ナプキンを広げるベストなタイミング

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

レストランで着席したあと、ナプキンを広げるタイミングで迷ったことはないだろうか?

早々と広げてひざ上に置くと手持ち無沙汰な感じがするし、料理が来てから広げるのも気ぜわしい。
ただし、「いつナプキンを広げるか」の絶対のルールはない。つまり、いつ広げてもマナー違反になることはないが、ちょうどいいタイミングはオーダーが終わったあとか、

最初の飲み物が運ばれてきた頃。広げたナプキンは二つ折りにしてひざの上に置き、正式には折り目を事前にする。

ただし、口元をふきやすいように折り目をひざ側にしてもかまわない。いずれの場合も、口元や手の汚れをふくときはナプキンの角をめくって内側を使うこと。中座するときは、ナプキンを軽くたたんで座っていた椅子の上に置く。

これは「また席に戻ってきます」のサイン。食事がすんで帰るときはナプキンを軽くたたんでテーブルの上に。こちらは「帰ります。ごちそうさま」のサイン。

たたみ方がていねいすぎるとと卿理がいまいちだった。のサインにとられかねないので注意する。