タグ「糖質 デメリット」が付けられているもの

糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよいでしょう。最近は、あらゆる健康法に注目が集まりますが、糖質を極力減らす方法、糖を全く摂らない方法、糖質制限食など 糖 摂取 を控える、または断つ方法が多いことに気づきます。昔からある健康法で白米を玄米にかえる、白パンをライ麦パンなどにかえる方法も 糖 中毒 を抑えるための方法のひとつです。

loaf-gdaeb120f5_640.jpg

糖質 中毒 脳に快楽物質が分泌される

最近は、糖質の摂取を極力抑える健康法があちこちで注目されています。糖質の摂り方が見直されつつあります。糖質はとり続けると中毒になってしまいます。ところが、糖質制限食にチャレンジをしてみたものの、ほとんどの人が挫折しています。

それどころか、ごはんや麺類を我慢していた反動で過食に走り、リバウンドしてさらに太った人も多いのが現状です。なぜ糖質制限が失敗するかというと、糖は中毒性が強いからです。麻薬やタバコ、アルコールなどと同じように依存性があります。

糖は、脳内の神経伝達物質に影響を及ぼします。糖質を摂ると、脳からは快楽物質である β-エンドルフィン が分泌されます。 β-エンドルフィン は脳内麻薬ともいわれ、肉体的な痛みや疲労が高まると分泌され、苦痛やストレスを和らげる働きをしています。

マラソンなどで苦しい状態が続くと、脳内でそのストレスを軽減するために β-エンドルフィン が分泌され、やがて快感や陶酔感を覚えるようになります。これを一般には「ランナーズ・ハイ」と呼んでいます。

これと同じ現象が、糖質を摂ると脳内で起こるのです。 β-エンドルフィン が分泌されて幸せな気分になり、さらには満足感や快感が得られることで、「炭水化物=おいしい」と脳が認識し、「もっともっと」という欲求が高まります。

そのため、糖分を摂らずにいるとイライラしたり、落ち込んだりという禁断症状が現れ、そこで甘い物を口にすると安心感や幸福感に包まれて気持ちも落ち着きます。ですから、ひと口でやめようと思っていても、気がついたらチョコレート1箱全部を1人で食べてしまったりするわけです。お腹がすくと機嫌が悪くなる人がいますが、この場合もかなり糖質に依存しているといえます。

断糖 しか中毒を抜け出せない

このように糖質には依存性があるので、制限するのでは意味がありません。麻薬患者に対して麻薬をやめさせるとき、麻薬の量を少しずつ減らしていくような治療はしません。スパッと完全に麻薬を断たなければ、中毒を治すことはできないのです。

糖質中毒も同じです。制限があるにせよ糖質が摂れるということは、食べれば β-エンドルフィン が分泌されて脳が喜び、もっと欲しくなって、なかなか糖質から離れることができなくなります。

「ちょつとぐらいなら大丈夫だろう」とか「明日からちゃんとやろう」という、甘い気持ちが芽生えるようになるから失敗するのです。したがって、断糖することが重要なのです。

急に 断糖 は体にもストレス まずは パクパク酵母くん で糖質カットをはじめよう

これまで普通に炭水化物や甘いものを食べる生活習慣だった人が急に 断糖 を実践しようとしてもこれもまた体にストレスが生じます。

糖カット酵母 」は

  • パン酵母
  • 酒粕酵母
  • ワイン酵母

という3種類の 酵母 を配合し、食事 で摂取した 糖質 を文字通り カット する働きがあります。
もともと酵母には、糖質を分解し、腸内の善玉菌を助ける役目があります。

ところが通常の 酵母 は胃酸で溶かされ、なかなか腸まで届きにくいのです。 しかし、「 糖カット酵母 」 は胃酸 への抵抗性が高いため、負けず に生きたままで腸に到達。

体が 吸収する前に糖質を効率よく分解して体内への蓄積を抑制できるため、 糖質制限食 と同様の効果を発揮するのです。 「 糖カット酵母 」 は三種の酵母に加えて、血糖値下降効果が期待できる

  • 桑濃縮エキス末
  • 桑葉未

を配合。さらに、 活性酸素除去 効果の高い

  • ルイボスティエキス末
  • トマト色素 (リコピン含有)
  • ムラサキイモ末

を配合するのも特徴です。

糖質カット酵母で食後の血糖値の急上昇もなし 「 パクパク酵母くん 」

糖 過剰摂取 日本人の多くが 糖を摂りすぎている現状についてです。自分が 糖 を摂りすぎている 糖 過剰摂取 状態にあることを自覚している人は意外にも少ないのかもしれません。一時期、糖質制限食が流行しましたが、あそこまで極端にやらなくても糖質を減らすことでもっともっと健康的な体を維持できるはずです。世の中の情報には 脳には糖質が必要だとか、ある程度の糖質がないとエネルギー源がなくなってしまうなどをよく耳にしますが、現代人で栄養失調を心配しなければいけない人はほとんどいません。

食べ過ぎ = 糖 過剰摂取 になる

raspberry-gf7942d4ba_640.jpg

外国人が日本のテレビを見た後で、「なぜ日本はこんなに食べ物の番組が多いのか」「人が食べているのを見て何がおもしろいのか」と、首をかしげます。普段はあまり見ないテレビを改めて見てみると、ラーメンや回転ずし、和洋中のビュッフェ、ワンコインランチなど、確かに食事に関する内容ばかり。チャンネルを変えても同じような番組でうんざりしました。

「日本人は飢えているため食に関する欲求が強く、ほかに楽しみがない」と思われても仕方ありません。ゴールデンタイムと呼ばれるいわゆる視聴者が多い時間帯は食べ物に関する番組ばかりです。

こうした番組をずっと見ていると、視聴者は食欲をそそられて食べたい欲求が強まります。その欲求を満たすために食に走り、食べすぎてしまうのです。ですから食事制限をしている闘病中の患者さんなどは、テレビを見ないようにしているといいます。

どの先進国を見ても、食事の内容にそれほど変化はなく、極端に言えば同じようなものを毎日食べています。そして、家族の記念日など特別な日に外食を楽しんでいます。ところが日本では、朝はパンだったから昼は中華、夜は和食というように、世界中の料理を外で気軽に味わっています。

特別な日の贅沢として食すならまだしも、毎日好きなものを好きなだけ食べているのは明らかに食べすぎです。それが、いま日本人を悩ませている生活習慣病の蔓延につながっています。

糖 過剰摂取 は老化の原因になる

old-man-gedba8b700_640.jpg

一般的に食べすぎで指摘されるのは、塩分と脂肪の摂取量が増えること。それが高血圧や糖尿病、肥満になる原因とされています。しかし、本当に悪いのは糖質の摂りすぎなのです。

糖は大事なエネルギー源、だから欠かせない栄養素と学校で教わったと思いますが、実は細胞を錆びつかせたり、こげつかせたりといった劣化させる原因になっています。血管の細胞が劣化すれば動脈硬化を起こして脳梗塞や心筋梗塞を招き、細胞自体が劣化すれば遺伝子が傷ついてがん化します。

そればかりか、糖は老化を早めることも研究によってわかってきました。つまり、今の生活を続けていると、元気な老後はありえないということです。そこで、諸悪の根源である糖を断つ食事、つまり「断糖」生活をおすすめします。断糖することで、細胞が活性化して若々しくなり、さまざまな病気も改善して老後を楽しく過ごせるようになるのです。その一方、断糖をしないと将来どのようなことが起こるのかを知っていただきたいと思います。

現代型栄養失調 から抜け出さなければ本当の意味での健康は手に入らないと危機感を感じます。

糖質カット酵母 パクパク 酵母くん は、酵母で糖質を排泄してくれます。

健康のために 糖 を摂りすぎないことと合わせて

少肉多菜
肉を少なく、野菜を多く
少塩多酢
塩分を少なく酢を多く
少糖多果
砂糖を少なく果物を多く
少食多咀
少量の食事、よく噛む
少車多歩
車に乗らないでよく歩く
少衣多浴
薄着で日光にあたる
少類多眠
心を痛めずよく眠る
少怒多笑
怒らず笑う
少欲多施
我欲を控え、他人を思いやる
少な言多言
言葉を控え実行する