ミルフィーユの大人の食べ方

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

デートのとき、彼や彼女と食べたくないお菓子といえば、筆頭にあげられるのがミルフィーユ。

サクサクのパイとクリームの組み合わせは絶妙だが、その反面、くずれやすくて食べにくい。フランス発祥のこのお菓子の名の意味は、フランス語で「千枚の(ミル)葉(フィユ)」。小麦粉の生地を何層も重ねて作るので、薄い葉っぱを何枚も重ねたような仕上がりになる。

それだけに、繊細すぎて手を焼くのだ。

そこで、くずさずに食べるいちばん簡単な方法は、「横に寝かせてから切る」。これはマナー違反にはならないので大丈夫。

横に倒したらナイフを直角に入れ、左側から一口ずつ切り分けていく。ナイフは上から押すのではなく、横に静かに引くようにすればスムーズ。

次は、難易度をちょっと上げて立てて食べる方法。まず左手に持ったフォークをミルフィールの上に立てるように刺し、安定させる。この状態で、小刻みにナイフを動かしながら切れば、クリームがはみ出して皿を汚すこともない。切るときは、あわてずゆっくりと。ナイフを上から押しっけるような切り方は、必ず失敗するのでやめておこう。