和食で覚えておきたい器のこと

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

会食の席で、左奥に置かれた小鉢を取って食べるとする。そんなとき、右手と左手どちらの手で器を取るのが正しいのだろう?

「利き手の右で取る」という人がいたら、それは「袖越し」といってマナー違反になってしまうので注意。

「袖越し」というのは右に置いてあるものを左手で、左に置いてあるものを右手で取ることで、やってはいけない和食のタブー事項。袖越しをして左にある器を右手で取った場合、料理の上を手でまたぐことになるし、料理に服がこすれて汚してしまう可能性もある。

人の料理の上を手でまたぐというのも、もちろんやってはいけない行為。むこうの方にあるしょうゆを取るために「ちょっと失礼」と手を伸ばしてはNGなのだ。

右のものは右手で、左のものは左手で取る。そして、遠くのものは、近くの人に頼んで取ってもらう。器は両手で取り上げるのがていねいとされるが、右にある器は右手で、左側にある器は左手で取って引き寄せてから両手を添えるようにすればいい。それが、基本。