風邪をひいたら汗をかくは間違い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「風邪を引いたら、大量に汗をかくようにして熱を下げればいい」という話をよく耳にします。なかには「たくさん着込んで布団を被って温かくして寝れば、風邪など一発で治る」と信じ、実際に行なっている方もいます。

たしかに、漢方薬のなかには発汗をうながして解熱させる効能を持つものもあり、いまでも、風邪の初期段階で発汗していない時に処方されることはあります。

しかし、体を熱くするような行為で、患者さんに無理矢理、汗をかくよう指導する医師は、いまや皆無でしょう。

何より熱が上がっている時に、着膨れするほど厚着をさせれば、患者さんがつらいだけでしょう。それでなくても、青息吐息の状態なのに、大量に汗をかけば、著しく体力を消耗させてしまいます。

とくに、体温調節が未熟な子どもや、体力のない高齢者にはひじょうに危険です。突然、体調が悪化することもあるので、厚着をさせるのは極力避けるようにしてください。おかんもちろん、適度な室温を保つことは必要です。また、熱の上がりはじめに悪寒を感じる時は、布団や毛布などで体を温めなければなりません。

無理な発汗は、体内の水分を急速に失わせ、脱水状態に陥る可能性を高めます。ここに体の疲労が重なると、風邪を長引かせるばかりか、症状をこじらせて肺炎などの危険な病気につながることもあるのです。

風邪の治療に特効薬はありません。一定経過をたどりながら自然に治っていくものですから、水分と栄養を補給しながら、ゆっくり静養するのが一番です。

それでも高熱が続いて苦しい時や、どうしても熟を下げたいという時は、太い血管の集まる脇の下や、首の周囲を冷たいタオルで冷やし、物理的に体温を下げるほうが発汗療法より確実ですし、脱水予防のためにもよいのです。

風邪・気管支炎・扁桃腺炎」体の冷えと血液の汚れが原因