胆石の肝障害で数年も働けなかった夫が見事回復

の夫は肝臓の病気で数年間も働くこともできず、療養生活を送っていました。それからウコンを辛抱強く飲むようになってから肝臓の調子がよくなり、今では元気に働けるほどになっています。

今から8年前の12月に主人は胆石で入院しました。すでに黄疸の症状も出ていましたが、検査の結果、胆石が胆管につまり、胆汁の流れが悪くなっていて、その結果、肝臓機能もかなり弱っているとの診断でした。

それ以来、療養生活に.入りましたが、2年以上も働けず、大の代わりに私がストアでパートとして働くことになりました。

そこで知り合った方から紹介されたのがウコンです。夫の肝臓が悪いことを相談してみると、ウコンがとても肝臓にいいからと勧めてくれたのです。正直いって、それまで私はウコンのことをまったく知りませんでした。もちろん、名前を聞くのもそのときが初めてでした。

ですから、最初はそんなものが、はたして本当に肝臓に効果があるものなのかどうか半信半疑でしたが、夫に「ウコンが肝臓にいいんだって~」と話すと、少しでも肝臓によいものなら飲んでみようということで試してみることになりました。

サンプルを飲みながら、すでに利用されている方の体験談も読んだりして、これなら本格的に飲むことにしようと夫は決めたようです。とはいっても、飲み始めて2ヶ月たってもはこれといった変化が何もありませんでした。ところが、6ヶ月、1年、2年と続けるうちに周囲で見ていてもどんどん体調がよくなっていくのがわかりました。

その後も夫はクコンを毎日欠かさず飲み続けていますが、お陰で肝臓機能のほうはすっかり回復し、元気で仕事ができるようになっています。

胆汁は肝臓で作られたあと、いったん胆嚢に蓄えられてから十二指腸に送り込まれ、十二指腸の分解吸収に利用されます。この胆汁分泌は肝臓機能を知るうえで指標となるものです。藤橋さんの場合もウコンの利胆作用で、胆汁の流出状態がよくなり、その結果、肝機能を回復できたのだと思われます。

胆汁・唾液の分泌をよくして胃腸の調子をよくする | ウコンの効能・効果
https://turmeric-guide.net/archives/247