くて大丈夫だろうかと心配していたのが、3ヶ月くらいで好転したことです。

その間、血圧を測ってもらうと、いつも上は180mmHGで、下は110mmHG以下になることはまずありませんでした。もちろん、病院の薬は飲んでいましたが、併せてウコンを飲み始めると、3ヶ月後くらいには上は130~140mmHGになりました。下はどうしても100mmHG以下には下がらなかったのですが、80~90mmHGくらいになったのです。

担当医の鹿ル生はやっと薬が効いてきたみたいだといっていましたが、まだ先生には悪いと思い、ウコンのことは話していませんでした。

次の検査のときに思いきって先生に話しましたら、沖縄出身の医師が知り合いにいるからどんなものか聞いてみますといってくれました。すでにウコンを飲み始めてから5年以上になりますが、毎日欠かさず朝、昼、晩の3回食後にウコンのサプリを4錠ずずずつ飲んでいます。

こうしてウコンと出会うことができたお陰で、C型肝炎で苦しんでいたときとは嘘のような毎日を送っています。その他にも肩こりがなくなり、頭痛が消えたのもありがたいことです。それと、それまでは食欲がなかったのに、ウコンを飲むようになってからはお腹がすいて食欲が出てきました。

妻にもウコンを勧めたところ、やはり食欲が出てきたといいます。とはいっても、特に女性の場合は食欲が出ると太るのではないかと心配されるかもしれませんが、私にしても妻にしても太ることはありません。それよりも食事がおいしく食べられるのでとてもありがたいのです。それどころか、妻の場合はかなり深刻な便秘で苦労していたのに、ウコンを飲むようになってからは、すっかり解消したと喜んでくれました。

私はそれほどお酒を飲むほうではありませんが、お酒を飲む前にウコンを飲んでおきますと、飲まないときに比べて翌朝に酔いが残らないのもウコンのすごいところだと思います。

実は、私の東京に住んでいる実兄も同じ肝炎で苦しんでいましたので、ウコンを飲んでみたらと送ってあげました。2ヶ月くらいしてから用事のついでに立ち寄って様子を聞いてみますと、「体の調子がよくなつた。しばらく仕事をしていなかったが、何か事業でもやろうかと考えている」と喜んでくれました。

確かに、以前とは違って、見るからにやる気にあふれている感じでした。私としても実兄にとても喜んでもらえて感謝しています。

ウィルス性の肝炎はなかなかやっかいな病気で、一度よくなっても油断できません。体に無理を重ねることは避けて、肝機能強化作用のあるウコンを継続して飲みながら肝臓をいたわってあげてください。

また、ウコンによって肝臓の解毒機能が強化されるとアルコールの解毒作用も活発になるので二日酔いが軽くなりますが、だからといって飲みすぎにはくれぐれも気をつけてください。

疲れた肝臓に!特許取得成分配合 二日酔い・飲み過ぎ対策サプリ「エカス ekas」
https://turmeric-guide.net/ukon