ジェネリック医薬品の効きは同じか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ジュネリック医薬品とは、特許権が消滅した先発医薬品について、特許権を持っていなかつた医薬品メーカーが、その特許内容を利用して製造した、同じ成分の安価な薬です。

「後発薬」とも言われます。医療費削減を目指す厚生労働省は、この薬の使用促進を図るため、2006年から処方箋の様式を変更、患者さんが希望し、医師の署名があればこの薬を使えるようにしました。

同年の調査によると、当初の処方箋どおりに調剤した場合に比べ、ジュネリック医薬品へ変更した場合の薬代は34%も低下した、ということです。薬代が安くなれば、患者さんの治療費負担が軽減し、国家レベルの医療経済も莫大なコスト削減が期待できる。これが、この政策の要諦ですが、現実的に普及するまでには、まだまだ時間がかかると言わざるをえません。

なぜなら、臨床現場には、後発薬の効果について疑義を持っている医師たちもいるからです。「薬をジュネリック医薬品に変えたら、血圧が思うように下がらない。睡眠導入剤を使ってもよく眠れない」などと患者さんに訴えられ、元の薬に戻すケースも少なくありません。

これは私見ですが、成分が同じ薬でも、コーティングの材料が少し違っていたり、製造工程の微妙な違いがあったりすると、体内での薬の溶け方や代謝時間、効きめは違ってくるのではないかと思います。先発薬は長い年月をかけて開発し、臨床試験を経て、医療現場に導入されますが、ジュネリッタ医薬品は成分が同じということだけで、臨床的に同じ効果があるのかどうか十分に確かめないまま1 ~2年で承認されてしまいます。薬効や安全性についても、新薬でエビデンス(医学的根拠) が確立しているから後発薬には必要ないということでしょうが、やはり、ここが一番問題ではないかと臨床医として感じます。

医療費の一番のコスト削減は、まず、病気で倒れないこと、病気になったら、すばやく、効果的に治すことだと思います。ジュネリック医薬品がそれに寄与できるのか、医療関係者はもちろん、患者さんや読者のみなさんも注視する必要があると思います。

薬の選び方