タグ「ダイエット」が付けられているもの

糖せんぼう 効果 について紹介します。糖尿病予備群と診断れた2型糖尿病の場合、ある日突然、血糖値が高くなるのではありません。 多くの場合、ゆっくり、何年もかかって血糖値が高くなり、糖尿病に至ります。 まだ糖尿病と診断されるほど血糖値が高くないけれども、正常よりは高くなってきた状態を「糖尿病の境界型」や、「糖尿病予備群」と呼びます。

糖尿病の境界型や予備軍の場合、症状は何もありません。ついつい食べ過ぎてしまったり、飲み過ぎてしまうのがほとんどの方に共通しています。食べることを我慢するのはストレスで苦痛しかありませんね。

しかし、このまま続けていると糖尿病は、合併症を引き起こしてしまいます。体重や血糖値をもう少し減らそうと努力したものの続かない...そして途中で投げ出してしまう人が多いのは、現在の糖尿病患者数が証明しているようなものです。今から6~7年前の平成28年には糖尿病有病者と糖尿病予備群は、いずれも約1,000万人と推計されています。それからもう6~7年経過していますのでもっと増えているのは間違いありません。糖尿病患者は、増えるばかりです。

糖せんぼう 効果

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう).jpg

仕事で忙しい、子育てで忙しい、勉強で忙しい現代人にぴったりのしっかり食べても血糖値が上がらない、体重が増加しない、そんな 糖せんぼう 効果 について詳しくお伝えしたいと思います。ちなみに 糖せんぼう というのは、ソシア株式会社の 「 糖煎坊 (糖せんぼう)」 という100%純国産の桑の葉を使った風味豊かな抹茶風味の桑葉茶です。

なぜ、桑葉茶にそれほどの糖を吸収させない効果があるのでしょうか。
主成分はヒトの消化酵素では消化されない(通せんぼうされる)食物繊維で、その量は青汁の主原料として有名なケールの約 9 倍にも相当します。天然の食物繊維(難消化性デキストリン)と純国産桑の葉を使用した、抹茶風味の「桑の葉茶」です。難消化性デキストリンは糖の吸収をおだやかにし、食後の血糖値の上昇を抑えることが報告されています。

桑の葉 とは

桑の葉 は中国では乾燥させたものが生薬として重用されてきました。この桑の葉には血糖値の上昇を抑える成分があることがわかり、糖尿病を予防したり、上昇した血糖値やヘモグロビンA1Cを下げる効果に注目が集まっています。

有効成分は、デオキシノジリマイシン(DNJ)という、桑の葉にしか含まれないものです。これまでの研究では、このDNJが体内にあるα-グルコシダーゼという酵素の働きを阻害することがわかっています。α-グルコシダーゼは小腸に存在していて、糖類をブドウ糖まで分解し、そのブドウ糖を小腸から血管へと輸送する役割がありますが、DNJの摂取により、このような小腸からのブドウ糖の吸収が妨げられて、血糖値の上昇を抑え正常化をもたらします。

食前と食事中というふうに、桑の葉の摂取状況を変えての臨床実験の結果では、食前の摂取よりも食事中の摂取のほうが食後の血糖値を抑制することが確認されています。

そのほか、桑の葉は、カルシウム、鉄分、カリウム、ビタミン類、食物繊維、、フラボノイド、カロチンなどを豊富に含んでいます。桑の葉に含まれる食物繊維やフラボノイド類が中性脂肪値やコレステロール値を下げる働きをします。食物繊維が腸からのコレステロールの吸収を抑えます。また、糖分をゆっくりと吸収する性質があり、肥満の防止にも有効です。さらに、桑の葉にはキャベツの60倍にも相当するカルシウム、小松菜の15倍に相当する鉄分、そして、ほうれん草の10倍に相当するカロチンなど、現代人に不足しがちな栄養成分が豊富に含まれています。

甘いものを食べたくなったとき、血糖値があがりやすい炭水化物を食べる間にこの 糖煎坊 (糖せんぼう) を飲むことで糖質が体に吸収されるのを防いでくれます。もちろん、大量に糖質や炭水化物を摂れば効果は半減してしまいますが、上手に活用すれば糖尿病予備群から脱出もできるはずです。

そしてダイエットで失敗を繰り返してしまう人もこれでリバウンドとさよならです。

糖せんぼう ソシア ( SOCIA ) 糖煎坊 [ 30包 / 約 1ヵ月分 ] 国産桑の葉100%使用

ダイエットには海藻が効果的

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

一般に 「 ダイエット食 」 といわれているものは、次の4 つのどれかに当てはまります。第一は 脂肪を燃焼 させるもの。第二は 新陳代謝を促進 するもの。第三は 便通をよくするもの 。第四は カロリーの低い ものです。

雑誌やテレビでは次々と新しい 「 ダイエット食 」 が登場しますが、基本はこの4 つ。「新しいダイエット食」といわれるものも、この4つの何かに当てはまるはずです。海藻 が ダイエット食 といわれるのは、この4 つのうちの3つに当てはまるからです。3つとは新陳代謝と便通とカロリーです。新陳代謝に関係のあるのはヨードです。

food-2726202_640.jpg

海藻には ヨード がたくさん含まれていますが、この ヨード に 新陳代謝を促進 する働きがあることがわかっています。便通を促すのは、海藻に含まれている 食物繊維 です。カロリーに関しては、 海藻 は申し分ありません。 海藻 のカロリーはゼロ。どんな低カロリー食品も 海藻 にはかないません。このように 海藻 にはダイエットにつながる要素が3つもあります。

ヨード が多く含まれる食品

海藻類

  • 昆布
  • わかめ
  • のり
  • ひじき
  • もずくなど

海藻加工品

  • 昆布茶
  • おぼろ昆布
  • 昆布の佃煮
  • 昆布だし
  • 昆布だしや昆布エキスを含む市販の調味料(醤油、みそ、酢)など

ちなみに ヨウ素 をサプリなどで摂取する場合、過剰症にも注意しなければいけまえん。健康な人は、ヨウ素の摂取量が多少増えても、排泄により調節することが出来ますが、長期間の過剰摂取により、過剰症が起こることがあります。
もともと日本人は、伝統的にヨウ素を多く摂っていたために、過剰摂取に対する影響が発現しにくい民族であると考えられていますが、日本でも海藻の多量摂取による過剰症の報告があるので、無視はできません。
国立健康・栄養研究所のホームページでも、「ヨウ素は、過剰摂取により健康障害が引き起こされるため、ヨウ素の摂取を目的としたサプリメント類の利用には注意が必要です。」と注意を呼び掛けています。

海藻 が ダイエット食 といわれるのはそのためです。ただ、 海藻 が優れた ダイエット食品 であることはたしかですが、 海藻 はダイエットの心配のない人にも必要です。特に重要なのは ヨード です。 ヨード は地上の植物には含まれていないので、海藻からとるしかありません。

また、他にも海藻にはカリウムやカルシウムなども含まれています。海藻は単にダイエット食として優れているだけでなく、健康食としても満点といえるでしょう。昔、海のない中国の内陸部では、海藻は薬として取引されていたといいますが、これも納得できる話です。

低分子モズクエキスフコイダンの効果

1 日に 30 分は歩くことで痩せる体をつくる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1 日に 30 分は歩く のは最低限です。やせるための運動はまず、1 日 30 分歩くことから始めましょう。この 30 の分ウォーキングは、さまざまなメリットありますがまず、最初にすぐにはじめられることです。

ただし、すぐにやめることもできるので、しっかりとした決意のもとはじめないとすぐにやめることになってしまいます。せっかくはじめたのであれば継続できるようにがんばりましょう。

運動習慣のない人にとって 30 分のウォーキング は思ったよりハードで驚くかもしれません。そして時間も長く感じることでしょう。

少し工夫してふだんバスに乗っていたところを10 分間歩けば、これだけで約 100 kcal 消費したことになります。 「よく歩く」階段を使うといった日常動作を積極的に行うだけでも、新陳代謝をよくしてエネルギーを消費しやすい体にかえていくことが十分にできるのです。ダイエットは、1日にして成らずです。カロリーは思ったよりも減りません。毎日 30 分歩いて少しずつ減らしていきましょう。

習慣化すれば歩かない日が気持ち悪くなります。コツコツ続けることです。

ダイエットを実現する軽い有酸素運動の時間としてすすめられるのが 15 分以上 30 分程度の距離です。30 分のウォーキングというのは適当な数字でなく効果的なダイエットの時間です。

その理由は 15 分動くことで体が脂肪燃焼しやすくなる準備ができるから。長くでも 60 分以内です。

legs-g8d30adbc4_640.jpg

体重 50 kg の人が 30 分間ウォーキングすることで消費できるカロリーは約92 kcal ですが、これはバナナ 1 本分のカロリー(約 93 kcal )に相当します。

ウォーキングによる消費カロリーを時間別に覚えておくと、摂取したカロリーを消費するためにどれくらいのウォーキングが必要なのかを知る目安になるでしょう。

ダイエットでウォーキングを選ぶ魅力は、通勤中、お仕事での移動中(屋内でも屋外でも)、プライベートタイムの普段の歩行など、いつでもどこでも気軽にできる手軽さにあります。

さらにちょっとした意識や動作をプラスすれば、シェイプアップ、筋トレ、ストレッチ、ストレス解消といった効果が高まるメリットもあるのです。

ダイエットに効果のあるウォーキングでは歩く時間は長くても短くても NG です。歩数が少ない(時間が短い・距離が短い)と脂肪燃焼するまで体が温まらないし、60 分以上歩いてしまうと今度は距離が多すぎて脂肪ではなくグリコーゲンを燃やしてカロリー消費をしはじめてしまうので、逆に基礎代謝が落ちて痩せにくくなってしまいます。このあたりはやりすぎてしまう人が痩せない理由でもあります。

歩いているのに(走っているのに)痩せないという方はきっと時間が長いか短いかが原因でしょう。

ウォーキングはただ歩いていたのではそれほど効果はありません。とはいえ、ただ歩けばよいというわけではありません。

近所のコンビニまで行くような、小刻みなチョコチョコ・ペタペタ歩きでは、運動効果はきわめて低く、ウォーキングを頑張っているのに効果がない......という方の多くは、歩き方に課題があるといえます。そこで、歩き方や姿勢、呼吸など基本的なポイントを押さえておきましょう。

脚はみぞおちから動かすように意識し、骨盤は正面に向けたまま、脚をまっすぐ前へ出します。

足の着面は、自然にかかとからです。呼吸は楽に続けます。

呼吸は、息を吐くことを意識しながら、フレッシュな空気を大量に取り込むことで、身体の隅々まで酸素が行き渡り、脂肪燃焼効果が期待できます。

ポイントは 2 回吐いて、1回吸う、「ハーハー、スゥー」のリズム。呼吸はウォーキングの効率を高めるために必須です。まず呼吸を意識しましょう。

また、常にみぞおちから脚が伸びているイメージで歩きましょう。身体の中心部の筋肉が使われ、自然と歩幅が大きくなり、運動量がアップします。さらに運動効果を高めたい人は、階段を下りることをおすすめします。

腰痛もちの人は、骨盤が傾き、重心がやや後ろに乗りがちです。その姿勢では、腰まわりや太ももの前側筋肉が張ってかたくなっています。骨盤をまっすぐ立てて、太ももの前側の筋肉の柔軟性を高めましょう。

ウォーキングでも大腰筋をしっかりと使うことが腰痛の改善につながります。腰をささえる筋肉を鍛えることで痛みか解放されます。

ダイエット

パーティー 食べ過ぎ対策として パーティー前に ゆで卵 で腹ごしらえをしておく方法です。パーティーがある日は、出かける前にかたゆで卵を 1 ~ 2 個おなかに入れておくと安心です。こうするとちょうどよいぐあいに胃をなだめ、ごちそうを前にして食欲が旺盛になるのを防いでくれるのです。 過食に走らなくてすむということです。

せっかくダイエットをしているのにごちそうを前に我慢をするのはとてもストレスですが、お腹が満たされていれば過剰な食欲は湧きません。ただし、たっぷり食べてしまえばせっかくのダイエットも台無しです。そこでおすすめなのが パーティー前に ゆで卵 で腹ごしらえするのです

事前にカロリーの高いもの脂肪が多いものを食べるのは NG ですから。そんなときに ゆで卵 がいい仕事をしてくれます。

eggs-g32b859de2_640.jpg

今日は、食べるのを抑えようと思っていても実際に料理を目の前にするとどうしても食欲が暴走することがあります。

卵はエネルギー的にも 1 個 80 kcal 程度。パーティー会場で出る脂っこい料理を食べすぎることを考えると、たかが知れています。ゆで卵を事前に食べて過食に備えましょう。ゆで卵はしっかりゆでて少しかためにゆでた方が満腹感を感じるのでやや時間を長くしてかために仕上げましょう。大事なポイントです。

ゆで卵 ダイエット中 空腹時 にもおすすめ

おやつとしてゆで卵を摂取すれば、空腹感による血糖値の急上昇を抑えられ、栄養も補うことができて一石二鳥。 「ゆで卵」を食べると血糖値の上昇が緩やかになる「ゆで卵」は、ごはんなどの炭水化物を食べる前に摂るのもおすすめ。 脂肪の蓄積を防止することが期待できるので、食事中に意識しておきましょう。

ゆで卵 ダイエット

ちなみにダイエットに取り組む際にゆで卵ダイエットがあります。

1 日 1 ~ 2 回、ゆで卵を主食の前に食べる

しかし、糖質を含む食品を食べる前に、卵などのたんぱく質を含む食品を食べると、血糖値の急上昇を抑えることができます。 それだけでなく、ゆで卵で満腹感を得ることで、その後の主食の食べ過ぎを予防することもできます。

ダイエットにゆで卵が最適なのは

卵は、「完全栄養食品」と呼ばれることもあるくらい、様々な栄養をバランスよく含んでいる食品です。 ダイエット中は、摂取カロリーを調整するために食事量を減らすこともあると思いますが、そうすると、栄養が偏ってしまうリスクもあります。 そんなときでも、多くの栄養を含む卵は、栄養バランスを保ちながら減量を進めるのに役立ってくれます。

卵は、生のままご飯にかけたり、スクランブルエッグやオムレツにしたりなど、色々な食べ方ができる食品です。その中でも固くゆでた卵は、卵のたんぱく質がぎゅっと密に固まるため、食べ応えがあり、1個食べただけでもしっかりと満腹感を得ることができる、腹持ちの良い食品です。

ゆで卵は、生の卵をゆでるだけなので、調理の際に余分な油がいりません。油は 1 g で9 kcal もある高エネルギーな食品なので、ダイエット中に摂りすぎるとカロリーオーバーを招いてしまうことも。
そのため、油なしで作ることができるゆで卵は、カロリーコントロールにも有効です。

ゆで卵は、殻つきのまま冷蔵庫に入れておけば、3 ~ 4 日は保存可能です(固ゆでで、殻にヒビがない場合)。 いくらダイエットに良い食品でも、毎回調理をしないといけないのでは、続けるのに自信がないという人もいると思いますが、時間のある時に、3 ~ 4 個まとめてゆでておくこともできるので、比較的手軽にとりいれられるのではないでしょうか。

ゆで卵は、味付け済みのものがコンビニでも販売されており、外出中でも手軽に入手可能です。スーパーにも売っています。

自炊する時間がないときや、ゆでるのが面倒.という人でも無理なくとり入れることができるので、継続しやすいですね。

ダイエットで大切なのは、食事調整や運動を継続すること。この「続けやすい」という点も、ゆで卵の大きなメリットだといえるでしょう。

注意

1 日の食事のほとんどをゆで卵にして、大量に食べるようなダイエットが紹介されていることもありますが、そういった極端な食事法は、栄養が偏ってしまうリスクもあるので、避けたほうが良いでしょう。多くても1 日2 ~ 3 個までがおすすめです。

ゆで卵ダイエットのデメリットは、味に飽きてしまう可能性があること。 とてもおいしいゆで卵ですが、なにぶん淡白な味。 毎日食べ続けると、好きな人でも飽きてしまうこともあります。 続けるためにも、ときには味を変える工夫をするといいでしょう。

食べ過ぎてしまったときには 糖質カット酵母 パクパク酵母くん が糖質を排泄してくれます。お守りのようにもっていると安心です。

ダイエット

卵と水を入れて電子レンジで加熱するだけで簡単にゆで卵が作れます 卵の仕上がり加減は自由に選択できる、固ゆでにも半熟にもできます。 連続して10分以上の加熱はお避けください。水分が蒸発四本体が破損することがあります。 加熱後、本体、中の水、卵などが非常に熱くなっております、また上部の穴から湯気が出て非常に危険ですので十分注意してください。

3食分を、 4 ~ 5 回に分けて食べる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

きちんと 1 日 3 食とることがダイエットの基本です。そのことを踏まえたうえで行う、これは次のステップアップ法です。 同じ量の食事なら、 4 ~ 5 回に分けたほうが太りにくいという実験データがあります。

3食分を、 4 ~ 5 回に分けて食べる メリット

diet-403588_640.jpg

余分な脂肪が体につきにくいのです。1回ごとの食事量は減りますが、食事と食事の間の時間が短くなるため、空腹を感じる暇がありません。 ダイエット時の食事の摂り方に「食事回数を増やす」という方法があります。「食べる回数を増やすと、カロリーオーバーで太るのでは」と思われがちですが、小刻みに食べることで食欲を抑制する、ドカ食いを防ぐ、空腹によるストレスを予防するなど、痩せやすいカラダ作りをサポートするメリットがあります。

食事回数を増やすと、むしろ太ってしまうのではと思う人は多いかもしれません。たしかに食事回数だけを増やすと、全体の食事量が増えて太るのは当然でしょう。ポイントは「全体の食事量を変えず細かく分割して食べる」です。

なぜ分割するとダイエットに効果的なのでしょうか。

体脂肪蓄積の抑制

 食事の回数を増やすことは、ほかの食事法と同様にインスリンというホルモンの分泌に影響を与えます。空腹の状態で食事を一気に摂取すると、血糖値が急上昇します。そして血糖値が急上昇するとインスリンの分泌が多くなり、体脂肪が蓄積しやすくなります。

 そこで、食事の間隔を狭くして空腹の状態を防ぎ、血糖値の上昇を防ぐことで体脂肪の蓄積を抑えるのです。

筋量の維持

 食事を分割して摂ることは、筋量の維持にも効果を発揮します。

 ダイエット中の摂取カロリーを少なくすると、体脂肪の減少は進みます。しかし同時に、筋肉量の減少も進みます。リバウンドが起こるのは、この筋量の低下によって代謝が少なくなり、太りやすいカラダになってしまうことが原因のひとつとして挙げられます。そのため、ダイエット中はできるだけ筋量を落とさないことが重要です。

 空腹になると、身体は脂肪より先に筋肉を分解してエネルギーを生み出します。食事を分割することでエネルギー切れによる筋肉の分解を防ぐとともに、体内で筋肉のもととなるたんぱく質をこまめに摂取することが可能となります。そのため筋量を維持することができるのです。