目 老化防止 食事 の大事なポイント

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

目 老化防止 食事 の大事なポイントの大事なポイントを紹介します。目の老化を予防する食事とは どういった食事でしょうか?40 代になると暗いところで小さな字を読むのが難しくなります。また、何かの申込書を書こうとペンを取ると、全く見えないことに気づく人もいます。

目 老化防止 食事 のポイント

glasses-g1d0616364_640.jpg

とても目が疲れる様に感じることが増えます。これはごくごく自然なことで、老眼または老人性遠視と呼ばれています。

近くの細かい字が読みづらい、また近くから遠くへ、遠くから近くへと距離の違うものにピントを合わせるのに時間がかかるようになってきます。

老眼は、40歳前後から始まる目の老化現象です。老眼になると、近くを見るときにピントが合わず、ぼやけて見えます。老眼の原因は、目の水晶体の弾力性が低下することです。

水晶体は、目の中にあるレンズ状の組織で、光を屈折させて網膜にフォーカスさせる役割をしています。しかし、加齢とともに水晶体の弾力性が低下し、近くを見るときにピントが合うように調整できなくなります。

新聞や辞書などの細かい字を読むとき、以前よりも目から離さないと読みづらくなりますし、少し暗くなると本などの字が読みづらくなります。また、本を読んでいて、ふと目をあげると、窓の外の景色がぼんやりして見え、じっと見ているとだんだんはっきりしてくるというような症状が起きてきます。

この目の老化は、実は 20 ~ 25 歳くらいではじまっているのですが、気づくのは 40 ~ 45 歳になってからです。

老眼になるのは自然なことなので防ぎようがないのですが、それと視力の悪化は別の事柄ことがらだとして、カリフォルニア、キャンベルのピーター・ロス博士はこういっています。

老眼になるのは防げませんが、視力の悪化は防げます。そのために必要なのは目の小さな血管に対する栄養の供給です。毛細血管の健康維持に必要な栄養素を最大限に摂取することですね。

血行をよくするための運動です。運動は目をふくめて、末端の器官にまで酸素を送りこませることになります。

だから、定期的に運動している人は視力がよいのです。しかし、運動をやめると視力が落ちると博士はいいます。

栄養に気を配るのはいやだし、運動をするのもいやだという人がいますね。そういう人はとても多いのです。運動にも栄養にも興味がないんだよ、眼鏡をかけてりやいいんじゃないですか、といった調子です。

老眼の人にも 白内障 の人にも博士がすすめるのは同じ食事で、それは目のレンズの機能を最善に保つように組み立てられたものです。

老眼 によくない食べ物

本質的にはこれは食事からある種のものをとり除くというプログラムです。ある種のものとは、 コーヒー 、 カフェイン をふくんでいる食品、 砂糖 、 精製された炭水化物 、食品添加物 、 ジャンク・フード などです。

カフェイン 目の老化によくない理由

40歳代ではコーヒーを飲む機会が多い人が多いかもしれません。コーヒーがないと集中力を保てない人も多いでしょう。しかし、カフェインは、目の水晶体を収縮させ、ピント調節機能を低下させるためです。そのため、カフェインを摂取すると、近くを見るときにピントが合わず、ぼやけて見えることがあります。また、カフェインは、目の血流を減少させるため、目の疲労感や乾燥感を引き起こすこともあります。

カフェインを摂取する量が多いほど、目の老化に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、目の老化を防ぐために、カフェインの摂取量を控えることが大切です。

砂糖:目の老化によくない理由

砂糖は、目の老化に悪影響を及ぼす可能性があります。砂糖は、目の水晶体を劣化させ、近視や乱視などの視力障害を引き起こす可能性があります。また、砂糖は、目の炎症を促進し、白内障や緑内障などの眼疾患のリスクを高める可能性があります。

砂糖を摂取する量が多いほど、目の老化に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、目の老化を防ぐために、砂糖の摂取量を控えることが大切です。

食べることでストレス発散をしがちな方は要注意です。目の老化がすすんでしまいます。

精製された炭水化物 :目の老化によくない理由

精製された炭水化物は、目の老化に悪影響を及ぼす可能性があります。精製された炭水化物とは、白米、パン、パスタ、砂糖など、加工された炭水化物です。精製された炭水化物は、食物繊維が少なく、糖質が多く含まれています。糖質は、体内で分解されると、ブドウ糖になります。ブドウ糖は、エネルギー源として使われますが、余分なブドウ糖は、体脂肪として蓄積されます。

体脂肪は、目の周りに蓄積されると、目の老化を促進する可能性があります。体脂肪は、活性酸素を生成します。活性酸素は、細胞を傷つける物質です。そのため、体脂肪が目の周りに蓄積されると、目の細胞が傷つき、目の老化が進みます。

すべてこれらは目のレンズのおかれた生化学的環境を悪くします。それがレンズの組織を悪くする原因となり、結果としてレンズが厚くなり老化に拍車がかかります。

特にすすめているのは、精製していない穀類と、生の野菜をもっと多く食べることです。加熱した料理は野菜のもつ栄養素をこわしてしまいますからね。酵素が不足します。

それから脂肪の摂取もひかえるようにすすめています。血液中の脂肪が少なくなれば、細い血管にまで血液がよく循環するようになって、栄養素が行きわたるようになります。

目の老化を予防するうえでとくに重要な栄養素は、 ビタミンCB2 で、これを欠乏させるわけにはいきません。 ビタミンB2 はビタミンのなかでは比較的水に溶けにくく、熱や酸に強い性質があります。

そのため通常の調理の過程ではこわれないのですが、野菜を多量の水で長時間ゆでたり、重曹を使ったりした場合には、失われてしまいます。群を抜いた B2 源となるのは レバー で、それについで、 ミルク 、 うなぎ 、 たらこ 、 卵 、 チーズ などが、とくに多くこのビタミンをふくんでいます。

ふくふく本舗 アサイベリー プラチナアイ 口コミ & レビュー

関連ページ

  1. ソシア ( SOCIA ) 一目瞭然W 口コミ & レビュー
  2. 失明寸前と言われた 糖尿病網膜症 松の木エキス で進行が止まった
  3. ふくふく本舗 アサイベリー プラチナアイ 口コミ & レビュー 視力が好転
  4. 目 老化防止 食事 の大事なポイント
  5. 梅干し番茶 は、目の特効茶、緑内障 の 眼圧 が下がった
  6. 黄斑変性症の予防、治療には赤ワイン
  7. 飛蚊症 鮑の輝 で改善 アワビの粉末は飛蚊症に効果大
  8. アワビの粉末 シンギー 「 鮑の輝 」 飛蚊症 黄斑変性症 緑内障 の症状を 8 割近く抑えられた
  9. 眼瞼けいれん 初期症状 バナナ がおすすめ
  10. まぶたが下がる眼瞼下垂はこうして改善する 私の方法は
  11. 飛蚊症 効果 食べ物 パセリ豆乳 には ビタミンACE が豊富
  12. 高血圧 で急な視力低下があれば 「 網膜中心静脈閉塞症 」 の危険性
  13. 高血糖 視力低下 の原因に 糖尿病網膜症 には ルテイン が効果大
  14. 黒すぐり で夕方の 疲れ目 ( ショボつき ) が消え、肩こり まで改善
  15. 暗いと 視界 がぼけて 車の運転 が遠のいたけれど 黒スグリ で解消
  16. 黒スグリはピントを調整する毛様体筋のこりをとり疲れ目も防ぐ
  17. 黒すぐり 効果 夜間 見えにくい 症状を改善する
  18. 夜 視界 ぼやける のは アントシアニン 不足