虫歯予防の フッ素 も 危険 ワクチン も 危ない

虫歯予防の フッ素 も 危険 ワクチン も 危ない のです。日本人の大好きな魚のマグロにもっとも多く水銀が入っていると世界中のデータに出ています。
厚生労働症は魚類の水銀についてこのように発信しています。

episode-g21fe1e287_640.jpg

他に、アルミニウムにも問題があります。お鍋、お弁当箱、アルミ箔、缶などから溶け出て、私達の体に蓄積しています。

アルミニウムの毒性について厚生労働症はラットを用いた動物実験では、アルミニウムを多量に投与したときに腎臓や膀胱への影響や握力の低下などが認められています。食品の安全性を評価している国際機関(JECFA:FAO/WHO合同食品添加物専門家会議)では、人が一生涯摂取し続けても健康への悪影響がないと推定される暫定的な許容量(暫定耐容週間摂取量)として、体重1kg、一週間当たり、2mgという値を設定しています。としていますが、なかなか真実は遠い気がします。

また、日本の目薬や飲み薬には相当のアルミニウムが使われており、このような薬を使うとなお病気になります。目薬は安全なものを選びましょう。

これらは規制がないので、表示されていないだけなのです。虫歯予防として塗布するフッ素も、危険信号を発していることを突き止めました。

フッ素が虫歯予防に効果があるというのもでっちあげで、他の重金属以上に体に有害だということが分かりました。アメリカや北欧では、フッ素を水道水、歯磨き、虫歯予防に使うのは、人々を犠牲にして富を肥やそうという人間と企業の企みだ、と多くの団体に証明されているのに、日本政府はいったい何をしているのか、情けない限りです。

フッ素を虫歯予防に塗布、洗口された子供は、これが体に溜まり、多動症やアレルギーのような問題を起こしています。私は多くの犠牲者を知っています。これらの例をあげるまでもな弱く、日本の政府、医師、教師達の無知、無関心によって、どれだけ多くの人達が病気になっていることでしょうか。

加えて、ワクチンの中にも水銀などの重金属が入っていると言われ、三種混合以外のワクチンをした子供達は、体に毒物が溜まっているせいか、アレルギー、アトピー、自閉症、多動症、発育遅れの子供が非常に多いのです。有害物質は、毛髪テスト(自分でできる)で知ることができるので言い逃れはできません。

自閉症の子供がよくなった症例

自閉症は、周りに興味を示さず、友達と遊べず、言葉が出ない、こだわりが強いなどの特徴を示します。

対人関係が苦手·強いこだわりといった特徴をもつ発達障害の1つです。 近年では、早ければ1歳半の乳幼児健康診査でその可能性を指摘されることがあります。

原因は、脳の器質的障害という説、ワクチンに含まれる水銀という説などがありますが不明であり、医学的には一生治らないとされています。

N子さんは、3 歳で自閉症と診断されました。2 歳までに合計 9回のワクチンを接種しています。

母親の私が模索し、人の助けも借りて治療に取り組みましたが、少しは良くなったものの劇的な変化はありませんでした。ところが、効果的な栄養補強を始めたところ、絵本や玩具にも興味を示すようになり、名前を呼ばれれば返事をするなど、人との関係を楽しめるようになったのです。

その後は徐々に意志の疎通がはかれるようになり、典型的なこだわりの特徴であるひどい偏食も治ってきました。1年経過した今では、いっしょに歌を歌ったり、人の顔を描いたり、言葉で要求が伝えることもできるようになり、日々目覚しい即発達を続けています。

N子ちゃんの毛髪分析の結果は、異常に高い値で水銀が検出されましたあとは、鉛とカドミウムです。

鉛は水道管にも使われており、これが水道水に溶けて、塩素などといっしょに私達の発体に蓄積しています。

このような重金属が体に入ると、体を浄化する上で、もっとも重要な肝臓や腎臓だけでなく、脳やその他の内臓に溜まってしまい、前述の水銀と同じように、さまざまな健康問題の原因になるのです。また、次の体験談にもあるように、重金属は体に入った栄養の吸収まで妨げてしまいます。

水銀を解毒する天然ハーブの威力

2年前に毛髪検査を行った結果、体内から多量の有害水銀が検出されました。体が弱く、非常に細く、小さい時から健康に関心があった私は、栄養補強や鍼、骨盤の調節など、体に良いということは何でもしていました。しかしテストの結果、体に必要な鉄分、カリウムなどのミネラルは検出されませんでした。これは重金属が栄養の吸収を妨げていたためでした。

重金属類が、魚介類やアマルガム(歯の詰め物)から体内に蓄積されたという知識をえて、ハーブで水銀の解毒を始めたのです。

アマルガムの害はこちらにも紹介されています。

最初の1週間は、典型的な好転反応で頭の前方が痛くなり体がだるくなりました。その後、徐々にだるさが軽減し、栄養の吸収力が一段と良くなったようです。2ヶ月で3kgも体重が増え、2年後の今、ガリガリに痩せていた検査時と比べて 5 kg 増え、人生でもっとも体調が良い状態です。

https://life-ddefense.com/

関連ページ

  1. 糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよい
  2. 糖 過剰摂取 日本人の多くが 糖を摂りすぎている
  3. 不妊症 の多くも 栄養不良 本質的な問題が見逃されている
  4. 生理前症候群 ( PMS ) で苦しみ、自己嫌悪におそわれていた女性たち
  5. 女性の体調不良も栄養不足からくるホルモンバランスが原因
  6. 食事が心も休も狂わせている
  7. 少しおかしな日本人が増加中
  8. 子供に問題がある場合は、お母さんにも問題がある
  9. 子供たちの食生活が起こす低血糖の危険性
  10. 「 朝食運動 」 ブレックファーストプログラム で劇的に変わった 子供 たち
  11. 多動症も精神的な問題も栄養不足が原因
  12. 毛穴 から体内に侵入する身の周りの恐ろしいもの シャンプー驚くべき危険性
  13. 虫歯予防の フッ素 も 危険 ワクチン も 危ない
  14. 化学合成の 添加物 保存料 毒物 も体にびっしり蓄積される
  15. 重金属 ( 水銀 アルミ 鉛 など) いっぱいの 日本人 の 体
  16. 木を見て森を見ない現代人
  17. 栄養とカロリーは全く異なる
  18. 骨密度は高くても骨折する
  19. 水虫は薬不要で治る?
  20. やけどをしたら患部に氷水を当てる?
  21. 鼻血が出たらティッシュを鼻に詰めるのは NG
  22. 擦り傷、切り傷は消毒が欠かせないは昔の話
  23. 妊婦はインフルエンザの予防接種は避ける
  24. 市販の風邪薬は・風邪を治す薬
  25. 風邪の時の入浴はNG?
  26. 風邪をひいたら汗をかくは間違い
  27. 風邪の 発熱 は 薬 で下げるのは NG 脱水対策をした上でクーリング 解熱対策
  28. 水よりも塩水やうがい薬のほうが効果的?
  29. マスクで風邪は予防できるか?
  30. ジェネリック医薬品 の 効き は同じか?
  31. 現代人の体温は昔より低い
  32. 身長の高い女性は乳がんになりやすい
  33. 前立腺肥大の薬で・ハゲにも効く薬がある
  34. 痛風でもビールを飲んでもいいか?
  35. 証明された!運動をすると風邪をひきにくくなる
  36. 寝れば寝るほど疲れる病気がある?
  37. 糖尿病の画期的な新薬
  38. コレステロール値は高いほうがいい
  39. 花粉症に-発で効く安全な注射があるというのは本当?
  40. 巻き爪 靴 大きめの靴を履くことで対策する
  41. むずむず脚症候群の原因
  42. 体温アップ=免疫力アップ
  43. 血管年齢と血液年齢
  44. 血液型O型は蚊に刺されやすい?
  45. 新しい説!胃もたれは胃の働きすぎ
  46. げっぷやおならが多い人は胃腸が悪いは間違い
  47. 口臭や口内炎がある人は胃腸が弱いわけではない
  48. 低血圧体質なら歳をとっても高血圧にはならない
  49. しょっぱい汗をかく人は熱中症になりやすい