水道水殺菌に使われる塩素はやっぱり毒に変わりない

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こちらで大阪の水がかなり汚れているお話をしましたが、大阪の水道局だって、いろんな努力を重ねています。府民に少しでも安全な( しかし美味しいのとははど遠い) 水を供給しょうとして、必死の浄水を重ねているのです。しかし汚染がひどすぎる現状に、水道局の必死の努力もおよびません。

やむなく、殺菌のための塩素投入量を増やすということで対応せざるを得ないのが現状です。大阪の水がカルキ臭い(遊離塩素臭) といわれるのはそのためです。特に夏季になると、水源水の汚染が悪化し、また細菌の繁殖を抑えるためにも塩素投入量が増やされます。したがって大阪の夏の水道水は、なおさらにカルキ臭くなります。しかも大量の塩素を投入しているにもかかわらずカビの発生を抑制しきれない場合があり、カルキ具に、カビ具さまで加わってしまうことが珍しくありません。

ただし、現在は、大阪だけでなく田舎でもかなり、カルキ臭が漂う水道水が増えています。

塩素は、殺菌剤です。つまり生命を殺す薬剤、細胞にダメージを与える物質です。つまり毒物です。塩素が毒物であるにもかかわらず水道水に投入されるのは、病原菌などの繁殖していない安全な水道水を供給するためです。浄化して不純物を取り除いた水に塩素を入れれば、たしかに病原菌などの繁殖防止という意味では安全になります。

浄水場から各家庭の蛇口に届くまでの長い道のり、水が水道管の中を旅する間にも適度な塩素濃度があれば雑菌の混入や繁殖に対して有効です。したがって水道水には、各家庭の蛇口で0.1ppm以上の残留塩素濃度があるよう法律で決められています。

これは理想的ではありませんが、現実的にほ必要な処置だといえるでしょう。私たち日本人が、水道水を汚染源とする感染病などの心配なしに暮らせるのは、塩素のおかげでもあるのほ事実です。しかし塩素が殺菌剤・毒物であるという事実に変わりはありません。

私たちが、塩素の入った水を飲むとき、口の中や食道の細胞などが塩素の毒性によってダメージを受けないとはいいきれないのです。この点からみるなら、塩素の入った水道水は喜べません。ところで各家庭の蛇口での濃度0.1ppm以上と決められていると書きましたが、これを大幅に上回る塩素濃度の水道水が供給されているのが、日本全国ほぼ例外なしの実情です。

日本全国総じて水源水が汚染されているのですから、しかたのない結果です。中でも都市部となればなおさらのこと、その最たる例が大阪です。大阪の水道水の塩素濃度は、最低基準値の数十倍、すなわち数耶に達することすらあるのです。これではカルキ臭いのが当たり前、まずいのが当たり前です。

臭い・まずい、という、私たちの感覚のする判断を軽んじてほいけません。私たちの感覚は、自分にとって不利益になるもの、自分の生命や健康をおびやかすものに対して不快を感じ取る力を持っています。すなわち、臭いものもまずいものも避けるべきなのです。

平均寿命のもっとも長い地域に比べると、大阪府の平均寿命ほ、男女とも約3年はど短くなっています。もちろん「すべての原因が水道水にある」とまではいいません。しかし少なからぬ原因は、水道水に求めることができるはずです。では大阪など、水道水の質の悪い地域に暮らしている人々はどうしたらよいのでしょう。

最低限の処置として、性能の高い( したがって若干高価な) 浄水器を、水道の蛇口に設置することです。よい浄水器を使うなら、少なくとも体にとって害になる水でほなくなります。したがって飲み水も調理用の水も、できるなら洗顔や浴用の水も、すべて浄水器を通した水を使うようにしたいものです。

そうすることでまず最初に感じる効果は、味覚と臭覚の回復でしょう。浄水器を通した水を飲んでいると、あらためて痛感するほずです。水道の蛇口から出たそのままの水なんて「とてもじゃない、臭くて! まずくて! 飲めない」と感じるようになるでしょう。今あなたが、特に都市部の水道水を平気な顔でガブ飲みできているとしたら、味覚も臭覚もまひ麻痺しているということです。自分の身に触れる毒物さえかぎ分けられなくなっているということに気づいてください。

ピッチャータイプの浄水器の浄水性能を徹底比較