長男、長女にアトピー性皮膚炎が多い理由

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ある調査・研究からは、妊娠中にジュース類などの清涼飲料水をたくさん飲んでいた母親から生まれた赤ちゃんは、そうでない母親から生まれた赤ちゃんに比べてアトピー性皮膚炎になりやすいという傾向があることが分かっています。

赤ちゃんとは母親のコピーにほかなりません。したがって母体が健康であれば健康な赤ちゃんが、母体が不健康を内在させていれば不健康な赤ちゃんが生まれやすい、というのは自然な理屈です。

また、少しばかり極端な見解として「女性は、赤ちゃんを産むときに、自分の体内の毒素を赤ちゃんに移行させて排出する」という意見もあります。実はこの極端な意見にも、当たらずとも遠からぬところがあるのです。

よくいうではないですか、出産した後には肌がきれいになる、と。そうです、体内の毒素が排泄されるからなのです。また、アトピー性皮膚炎で苦しむ子どもの比率が、第1 子、つまり最初の赤ちゃんに高いということにもうなずけます。母体が溜めこみ続けた毒素の影響をもっとも大きく受けるのは、弟1子にほかならないでしょう。だとしたらなおさらのこと、母体はきれいでありたいと思いませんか。母体の中の毒素が少ないほど、生まれる赤ちゃんが引き受ける影響は小さいということになるのですから。