こんにゃくの下ゆでの必要性

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにゃくを使った料理のレシピを見ると、必ず「下ゆで」の指示がある。これは、こんにゃくに含まれる「石灰」の臭みや余計な水分を抜くため。

こんにゃくはこんにゃく芋を原料に使った加工食品だが、粉状にした芋に石灰水を加えて加熱すると、固まってこんにゃくになる。つまり、凝固剤として必ず石灰を使うのだ。

下ゆでをする場合、鍋にこんにゃくを入れ、たっぷりの湯の中で2~3分ゆでる。
こんにゃくがふわっと浮き上がってきた段階で、火を止めて終了。簡単な下準備だが、これがめんどうなら、もっとお手軽なコースもある。

耐熱ボールにこんにゃくをちぎって入れ、ラップをかけたら、そのまま電子レンジでチン。
約2分ほど加熱し、ざるにあげて水気をとるだけ。これで、お湯をわかす手間もなく、下ゆでができてしまう。石灰臭と水気がほどよく抜けたこんにゃくは、プリプリの口当たり。アク抜きをしたほうが断然おいしくなるので、この下準備だけは欠かさないようにしたい。
一般にこんにゃくというと板状のこんにゃくを指すが、糸こんにゃくやしらたきもこんにゃくの仲間。調理のときは、やはりアク抜きのための下ゆでが必要。