市販の風邪薬は・風邪を治す薬

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

風邪薬をいくら飲んでも、風邪を根本から治すことはできません」これは本当の話です。病院で処方される薬も市販薬も、咳、鼻水、鼻づまり、発熱などの風邪の症状を緩和して、体を楽にするだけの対症療法薬に過ぎません。

総合感い胃薬と呼ばれる薬も、解熱鎮痛剤、鎮咳去疾剤、抗ヒスタミン剤などをバランスよく複合した医薬品であり、風邪を治すことはできません。

風邪の90 %以上は、ウィルス感染により発症します。したがって、風邪を根本的に治すためには、ウィルスを退治する薬が必要です。

「タミフル」や「リレンザ」といった薬は、インフルエンザウィルスを退治する抗ウィルス薬ですが、あくまで抗インフルエンザウイルス薬であって、通常の風邪には効果はありません。

また、風邪の原因となるウィルスはおよそ200~300種類とひじょうに多く、それぞれの大きさ、性質、増殖部位が異なることから「すべてのウィルスに効果のある薬」の開発は困難です。

したがって、ウィルス退治は体の免疫機能に委ねるしかありません。風邪の治療に休養と栄養補給が重要なのは、この免疫機能を十分に働かせるためなのです。

ところが、抗生物質で風邪が治ると誤解されている患者さんも少なくありません。「抗生物質は細菌を殺すのだから、ウィルスにも効果があるはずだ」と信じ込んでいらっしやるようです。

細菌とウィルスはまったく別ものです。細菌の大きさはウィルスの何十~何百倍もあり、なかには肉眼で見えるものもありますが、ウィルスは電子顕微鏡を使わない限り見えません。

また、細菌は自分自身が分裂して増殖できるのに対し、ウィルスは他の生物に寄生して、その生物の力を借りて増殖します。ですから、抗生物質がいくら細菌退治に効果があっても、風邪に効くことはほとんどありません。

抗生物質は万能薬ではないし、過剰に使用すると、細菌に耐性ができて、抗生物質の効かない細菌が蔓延してしまうことがあることも覚えておいてください。

風邪薬は症状に応じて選ぶ。総合感冒薬、鎮咳去痰薬、漢方薬

風邪の時の入浴はNG?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

風邪をひいたら汗をかくは間違いからすると入浴はNGのように思いますが真意はどうでしょう?

「風邪を引いているのですが、入浴してもいいですか? 」と患者さんによく尋ねられます。そんな時私は、患者さんの全身状態を診て、問題がなければ「いつもと同じ入浴ではダメですが、ぬるめのお湯で「カラスの行水」程度ならいいですよ」と答えることにしています。

それでは、なぜ、「いつもの入浴」はいけないのでしょうか。それは、入浴をするとエネルギーが消費され、体力が著しく消耗するからです。

たとえば、20歳代の体重65kgの男性が30分間入浴すると、100kcalほど消費します。これは30 分間の自転車こぎや、1時間程度のウォーキングとほぼ同じエネルギー消費量です。

風邪で体調がすぐれない時、体力を消耗すれば、治りが遅くなってしまいさらに、湯冷めが問題です。健康な人でも湯船でゆったり温まったあと、脱衣所に行くとブルッと震えることがありますが、熱の出ている人は自分の体温と外気温との差が大きくなるので、よけいに体温が奪われやすくなるのです。

「それなら、すぐに服を着ればいい」と思うでしょうが、風呂から上がって水滴をよく拭き取っても、しばらくは体温調節のために汗が出ています。その状態で下着を着けると、布地に汗がしみ込み、湿った状態になります。その汗が蒸発する時、体温を奪い、体を冷やします。

したがって、風邪を引いている時は「疲れず、湯冷めのしない風呂の入り方」をしなければなりません。

それが、カラスの行水です。ぬるめのお湯にさっと入って、体を洗って上がります。この時、脱衣所や風呂場をあらかじめ暖めておき、タオルで汗を拭き取ったあと、しばらくしてから服を着ると、疲労や湯冷めを防げます。っまり、風邪を引いている時の入浴はかまいませんが、入り方がポイントになるということです。

風邪・気管支炎・扁桃腺炎」体の冷えと血液の汚れが原因

風邪をひいたら汗をかくは間違い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「風邪を引いたら、大量に汗をかくようにして熱を下げればいい」という話をよく耳にします。なかには「たくさん着込んで布団を被って温かくして寝れば、風邪など一発で治る」と信じ、実際に行なっている方もいます。

たしかに、漢方薬のなかには発汗をうながして解熱させる効能を持つものもあり、いまでも、風邪の初期段階で発汗していない時に処方されることはあります。

しかし、体を熱くするような行為で、患者さんに無理矢理、汗をかくよう指導する医師は、いまや皆無でしょう。

何より熱が上がっている時に、着膨れするほど厚着をさせれば、患者さんがつらいだけでしょう。それでなくても、青息吐息の状態なのに、大量に汗をかけば、著しく体力を消耗させてしまいます。

とくに、体温調節が未熟な子どもや、体力のない高齢者にはひじょうに危険です。突然、体調が悪化することもあるので、厚着をさせるのは極力避けるようにしてください。おかんもちろん、適度な室温を保つことは必要です。また、熱の上がりはじめに悪寒を感じる時は、布団や毛布などで体を温めなければなりません。

無理な発汗は、体内の水分を急速に失わせ、脱水状態に陥る可能性を高めます。ここに体の疲労が重なると、風邪を長引かせるばかりか、症状をこじらせて肺炎などの危険な病気につながることもあるのです。

風邪の治療に特効薬はありません。一定経過をたどりながら自然に治っていくものですから、水分と栄養を補給しながら、ゆっくり静養するのが一番です。

それでも高熱が続いて苦しい時や、どうしても熟を下げたいという時は、太い血管の集まる脇の下や、首の周囲を冷たいタオルで冷やし、物理的に体温を下げるほうが発汗療法より確実ですし、脱水予防のためにもよいのです。

風邪・気管支炎・扁桃腺炎」体の冷えと血液の汚れが原因

風邪の発熱は薬で下げるのはNG

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

風邪やインフルエンザに感染すると、38度以上の発熱が数日間続くことも珍しくありません。これは人間の免疫機能を担う白血球が、体に侵入した「敵(細菌、ウイルス)」をやっつけようと必死に戦っているからです。

体は、発熱することで、熱に弱い細菌やウィルスを効率よく退治する防御システムを持っています。したがって、風邪やインフルエンザに感染して発熱した際には、安易に解熱剤で熟を下げるべきではありません。薬の力で、すぐに熱を下げる行為は、奮闘する白血球の足を引っ張ることにほかならないのです。

免疫力は、体温が1度上がれば約5倍に高まり、1度下がればおよそ30%低下すると言われています。38度台までの発熱ならば、あわてて薬で熱を下げる必要はありません。自然に落ち着くまで、水分補給を欠かさず、安静を保つように心がけましょ、う。

しかしいっぼうで、内臓機能は熱が1度上がると、10%近く低下するという説もあります。とくに胃腸症状がある場合、水分補給の不足と下痢、さらに高熱による発汗から急激な脱水となり、全身状態が悪化してしまいます。

39~40度の高熱が1日以上続く場合は、体が受けるダメージもかなり大きくなると考えられます。このような場合、解熱剤が必必要ともありますが、まずは家庭で体を適度に冷やしながら、自然な解熱を試みてください。

かつて、発熱の際には額の上に冷たいタオルを当てたり、氷嚢を載せたりするのが定番スタイルでした。近年では冷却シートが人気のようです。しかし、おでこを冷やすこの方法、気持ちはよくても熟を下げるためには有効とは言えません。熱を効率よく下げたいのであれば、皮膚の浅いところを走る動脈を冷やし、全身を巡る血液の温度を下げることです。

首筋、脇の下、そして、ももの付け根を布で包んだ保冷剤などで冷やせば効果的です。

風邪・気管支炎・扁桃腺炎」体の冷えと血液の汚れが原因

水よりも塩水やうがい薬のほうが効果的?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「風邪の予防は手洗いと、うがいが基本」風邪が流行る季節になると、さかんに言われる言葉です。

たしかに、外出先から帰宅した時などは、のどや手に付着した細菌、まちがいではウィルス、汚れなどを洗い流せば、それだけで風邪予防の効果が期待できます。

ただ、問題はうがいのしかた。たとえば、1 、2 回ガラガラとやってもあまり効果はありません。正しいうがいは、のどを洗うための十分な量(20 ミリリットル程度)の水を含み、上を向いて舌を出すようにしながら、のどの奥で20秒ほどガラガラします。これを3回以上繰り返すと効果的です。

うがいに用いる水は、水道水でかまいません。よく塩水でうがいをする人がいますが、うがいの効果はただの水と変わりません。塩には殺菌効果があるので、のどのウィルスを殺してくれるような気がするのでしょうが、塩水でウィルスは死にません。

もし、塩水がウイルスをやっつけてくれるなら、風邪を引いた時、塩水をのどに塗ったり、飲めば治ることになります。風邪予防のためのうがいの目的は、あくまでものどについた細菌、ウィルスなどを洗い流すこと。したがって、ただの水でも十分です。

実際、水でうがいをした場合の風邪の発症確率は、しない場合に比べ40%も低下。いっぽう、ヨード液のうがい薬には、水にょるうがいを上回る予防効果は得られなかった、との京都大学保健管理センター川村孝教授らの実験データがあります。

風邪予防には甘酒が見直されています。

九州で評判の甘酒「ジャパニーズヨーグルト」のレビュー&口コミ

マスクで風邪は予防できるか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

風邪が流行する時期になると、町中にマスクをした人が多くなります。2009年、新型インフルエンザが流行した時は、マスクが売り切れる薬局が続出し、話題になったものでした。

よほど重症にならない限りマスクをする習慣のをいアメリカやヨーロッパでは、この日本の光景がとても奇異に映るらしく、「日本人はマスク姿の異常な集団」などと、おもしろおかしく報道されることがあったようです。

では、日本人はなぜマスクをするのでしょうか?

「風邪を人にうつさないためのエチケット」とか、「風邪を予防するために決まっているでしょう」と言われそうですが、はたしてマスクにそのような効果があるのでしょうか?じっはマスクをしても、ひとたび咳をすれば、風邪の原因ウイルスは秒速10 メートルもの猛スピードで、マスクの外へ飛び出してしまいます。

なぜなら、ウィルスは1ミリの約1万分の1~10万分の1とひじょうに小さな生物なのに、マスクの穴(織り目は、ウィルスをサッカーボールにたとえると、サッカーコートにも匹敵する大きさです。

最近は高密度素材のフィルターのついたマスクがありますが、これにしてもウィルスを完全にブロックすることなど不可能です。

つまり、マスクには、咳やくしやみで飛び散るウイルスを若干減らすことはできても、完全に阻止する「人にうつさない効果」はあまり期待できません。ただし、マスクの内側には呼吸のたびに湿気が治まり、のどや気道の乾燥を防ぎます。また、この湿気の層が、ウィルスの侵入を阻止するバリアになります。

ウィルスは湿気が苦手で、湿度の高い環境では増殖力も弱くなります。マスクは、すでに風邪を引いてしまった人の「のどの痛みをやわらげたり、ウィルスから自分の身を守ったりする効果」なら期待できそうです。冬場に外出する時は、積極的に利用してほしい風邪予防アイテム、それがマスクです。

風邪予防には甘酒が見直されています。

九州で評判の甘酒「ジャパニーズヨーグルト」のレビュー&口コミ

ジェネリック医薬品の効きは同じか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ジュネリック医薬品とは、特許権が消滅した先発医薬品について、特許権を持っていなかつた医薬品メーカーが、その特許内容を利用して製造した、同じ成分の安価な薬です。

「後発薬」とも言われます。医療費削減を目指す厚生労働省は、この薬の使用促進を図るため、2006年から処方箋の様式を変更、患者さんが希望し、医師の署名があればこの薬を使えるようにしました。

同年の調査によると、当初の処方箋どおりに調剤した場合に比べ、ジュネリック医薬品へ変更した場合の薬代は34%も低下した、ということです。薬代が安くなれば、患者さんの治療費負担が軽減し、国家レベルの医療経済も莫大なコスト削減が期待できる。これが、この政策の要諦ですが、現実的に普及するまでには、まだまだ時間がかかると言わざるをえません。

なぜなら、臨床現場には、後発薬の効果について疑義を持っている医師たちもいるからです。「薬をジュネリック医薬品に変えたら、血圧が思うように下がらない。睡眠導入剤を使ってもよく眠れない」などと患者さんに訴えられ、元の薬に戻すケースも少なくありません。

これは私見ですが、成分が同じ薬でも、コーティングの材料が少し違っていたり、製造工程の微妙な違いがあったりすると、体内での薬の溶け方や代謝時間、効きめは違ってくるのではないかと思います。先発薬は長い年月をかけて開発し、臨床試験を経て、医療現場に導入されますが、ジュネリッタ医薬品は成分が同じということだけで、臨床的に同じ効果があるのかどうか十分に確かめないまま1 ~2年で承認されてしまいます。薬効や安全性についても、新薬でエビデンス(医学的根拠) が確立しているから後発薬には必要ないということでしょうが、やはり、ここが一番問題ではないかと臨床医として感じます。

医療費の一番のコスト削減は、まず、病気で倒れないこと、病気になったら、すばやく、効果的に治すことだと思います。ジュネリック医薬品がそれに寄与できるのか、医療関係者はもちろん、患者さんや読者のみなさんも注視する必要があると思います。

薬の選び方

現代人の体温は昔より低い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「微熱があって調子が悪い」という方に体温を測ってもらうと、36.7度でした。一般的な感覚では平熱ですが、この方のふだんの体温は35度後半から36度ということなので、微熱と感じてもしかたありません。

医学的には一般に37.5度以上を「発熱」と考えますので、この方の場合は発熱しているとは診断しません。ちなみに、発熱のうち37度台を「微熱」とし、39度以上を「高熱」とします。

最近、このような方が増え、日本人の「低体温化」が進んでいると言われています。50年ほど前の日本人の平均体温は、36度後半でした。いまは36度前後の人が多いという報告も出ています。

体温が低いとガン細胞が活発化してしまう

このような事実を踏まえて、ふだんから体温を測定している人が平熱よりも1度以上高い場合には、発熱を疑うと言う医師もいます。低体温化の背景として、食生活の変化、不規則な生活習慣、極端なダイエット、筋力低下による基礎代謝の低下、体のあらゆる細胞を働かせる甲状腺ホルモンの減少などさまざまな要因が挙げられていますが、

はっきりしたことはわかっていません。ただ、「冷えは万病の元」と昔から言われるように、体温が低下すると、体の至るところに数多くの影響が現われます。

不眠、肩こり、腰痛、腹痛、頭痛をはじめ、免疫機能の低下を招くため、感染症にかかる可能性が高まります。また、ガンや重篤な心臓疾患の発症リスクを2~3倍にも高めてしまうこともわかっています。

さらに、1日の体温の変化グラフと突然死をした方の割合のグラフを重ね合わせると、外気温が下がり、体温がもっとも低い時間帯(午前3~5時) に突然死が増加することも確認されています。

寒冷刺激が交感神経を刺激し、血圧や心拍数を増加させ、血管事故の直接的な原因となる血管内の血栓を作りやすくするのです。まさに体温が低ければ低いほど、死につながる可能性が高いということです。

加齢にともない、脳心血管系の疾患の原因となる動脈硬化が進み、抵抗力も弱まります。とくにご高齢の方は、体温低下が重篤な疾患を発症する引き金となることも予想されるので注意してください。

体温を上げる

身長の高い女性は乳がんになりやすい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「身長の高い人は乳ガンになりやすい」偏見と言われそうですが、これは本当です。まず、乳ガンはなぜ発生するのか? これは残念ですが、まだ、はっきり解明さていません。

ただ、乳腺の細胞は月経周期に合わせて分泌される女性ホルモン(エストロゲン) により、授乳していない時も分裂と増殖を繰り返します。もし、この時、乳腺の中の乳管という場所で「乳乳ガンの芽とも言える異常な細胞」が生まれてしまうと、その6~7割はエストロゲンの働きにより増殖します。

そして、乳管のなかで増殖した細胞は、やがて乳管を突き破り、周囲の組織の繊維とともに増殖しながらしこりを作り、さらに成長していくというわけです。

つまり、エストロゲンが乳乳ガンと大きくかかわっているわけですが(別の因子で増殖する乳ガンもあります)、じつはこのホルモンが成長期に分泌されると、身長が高くなりやすいと言われています。身長の高い人の乳ガンリスクが高いのは、このためです。

最近、報告された国立がん研究センターで(特定の地域や集団に属する人々を対象に、健康状態、生活習慣、環境などの関係を長期的に調査する研究)も、「身長が高いグループの乳ガン発生リスクは、身長の低いグループより高い」と報告しています。

このほか、初潮年齢が低い(早い)、閉経年齢が高い(遅い)、出産経験がない、家族が乳ガンになった人なども、長期間、大量のエストロゲンにさらされている可能性が高いためハイリスク群に含まれます。

また、太っている方は、閉経後もエストロゲンにさらされている可能性があるので注意が必要です。いっぼう、まさかと思われるかもしれませんが、全乳ガン患者の約1% が男性です。男性にも、乳腺は乳頭の下に退化した状態で残っているため、乳がんが発生するのです。しこりなどの自覚症状が現われたら、女性と同様に乳腺外来、乳腺外科などでマンモグラフィやエコー検査を受けることをおすすめします。

乳ガンの手術後、ハナビラタケ増強食を飲んだら薬の副作用が予想以上に軽く仕事にも完全復帰

前立腺肥大の薬で・ハゲにも効く薬がある

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

バイアグラ」という薬をご存知ですね。バイアグラは当初、抗狭心症薬として開発が進められました。残念ながら、臨床試験でその有用性は認められませんでしたが、思わぬ副作用が生じ、いまでは「ED治療薬」としてすっかり定着しています。

じつは、前立腺肥大症の治療薬にも、育毛やハゲ治療に効果的だと話題を集める薬があります。前立腺は、排尿や生殖にかかわる男性特有の臓器ですが、前立腺が肥大すると頻尿、尿漏れ、排尿困難、残尿、尿閉といった障害が現われます。

原因はいまだにはっきりしていませんが、50歳代以上に多発することから、「男性ホルモン」と「加齢現象」が発症に大きくかかわっていると考えられています。

おもな治療は、根治が期待できる外科手術と、薬で症状の改善を図る薬物療法です。前立腺肥大症の治療薬には、さまざまな種類がありますが、「育毛効果」が認められているのは、「デュタステリド」という男性ホルモンの働きを抑える薬です。

この薬は、男性ホルモン(テストステロン) をより活性の高いジヒドロテストステロンに変換する5 α還元酵素の働きを抑制し、肥大した前立腺の縮小と排尿障害を改善する薬です。男性ホルモンはアンドロゲンとも言われるため、「抗アンドロゲン薬」というジャンルに属しています。

ハゲや脱毛の原因にも、男性ホルモンが大きくかかわっています。このため、前立腺肥大症の治療薬である「デュタステリド」は、同時に頭髪のトラブル改善効果を持つ薬でもあるわけです。

ただし、健康保険上の適応症はあくまでも前立腺肥大症のみですのでご注意ください。なお、日本皮膚科学会がこのほど発表した「男性型脱毛症治療のガイドライン」でA評価を受けた「リアップ」は血管拡張剤であり、もともとは高血圧の経口薬として開発されました。

しかし、髪を育成し、脱毛症を回復させる効果が発見されたため、一九八〇年代に外用薬として再発売されたという経緯があります。このように、どのような薬にも主作用と副作用がありますが、副作用が注目を集める薬も珍しくありません。

安全な育毛剤「M-1ミスト」実際の使用レビュー