高血糖で視力が悪化する糖尿病網膜症にはルテインが効果大

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

高血糖が続くことで網膜にも悪影響

血糖値のコントロールが正常に行われなくなり、高血糖が続く病気を糖尿病といいます。糖尿病になったからといって、すぐさま何かしらの症状が現れるわけではありません。

長い年月をかけて、目や腎臓、神経を傷めていきます。このうち、目に起こる「糖尿病網膜症」は、日本人成人の中途失明原因の2位にあげられています。

では、この糖尿病網膜症がどのように起こるのかですが、高血糖、いわゆる血液中に糖が多く含まれた状態が続くと、血液が粘りけを帯びて血管がつまりやすくなります。すると、血管そのものが傷みやすくなるほか、ごく微小な血管が集まる組織が多大なダメージを受けることになります。

そのごく微小な血管が密集している網膜もその1つで、高血糖により悪影響が及びます。高血糖により網膜での血流が悪くなると、酸素や栄養をなんとか取り込もうと、新生血管という、細くてもろい血管が発生します。これが破れて、網膜の表面や眼球内に出血が広がると、視力が著しく低下したり、黄斑変性症・白内障・緑内障といった目の病気も発生しやすくなるのです。

糖尿病網膜症は、糖尿病と診断されて10年ほど経過してから症状の出てくることが多く、またかなり進行しても視力の低下などの自覚症状がほとんどないはくりため、眼底出血や網膜剥離を起こしたりして発見されることが少なくありません。

ルテインは水晶体や網膜を活性酸素から守る

こうした糖尿病網膜症を防ぐにはレスベラトロールの摂取もいいでしょう。とはい、え、根本的には糖尿病が原因になっているので、レスベラトロールの補給のために赤ワインを飲むのは好ましくありません。

糖尿病の食事対策としてはいろいろな方法がすすめられていますが、どんな食事対策でも緑黄色野菜はしっかりとるべきだとされています。

緑黄色野菜には高血糖を抑える栄養成分が非常に多いし、カロリーも少ないからです。そうした緑黄色野菜に多く含まれているある成分が、糖尿病網膜症そのものの撃退に有効であるということが最近の研究でわかってきました。

その成分とは、「ルティン」です。そもそも、日の水晶体(カメラのレンズの役割をする組織) や網膜は、活性酸素(攻撃力の強い酸素) の害を受けやすい部分ですが、その活性酸素から自身を守る成分が含まれています。それが、ルティンというカロテノイド(色素成分)の一種です。

ルティンは、活性酸素の害を防ぐだけでなく、活性酸素の発生原因となる紫外線や、可視光線(目に見える光線) のうちの青白色の光を吸収して眼球内の組織を保護するすごい働きがあります。そうしたルティンの最新研究が、2010年の日本眼科学会で発表されました。

ルテインを実際に使用した例はこちら。

それは、糖尿病を発症させた実験用のネズミに、ルテインを継続的に摂取させることで、糖尿病により本来は低下する視細胞の情報を伝達するたんばく質の量が正常値を保った、という発表です。

これは、ルティンが網膜の神経を強めて、糖尿病で起こる糖尿病網膜症などの目の障害を防ぐ可能性があることを示した試験であるといえます。こうしたことから、高血糖の人にはルティンの摂取をぜひともすすめたいと思います。

ほうれん草3分の1束が1日の所要量

ルティンは、水晶体や網膜に蓄積されていますが、人間の体内で作り出すことができません。そこで、日常の食生活でルティンを補う必要があります。ルティンは先にも述べたとおり、緑黄色野菜に多く、特にホウレンソウ・ブロッコリー・葉レタス・グリーンピースなどに豊富だということがわかっています。また、あまり身近な食品とはいえませんが、キャベツの原種で青汁の材料として用いられるケールにルティンがたっぷり含まれていることがわかっています