「むくみ」は水の飲み過ぎではない!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

むくみというのほ、体の組織からはみ出た役に立つことのできない水です。しかしこのむくみをとることだけを考えて水分を制限した上に利尿させてしまうと、体の組織の中でちゃんと働いてくれるはずの水分までもが不足してしまうのです。

むくみについてはこちら。

ではどうしたらよいのでしょう。まず大切なのは、体の組織への浸透性の高い水をたくさん飲むことです。つまり細胞組織に入りこむ力が強い水を飲むことで、体内の毒素をより、効率よく洗い流そうとする、と考えればよいでしょう。そその上で、利尿剤の投与はできるかぎり避けることにします。

い「体の組織への浸透性の高い水」として使用しているのは、アルカリイオン水です。同様の性質を持つ水はアルカリイオン水のみでほありません。簡単に整理しましょう。妊娠中毒症を改善するためには、体の組織への浸透力を積極的に飲んで、体内の「よい水」を潤沢にし、体が本来持っている自然の利尿作用を活用することで、体内の毒素を洗い流し、尿として体外に捨てることが大切なのです。もちろんこの方法なら、単なる水を飲むのですから母体や胎児に何らかの影響を与える副作用の心配は壷ありません。そればかりでなく、母体の体質を根本のところから改善して健康度を高める効果も期待できるのです。