身長の高い女性は乳がんになりやすい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「身長の高い人は乳ガンになりやすい」偏見と言われそうですが、これは本当です。まず、乳ガンはなぜ発生するのか? これは残念ですが、まだ、はっきり解明さていません。

ただ、乳腺の細胞は月経周期に合わせて分泌される女性ホルモン(エストロゲン) により、授乳していない時も分裂と増殖を繰り返します。もし、この時、乳腺の中の乳管という場所で「乳乳ガンの芽とも言える異常な細胞」が生まれてしまうと、その6~7割はエストロゲンの働きにより増殖します。

そして、乳管のなかで増殖した細胞は、やがて乳管を突き破り、周囲の組織の繊維とともに増殖しながらしこりを作り、さらに成長していくというわけです。

つまり、エストロゲンが乳乳ガンと大きくかかわっているわけですが(別の因子で増殖する乳ガンもあります)、じつはこのホルモンが成長期に分泌されると、身長が高くなりやすいと言われています。身長の高い人の乳ガンリスクが高いのは、このためです。

最近、報告された国立がん研究センターで(特定の地域や集団に属する人々を対象に、健康状態、生活習慣、環境などの関係を長期的に調査する研究)も、「身長が高いグループの乳ガン発生リスクは、身長の低いグループより高い」と報告しています。

このほか、初潮年齢が低い(早い)、閉経年齢が高い(遅い)、出産経験がない、家族が乳ガンになった人なども、長期間、大量のエストロゲンにさらされている可能性が高いためハイリスク群に含まれます。

また、太っている方は、閉経後もエストロゲンにさらされている可能性があるので注意が必要です。いっぼう、まさかと思われるかもしれませんが、全乳ガン患者の約1% が男性です。男性にも、乳腺は乳頭の下に退化した状態で残っているため、乳がんが発生するのです。しこりなどの自覚症状が現われたら、女性と同様に乳腺外来、乳腺外科などでマンモグラフィやエコー検査を受けることをおすすめします。

乳ガンの手術後、ハナビラタケ増強食を飲んだら薬の副作用が予想以上に軽く仕事にも完全復帰