ジェネリック医薬品 の 効き は同じか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ジェネリック医薬品 の 効き は同じか? 疑問に思う方も多いと思います。通常の薬より安価ですから不安に思う方もいるでしょう。

medications-g969f2434e_640.jpg

ジュネリック医薬品とは、特許権が消滅した先発医薬品について、特許権を持っていなかつた医薬品メーカーが、その特許内容を利用して製造した、同じ成分の安価な薬です。同じ成分ですから心配はありません。

「後発薬」とも言われます。医療費削減を目指す厚生労働省は、この薬の使用促進を図るため、2006 年から処方箋の様式を変更、患者さんが希望し、医師の署名があればこの薬を使えるようにしました。

薬局でアンケートのようなものを書く項目の中かに「ジェネリック医薬品でもいいか?」といった希望の有無を書く欄があるはずです。そこでジェネリック医薬品でもいいと書くとジェネリック医薬品が優先的に処方されます。

ただし、ジェネリックにない薬もありますのでそういった場合には適用されません。新薬のような薬はジェネリック医薬品にない薬もあります。

同年の調査によると、当初の処方箋どおりに調剤した場合に比べ、ジュネリック医薬品へ変更した場合の薬代は 34 % も低下した、ということです。薬代が安くなれば、患者さんの治療費負担が軽減し、国家レベルの医療経済も莫大なコスト削減が期待できる。これが、この政策の要諦ですが、現実的に普及するまでには、まだまだ時間がかかると言わざるをえません。

なぜなら、臨床現場には、後発薬の効果について疑義を持っている医師たちもいるからです。「薬をジュネリック医薬品に変えたら、血圧が思うように下がらない。睡眠導入剤を使ってもよく眠れない」などと患者さんに訴えられ、元の薬に戻すケースも少なくありません。

これは私見ですが、成分が同じ薬でも、コーティングの材料が少し違っていたり、製造工程の微妙な違いがあったりすると、体内での薬の溶け方や代謝時間、効きめは違ってくるのではないかと思います。

先発薬は長い年月をかけて開発し、臨床試験を経て、医療現場に導入されますが、ジュネリッタ医薬品は成分が同じということだけで、臨床的に同じ効果があるのかどうか十分に確かめないまま1 ~2年で承認されてしまいます。薬効や安全性についても、新薬でエビデンス(医学的根拠) が確立しているから後発薬には必要ないということでしょうが、やはり、ここが一番問題ではないかと臨床医として感じます。

医療費の一番のコスト削減は、まず、病気で倒れないこと、病気になったら、すばやく、効果的に治すことだと思います。

ジュネリック医薬品がそれに寄与できるのか、医療関係者はもちろん、患者さんや読者のみなさんも注視する必要があると思います。

薬の選び方

関連ページ

  1. 糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよい
  2. 糖 過剰摂取 日本人の多くが 糖を摂りすぎている
  3. 不妊症 の多くも 栄養不良 本質的な問題が見逃されている
  4. 生理前症候群 ( PMS ) で苦しみ、自己嫌悪におそわれていた女性たち
  5. 女性の体調不良も栄養不足からくるホルモンバランスが原因
  6. 食事が心も休も狂わせている
  7. 少しおかしな日本人が増加中
  8. 子供に問題がある場合は、お母さんにも問題がある
  9. 子供たちの食生活が起こす低血糖の危険性
  10. 「 朝食運動 」 ブレックファーストプログラム で劇的に変わった 子供 たち
  11. 多動症も精神的な問題も栄養不足が原因
  12. 毛穴 から体内に侵入する身の周りの恐ろしいもの シャンプー驚くべき危険性
  13. 虫歯予防の フッ素 も 危険 ワクチン も 危ない
  14. 化学合成の 添加物 保存料 毒物 も体にびっしり蓄積される
  15. 重金属 ( 水銀 アルミ 鉛 など) いっぱいの 日本人 の 体
  16. 木を見て森を見ない現代人
  17. 栄養とカロリーは全く異なる
  18. 骨密度は高くても骨折する
  19. 水虫は薬不要で治る?
  20. やけどをしたら患部に氷水を当てる?
  21. 鼻血が出たらティッシュを鼻に詰めるのは NG
  22. 擦り傷、切り傷は消毒が欠かせないは昔の話
  23. 妊婦はインフルエンザの予防接種は避ける
  24. 市販の風邪薬は・風邪を治す薬
  25. 風邪の時の入浴はNG?
  26. 風邪をひいたら汗をかくは間違い
  27. 風邪の 発熱 は 薬 で下げるのは NG 脱水対策をした上でクーリング 解熱対策
  28. 水よりも塩水やうがい薬のほうが効果的?
  29. マスクで風邪は予防できるか?
  30. ジェネリック医薬品 の 効き は同じか?
  31. 現代人の体温は昔より低い
  32. 身長の高い女性は乳がんになりやすい
  33. 前立腺肥大の薬で・ハゲにも効く薬がある
  34. 痛風でもビールを飲んでもいいか?
  35. 証明された!運動をすると風邪をひきにくくなる
  36. 寝れば寝るほど疲れる病気がある?
  37. 糖尿病の画期的な新薬
  38. コレステロール値は高いほうがいい
  39. 花粉症に-発で効く安全な注射があるというのは本当?
  40. 巻き爪 靴 大きめの靴を履くことで対策する
  41. むずむず脚症候群の原因
  42. 体温アップ=免疫力アップ
  43. 血管年齢と血液年齢
  44. 血液型O型は蚊に刺されやすい?
  45. 新しい説!胃もたれは胃の働きすぎ
  46. げっぷやおならが多い人は胃腸が悪いは間違い
  47. 口臭や口内炎がある人は胃腸が弱いわけではない
  48. 低血圧体質なら歳をとっても高血圧にはならない
  49. しょっぱい汗をかく人は熱中症になりやすい